連休明けの夕食






連休明けの昨日、
お天気は打って変わって涼しくなりましたね。


午後からは雨もしとしとと降って肌寒かったです。


b0362781_08343829.jpg

連休中は、外食が多くなりました。
久しぶりに買い物をして、夕食を準備しました。



b0362781_08345651.jpg

豚肉と玉ねぎとしらたきの煮物


鰹と昆布の出汁を引き、引きたてを使ったのでとても綺麗なお味になりました。
オットさまが、ものすごく喜んで褒めてくれたので嬉しかったです。


昨日の作り方の覚書

お出汁を温め、しゃぶしゃぶ用豚肉に火を通し、バットに取り置きます。
そのお出汁を濾して、平鍋に移します。
新玉ねぎの輪切りを出汁の入った鍋に入れ、火にかけます。
蓋はせずに煮ていき、かなり火が通ったら、下処理したしらたきを加えます。
少しして豚肉も加え、醤油、きび糖、酒を適宜加え、弱火~中火で味を入れていきます。
余熱分も考慮して火を止め、蓋をしてしばらく置いておきます。
いただく前に温めなおし、温かいところを器に盛りつけて、
生姜の千切りをたっぷり天盛します。


スープに一切濁りが出ず、汁までおいしく飲み干しました。



b0362781_08353480.jpg

鯛のスプラウト巻き
味噌だれ


鯛のサクをそぎ切りにし、洗ったブロッコリースプラウトを巻きます。
以前知人にいただいた浜松の味噌だれは少し甘いので、
お醤油でのばして、ソースにしました。


b0362781_08351756.jpg
空豆の白和え


軽く水切りした絹ごし豆腐を裏ごしして、さらにあたり鉢でよくあたっておきます。
茹でて皮を剥いた空豆と粗みじん切りにした搾菜を加えて
いただく直前に和えています。


あえて調味料は加えませんでしたが、とっても美味しくて満足しました。


b0362781_08355852.jpg
新ごぼうのごま酢和え


いつもの作り方とは少し変えました。
牛蒡は適宜カットして、熱湯に酢を入れ5分ほど茹でます。
容器に、醤油、米酢、きび糖、酒を入れて漬け汁を作り、
そこに熱々のごぼうを入れて味を馴染ませます。
粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、
いただく直前に、あたり鉢で白ごまをあたり、
そこにごぼうをまぶしつけて器に盛っています。



b0362781_08362073.jpg

沖縄のもずく酢



b0362781_08364237.jpg


どれも美味しくいただきました。



手間はかかりますが、やっぱり自宅での食事が一番落ち着きます。

連休明けの月曜日でオットさまもお疲れでしたが、
喜んでくれて作り甲斐がありました。


ご馳走様でした。




昨日のニュースで、今年の梅雨入りはいつもより早いと出ていました。
そして梅雨明けも早くなるだろうとの予報でした。
昨日も、今日も雨、
なんだかすでに梅雨のようなお天気ですね。



今日は一段と気温が下がりそうです。
体調管理に気をつけながら
今日も明るく過ごしたいと思います。


皆様、今日も良い一日を♬





ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-05-08 09:01 | 夜ごはん






帰宅するのが遅くなり、大急ぎで夕食を準備しました。

スープだけは作ってから、出掛けたので助かりました。


b0362781_07573559.jpg

鯛と美生柑のカルパッチョ
木の芽ソースがけ


春になると必ず食べる美生柑。
昨年も作りましたが、鯛と合わせるのが好きです。
鯛のサクは両面に軽く塩をあてて休ませ、水分を拭います。
薄くそぎ切りにして、美生柑と交互に並べます。
木の芽をやさしくあたり鉢であたり、エキストラバージンオリーブオイル、塩と
ともに合わせて上からかけ、木の芽も少し飾っています。
美生柑の甘味、酸味、ほどよい塩気と木の芽の香りで
優しくいただけるカルパッチョです。


b0362781_07574677.jpg

豚肉のアスパラ巻き


アスパラは堅い部分だけをピーラーで剥き、豚肉を巻き付けて
グリルパンの上で焼きました。
アスパラはシャキシャキして瑞々しく美味しかったです。
仕上げに塩をパラリとかけ、レモン汁を絞っていただきました。



b0362781_07575477.jpg

アサリの酒蒸し
バター風味


あらかじめ塩抜きしておいたアサリを小鍋に入れ、
酒をふり、バターをおとして蓋をして蒸すだけ。
アサリの殻が開いたら、火を消し、洗ってカットしておいた九条ネギを
入れて、余熱で蒸らします。


お好みでレモンを絞っていただきますが、
旬のアサリがやっぱりとても美味しいです。


b0362781_07580705.jpg

新牛蒡と新玉ねぎのスープ


試作で作ってみました。
材料は、新牛蒡、新玉ねぎ、新ジャガイモ、
チキンブイヨン、オリーブオイル、塩、牛乳です。
春野菜は、柔らかいのですぐに火が通ります。
仕上げに、パセリのみじん切りとカンボジアのレッドペッパーを。


汁ものにうるさいオットさまは嫌がるかと思いきや、
美味しい、美味しいとおかわりしていました。
牛蒡は食物繊維が豊富ですが、なかなかたくさんはいただけないので
スープにすると、するりといただけて良いなと思いました。




週末にかけ、気温が右肩上がりになるようですね。
昨晩も愛犬が夢に出てきて、今度はものすごくリアルな夢でびっくりしました。
ベッドの横に愛犬が上がってきて、
夢中で名前を呼びながら体を撫でていました。
触感まで本当にリアルで、顔に頬を当てようとしたら、
すーっと消えていきました。
思わず目を覚ましてさめざめと泣いてしまいましたが、
僕はいつもママの横にいるんだよと言われているような気がして、
不思議な温かさに包まれました。

春の食材をいただきながら、
自然の恵みのエネルギーをいただきたいと思います。



皆様、今日も良い一日を。





ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-04-19 08:20 | 夜ごはん

鯛と味噌だれ






夫婦ともに外食が続いていました。

昨晩は、自宅で食べようね、と約束していました。



b0362781_08113913.jpg

晩酌メニューの夕食になりましたが、
少しずつ料理ができるようになってきました。



b0362781_08130282.jpg

鶏肉の梅干し煮


鶏肉は手羽中と手羽元を使用。
熱湯で茹でてアクを取り除き、
小粒の龍神梅と煎り酒少々を加えて
水分がなくなるまで煮含めました。
梅干しのおかげでさっぱりといただけます。
これからの季節にいいかもしれません。


b0362781_08123703.jpg

真鯛のサクをそぎ切りにして、
ブロッコリースプラウトを巻き付けて、


b0362781_08122680.jpg

先日、浜松に縁のある知人にいただいたこちらの味噌だれをつけて
いただきました。

うまいら、とはご当地の方言でしょうか。


b0362781_08121505.jpg


かなり甘めですが、コノシロを使用した旨味のある赤みそだれです。
添加物が入っていないところが気に入りました。


昨年は煎り酒に白身魚や烏賊をつけていただきましたが、
味噌だれもなかなかいいです。


ありがとうございました。
お豆腐や胡麻豆腐にも合いそうです。
これからいろいろ使ってみますね。


b0362781_08125136.jpg

きのこのバルサミコマリネ

舞茸、しめじ、椎茸などたくさんのきのこで作りました。



b0362781_08120152.jpg

春菊のおひたし



b0362781_08114753.jpg



ご馳走様でした。




昨日は夏のような暑さでしたが、
今日は朝から曇って気温も下がっているようです。
春バテという言葉があるようです。
気温や生活の変化で知らず知らずに心身に負担がかかる時期、
わたしも無理しすぎないように気をつけたいと思います。






ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-04-05 08:37 | 夜ごはん





北陸の大雪のニュースを目にして、
自然の猛威を実感しています。
まずは冒頭、大雪に見舞われている方々に、心よりお見舞い申し上げます。



冬は晴天の続く東京ですが、
今年の寒さはいつになく身に凍みます。


早朝から遠出していたオットさま、
帰宅もかなり遅くなりましたが、
温かいもので体を暖めましょう。


b0362781_07393506.jpg

昨晩の夕食風景


春が来るまで、卓上コンロはずっと出しておこうかしら。



b0362781_07401274.jpg

前菜代わりに、鯛のお刺身
煎り酒でどうぞ。



b0362781_07402585.jpg

沖縄のもずく酢


お酢は血管を広げる作用があるそうです。
疲れた体に酢の物は効果的ですね。



b0362781_07404122.jpg

豚肉のすき焼き風



豚肉はしゃぶしゃぶ用のアグー豚を使っています。
さっと湯通ししてからお鍋に詰めました。
いつもながら脂はまったく気にならない美味しいお肉です。
たっぷりのキャベツ、舞茸、しらたき、玉ねぎ、厚揚げが入っています。
キャベツと玉ねぎはあらかじめ大鍋のなかで蒸し煮して、
カサを減らしてたくさんお鍋に詰めました。
鰹と昆布のお出汁、醤油、みりんで控えめな味付け。
たっぷりといただいて大満足でした。
オットさまも喜ぶ、喜ぶ。



彼も最近、夜のご飯を抜くことが増えています。
その方が翌朝の調子が良いことを体が覚えてきたのでしょうね。



ご馳走様でした!




オットさまを待っている間、テレビでニュースを見ていました。
北陸での大雪、台湾での地震、開催前の平昌オリンピック、
ペンス副大統領の来日などなど、世の中の動き、出来事を知りました。

外出先では、AI格差なる言葉につられて雑誌を手にし読んでみました。
この先、AIが急速に浸透することにより、
近い将来あらゆる場所で大幅なリストラが進むのだとか。
既にメガバンク3社が大胆なリストラ計画を打ち出して話題になっていましたね。
いつだったか少し前にタクシーに乗車したら、
運転手さんが「お客さん、私は近い将来、自動運転によって職がなくなるんですよ。」
と話されるので、車中でいろんな話を伺いました。
お掃除ロボット、床拭きロボット、
そのうちお料理ロボットなんかも出てくるんでしょうか。
主婦もいらない世の中になるのかしら、
そんなことをつらつら考えた昨晩でした。




もう木曜日です。
時間の過ぎるののなんと早いこと。。。

皆様、今日も素敵な木曜日をお過ごしくださいね♪♪




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-02-08 08:03 | 夜ごはん | Comments(4)

白ワインに合うおつまみ






お正月3日目は、お昼から夫婦それぞれ別に、普段なかなかお会いできない方との会食でした。


夜は、それほど空腹ではありませんでしたが、
家にあるもので、白ワインに合うおつまみを用意して、
二人でテレビを観たり、会話をしたりして過ごしました。


b0362781_14191129.jpg

普段使いの食器も、縁起の良い柄や形を選びました。

祝い箸は松の内いっぱいは使用しても良いようですが、
我が家は少なくとも三が日いっぱいは使うようにしています。
もちろん、お箸は使うたびに洗って使用しています。


b0362781_14192269.jpg

数の子

貝のウニ和えは、フロマージュブランと混ぜ合わせて、
白ワインに合うようにしてみました。
ついついワインが進みます。


b0362781_14193156.jpg

鯛のスモークとべったら漬けのおつまみ


鯛のスモークは市販品、べったら漬けは築地中川屋のもので薄くスライスしています。
ところどころにレモンを挟んで白ワインに合うおつまみにしてみました。
冷蔵庫にあるもので、思いついて並べてみましたが、
とても合うコンビネーションでした。
べったら漬けの歯ざわり、触感が心地よいです。


b0362781_14184805.jpg


ビーフジャーキー
クレソン


いただきもののジャーキーをスライスしてクレソンと一緒にいただきました。


b0362781_14185956.jpg



ご馳走様でした。




今日からお仕事始めの方も多いかと存じます。

我が家はもう少しお休みが続きますが、
雲一つない青空を眺めていると、
気分は爽快で、ついいろいろと動いてしまいます。

おせちもしっかりいただき、
海のもの山のもの、と、様々な食材をいただいたからでしょうか、
栄養が行き渡るのか、体調は良く、元気が漲る気がします。


お正月三が日はお掃除をしませんでしたので、
今朝は念入りに掃除をして、さっぱりしました。
主婦業もすこしずつ再開して、
今年の始動に備えたいと思います。




皆様、今日も素敵な木曜日をお過ごしくださいませ♬♬




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-01-04 13:25 | 夜ごはん | Comments(2)




冬至の昨晩は、夫婦二人での夕食でした。


b0362781_06472432.png
鯛のお刺身


サクで仕入れて、自分で引きました。

私は煎り酒で、オットさまはお醤油でいただきました。
飲んでいたシャルドネと煎り酒がよく合って、良いおつまみになりました。


b0362781_06473760.png
レバニラ


豚のレバーはよく洗って水気を拭いてから、
薄く塩、小麦粉を振って表面を焼き、取り出して、
良く洗ったニラを炒め、そこにレバーを戻し入れて炒め合わせました。
醤油、米酢で味付けました。

オットさまがとても喜びました。


b0362781_06474526.png
アサツキの酢味噌和え

山形庄内の特産、アサツキを見つけました。
しばらく水につけてから、塩少々を加えた熱湯でサッと茹でます。
好みの長さにカットして、
あたり鉢につくっておいた酢味噌と和えています。
酢味噌は、白味噌、米酢、きび糖のみ。

とても美味しい冬の味覚となりました。


b0362781_06475347.png

築地中川屋のべったら漬け


b0362781_06480570.jpg
ロースハム
お野菜


今年はお歳暮でハムソーセージサラミの類をたくさんいただきました。
朝昼含めて、毎日いただいています。
オットさまが喜んでいます。


b0362781_06481305.jpg
しじみ汁




オットさまには炊き立てのご飯をご提供して、
どれも美味しくいただきました。感謝!

ご馳走様でした!



昨日は、久しぶりに築地に買い出しに行きました。
観光客が多くてしばらく嫌煙していましたが、
昨日はおもったほどの混雑ではありませんでした。
それでも昔に比べたら、日本人より海外観光客の方が多いかもしれません。
馴染みのお店に何軒か立ち寄って、
お正月用の食材を中心に買い求めました。
来年10月に豊洲移転が正式に決まった築地市場、
来年は頑張ってもっと通いたいです。



皆様、今日も素敵な土曜日をお過ごしくださいませ♪





ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-12-23 07:05 | 夜ごはん





今日は連休最終日、各地の紅葉は綺麗に染まりつつあるのでしょうか。

どこかに出かけたいなあ、と思いながら、
昨日も日常通りの我が家でした。

一日中気忙しく動き回り、夕方、所用を終えて帰途につきましたが、
さすがに疲れ果てて、お料理をする時間もありませんでした。


b0362781_07061954.jpg
豚フィレカツ


購入したものですが、美味しくいただきました。
キャベツは自分で刻みました。
朝もお昼も軽くしたので、いつも通りおなかはすいておりました。



b0362781_07074290.jpg

柿の葉寿司


b0362781_07083172.jpg

鯖と鱒2種類のお寿司が柿の葉に包まれています。


b0362781_07085907.jpg

鯛とアボガドの山葵醤油和え


食べる直前に山葵醤油とごま油少々で作ったドレッシングをかけて
和え混ぜしていただきました。
スプラウトもたっぷりのせました。


b0362781_07090979.jpg

しじみ汁


昨日は写真に湯気がきちんと写りました!(笑)



帰宅して、大急ぎで用意した夕食でしたが、
夫婦で美味しくいただきました。
ご馳走様でした。



食後は、オットさまが珍しくテレビを観るんだと意気込んでいました。
なんの放送かと思ったら、
NHKスペシャルで、ピラミッドの中の巨大な空間についての番組でした。
先日、わたしも新聞で読みましたが、
エジプトのピラミッドの中に、大型ジェット機くらいの大きな空間が
発見されたのだそうですね。
ミイラや黄金の装飾品など、ピラミッドの中の内装品については
海外の美術館でたくさん拝見、鑑賞したことがありますが、
エジプトにはまだ行ったことがありません。
オットさまは昔からピラミッドに興味があるようで、
食い入るように番組を見ていました。
ロマンを掻き立てられる、謎に満ちたお話でした。



さて、連休も最終日、
今日は少しのんびり過ごせると良いのですが、どうなりますか。


本格的な寒さ到来の前の心地よい秋の休日、
お仕事の方もいらっしゃるかもしれませんが、
皆様、どうぞ素敵な一日をお過ごしくださいますように♫






ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-11-05 07:23 | 夜ごはん | Comments(6)




昨日は東京都心で木枯らし1号がふいたようですね。
確かに、とても強い風がふきわたる一日でした。
日が暮れてからは風の冷たさもひとしおでしたので、
帰宅が遅くなった方はさぞや寒かったことでしょう。


b0362781_05543454.jpg

そんな昨晩の夕食風景



買い物に出たら、ちこ鯛がお買い得でしたので、1尾カゴに入れました。
頭は潮汁に、身の部分は焼いて炊き込みご飯にしました。

久しぶりに鱗落としを使って、鱗をはずし、
出刃包丁を使って魚を捌きました。

なにもめでたいことはありませんが、鯛づくしな夕食になりました。


b0362781_05591271.jpg
鯛の潮汁


頭の部分は口のところから包丁を入れて縦に二つに切り分け、
さらにそれぞれを3つにカットします。
塩をあてて置き、そのあと熱湯にくぐらせます。
鍋に昆布、酒、鯛を入れて火にかけ、
アクをすくって火を弱め、少し煮ます。
薄口、塩で味を調整し、器に鯛を盛り、汁を張って、白髪ねぎをあしらいました。


久しぶりの潮汁、やはり鯛からは良いお出汁が出ます。
木枯らしの吹く寒い中帰宅したオットさまも喜んでくれました。



b0362781_06042621.jpg
鯛の炊き込みご飯


頭を落とした鯛は、はらわたなどを綺麗に取り除き、
骨の近くの血合いは綺麗に洗い流します。
両面を魚焼きグリルで焼いておき、
洗った米、水、薄口醤油、塩、酒とともに炊飯器で炊きました。
炊きあがったあとは一旦鯛を取り出し、
骨を取り除いてご飯に混ぜ込みました。
器に盛って、三つ葉の軸の部分をあしらいました。


文句なしに美味しいです。
切り身の鯛で作っても良いと思いますが、
骨付きの魚からはやはりよいお出汁、香りが出ます。
オットさまも大喜びでおかわりしていました。



b0362781_06073587.jpg

和風ハンバーグ


ハンバーグの種は、
合いびき肉、パン粉、牛乳、卵、玉ねぎのみじん切りを炒めたもので作っています。
和風にしたのでナツメグは入れませんでした。
最初に塩をすこし入れて肉をよく練るのが美味しさのコツです。
牛乳に浸したパン粉、玉ねぎのみじん切りを炒めたもの(冷ましておくこと)、卵
の順に混ぜ合わせ、最後に塩胡椒をして、手に油を薄く塗り、
俵型に成形してよく空気を抜きます。
バットに置いて、ラップをして冷蔵庫に待機させておき、
食べる直前にタークで両面を焼いています。
焼くときは蓋をして蒸し焼きにしています。
焼き上がりはふっくらと膨らみ、中から透明な煮汁がでてきたら完成です。


大葉と大根おろしを乗せ、食べるときにポン酢をかけていただきます。
さっぱりとしていくらでも頂けそうなくらい美味しいです。
私は2個、オットさまには3個供しました。
子供のように大喜びしていただいていました。笑


b0362781_06141126.jpg

椎茸の揚げ漬け


生の椎茸を石づきをおとし、半分にカットして素揚げします。
高めの温度でカラリと揚げています。
熱いうちに出汁入りの甘酢に漬けて置いておきます。
好みで唐辛子も入れます。

こちらも美味しくいただきました。



ご馳走様でした!




今日で10月も終わりですね。
飛ぶように時間が過ぎていきます。
昨日、オットさまに予定を聞いたら、
11月、12月はとても忙しくなりそうです。
体調管理に気をつけながら、
残り2か月となった今年を大切に過ごしていきたいです。



皆様、今日も佳き火曜日をお過ごしくださいね♪♪





ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-10-31 06:25 | 夜ごはん | Comments(4)




昨日はよいお天気に恵まれましたね!

愛犬もお散歩していてとても気持ちよさそうで嬉しくなりました。


忙しかった1週間でした。

普段より手間をかけてオットさまを労いました。


b0362781_07024984.jpg

昨晩の夕食風景



先日、江戸料理の講習会に参加する機会を得ました。
そこで習ったお料理を復習してみました。



b0362781_07034513.jpg

牛肉の利久煮


詳しいレシピは承諾を得ていませんので掲載しませんが、
すき焼き用の牛肉を出汁、砂糖、醤油、みりんの煮汁の中で煮ています。
煮汁には、白のみがき胡麻を炒って油が出てくるまでよくあたった胡麻が
入っています。
このように胡麻を使ったお料理は利久~と呼ばれたようです。
最初は千利休から利休と書かれたようですが、
江戸中期から末期にかけて商人が台頭してきた際、
利休では利益に休むと書くので縁起が悪いと
利久と書くようになったとか。

付け合わせの茄子と赤緑ピーマンはさっと素揚げしてから
だし、砂糖、醤油、みりんに漬けています。
先生に習った通りに作ってみたら
とても美味しくでき、オットさまも大喜びでした。



b0362781_07111579.jpg

鯛のみなと蒸し


こちらも教えていただいたお料理を復習しました。
先生は鰆で作っていらっしゃいましたが、
鰆が手に入らなかったので、鯛を使いました。

鯛は幽庵焼きにしてあります。
現代では幽庵焼きというと、柚子を入れるように思っていますが、
もともとは柚子は入らないそうです。
お店によっては、柚子を入れる場合は
柚庵と書くこともあるようです。
幽庵地はお醤油、清酒、みりんを2:1:1の割合で作って
鯛を焼く前に塩をし、幽庵地に漬けてから両面を焼いています。

炊いたお米に溶き卵を混ぜ、さらに片栗粉極少々を混ぜ合わせて
セルクルなどの型に入れて蒸し固め、
海苔を巻いて皿に敷き、幽庵焼きの鯛を乗せ、
出汁で作ったくず餡をかけ、白髪ねぎを天盛しています。

みなと~とつくお料理は、必ず海苔が入っているのだそうです。
江戸の人って風流ですね。
そのものずばりを口にしないのですね。
まだまだ知らないことがたくさんあります。


簡単に見えますが、かなり手がかかったお料理です。
昨日はお出汁から引いたので久しぶりに時間をたっぷりかけて調理しました。
美味しくできたので、私もオットさまも大満足、
たまにはこのようなお料理も良いものです。



b0362781_07202830.jpg

春菊のお浸し


さっと茹でた春菊を引きたての一番出汁で作った吸い地に漬けました。
とても美味しいです。


b0362781_07213851.jpg
レディーサラダの甘酢漬け



三浦半島のレディーサラダという品種のお野菜を買ってみました。
皮が紅色の小さな大根のようなお野菜です。
良く洗って皮ごとスライスして塩もみし、
水分をのぞいて甘酢に漬けておきました。

おかわりしてたっぷりいただきました。




ご馳走様でした!




江戸料理というと現代では馴染みが少ないですけれど、
とても興味深いものでした。
最盛期には2軒おきに料理屋があったほど、外食産業が栄えたそうです。
意外なのは、お醤油は最近の調味料であるということ。
千葉・野田のお醤油が栄えてはじめて、
江戸料理にお醤油が使われるようになったとのこと。
戦国時代や江戸初期は、刺身には醤油ではなく煎り酒というものをつかっていたようです。
また魚の種類によっては味噌を用いていたこともあるのだとか。
関東大震災により、江戸料理の料理屋が激減して、
関西のお料理屋が増えた、という説もあるようですが、
確かに現在では江戸時代から続くお料理屋は数えるほどしか残っていないようです。
今回教えていただいたお料理に使うお醤油はすべて濃口醤油、
お出汁も昆布は日高昆布でとったお出汁でした。
私は家では普段、利尻昆布を使っていますので、先生がお引きになったお出汁とは
味が違うと思いました。
今度は日高を求めて江戸風なお出汁の味にもチャレンジしてみたいと思います。
とても手間と時間がかかった夕食でしたが、
いろんな発見があって愉しい時間でした。




お天気のすぐれない週末になりそうですが、
気分は明るく元気に過ごしたいと思います。



皆様、どうそ良い週末をお過ごしくださいませ♪♪♪





ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-10-28 07:37 | 夜ごはん | Comments(10)




昨日は、台風の影響を鑑みて午前中は夫婦で予定変更し、
自宅に待機していましたが、
お昼ごろにぱーっと真っ青な空が広がりだしました。
朝昼は夫婦一緒に食事をしましたが、
夜はオットさまが仕事の接待でしたので、
おひとりさまの夕食とあいなりました。



台風一過の空気は一変して大変心地よく、
夕方帰宅してから、窓を開けて掃除をし、窓も綺麗に磨いてしまいました。



b0362781_04435133.jpg
昨晩の夕食風景


あまりおなかはすいていませんでしたが、
家にある食材を使って二品用意しました。

おつまみ系ですが、お酒は控えました。


b0362781_04445006.jpg
鯛の胡麻まぶし


鯛のサクに塩を振りしばらく置いて好みの厚さに引いて使っています。
あたり鉢に、白胡麻をあたり、醤油、三河みりん、少々で胡麻衣をつくり、
引いた鯛をまぶしつけています。

山葵をつけても美味しいですし、
昨日はスダチも絞っていただきました。
付け合わせはブロッコリースプラウトです。

これは、このまま鯛茶漬けにしても美味しいと思いました。


b0362781_04450122.jpg
豆腐のなめこみぞれ餡かけ


さっと茹でたなめこを出汁、醤油、みりんの煮汁の中に入れて火にかけ、
味を調えて、水溶きの吉野葛を溶いてとろみをつけます。
その中に、水切りしたたっぷりの大根おろしを加えて温めます。

別鍋の湯の中で温めた絹ごし豆腐を器に盛り、
上から、みぞれ餡をかけていただきます。

胃腸に優しく、消化にも良さそうな優しい味わいの餡になりました。
茹でて温めたお蕎麦の上にかけても美味しくいただけそうです。



b0362781_04452052.jpg


ご馳走様でした。



b0362781_04452979.jpg

ベランダの外には雲一つない夕空が広がっていました。
小さく、三日月が見えました。



b0362781_04500339.jpg

最近、洗面所に置くソープディスペンサーを新調しました。

やっと見つけたお気に入りです。


b0362781_04501143.jpg


水栓のクロームとディスペンサーのポンプのクロームがマッチするところと
程よい大きさが気に入りました。
白い部分は陶器製です。


年季の入った洗面台ですが、普段は台の上にはソープディスペンサー以外なにも置かず、
一日一回はピカピカに磨くのが習慣です。


手はしょっちゅう洗うので私にとり大事なアイテムです。
特にお料理をよくするので、
ソープは無香料無添加の石鹸タイプを使っています。
以前は、薬用ソープを使っていましたが、
成分に不安を覚え、やめてしまいました。



b0362781_04501982.jpg

バスマットも一緒に新調しました。
バスマットはふかふかしたものよりも、ちょっと固めのタイプで
吸水性が良いけれど乾きの良いものが好みです。
ソープディスペンサーもバスマットも偶然ですが、
ドイツ製でした。
普段使うものは、デザインと機能性に優れているものにこだわりたいです。



どんなモノもとても長く使用する私ですが、
今年は大中小いろんなモノの新調時期が一気にやってきた感じです。
普段、なにかを衝動買いするということはもうほとんどなくなりました。
(よほどの一目惚れでない限り、、、)
ひとつのモノの寿命が終わったら、
吟味して選んだ上で、お気に入りのものをまた長く大事に使いたいです。



季節外れの台風は、
様々な場所に被害をもたらしたことを報道で知って心が痛みます。


今年は梅雨の頃から普段とは大きく異なる天候が続いていますが、
今年も残り2か月少しとなり、
穏やかな天候を願いたいです。


皆様、くれぐれもお体にはご自愛の上、
今日も良い火曜日をお過ごしくださいね♪♪♪




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-10-24 05:26 | 夜ごはん | Comments(8)

日々の諸々を綴ります


by mahoroba-diary
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31