暑いですね、、、
そんな言葉しかでない今日この頃。。。


簡単で、なるべく火を使わないお料理が続いていた我が家。
週末にたくさん食材を仕入れていたので、
それらを使ってあまり考えもせず3品用意してテーブルに並べる。


b0362781_09490927.jpg

水茄子と生ハムとモッツアレッラのサラダ

仕上げにEXオリーブオイルとバルサミコ、ぱらりと塩をふりかける。



初めて組み合わせてみましたが、想像通り水茄子と生ハムが合いました。
水茄子って美味しいですね、、、
新鮮なものをよーく冷やして、カットして、さっと水にくぐらせる。
そのままつまんでも、なにかのフルーツみたいな触感で、大好きになっています。


b0362781_09492536.jpg

宮崎県産の栗マロンかぼちゃの煮物


超絶に美味しかったです。
オットさまも、一口食べて、「このかぼちゃ、美味しいね~~。」
栗マロンの名の通り、なんとなく栗っぽい触感。
とても美味しいです。
いつもいくデパ地下に売られていました。


b0362781_09493958.jpg

豚肉の寒こうじ漬け


夫婦してこれがどうしてもいただきたかったのです。
我が家に常時ある、秋田県の安藤醸造さんの「寒こうじ」
(有楽町の交通会館内にある秋田のアンテナショップで売られています。)
これをたっぷり使って生姜焼き用の豚肉を漬けておき、
焼く前に少し常温に戻して、こうじを手でぬぐい取り、
フライパンに油少々を引いて両面を焼く。
焦げやすいから火加減には気をつけて、
美味しそうに焼くことがポイント。


付け合わせは、よーく冷やしておいたレタス。
夏はキャベツよりレタスの方がお肉には合う気がします。


オットさまも大喜びでした。
「あなたって、こういう簡単なお料理の方が喜ぶわね。」と言うと、
「簡単かもしれないけれど、シンプルで美味しいものが僕は一番すきなんだよ。」
暑い夏、食事を任されている妻にとっては、
こんな嬉しい言葉はないと思いました。笑



日本が暑い、燃えている、なんて報道ばかり接していましたが、
北半球では世界的に酷暑のようですね。
アメリカ・カリフォルニアや北アフリカでは52度を記録したとか、
北欧もものすごく暑くて、山火事も発生しているよう。。。
先日はベトナムでも豪雨災害があったようですし、
なんだか地球の気候変動が本格的になってきたような気がして恐ろしくなります。



ひとまず暑さのピークは超えたようですが、
まだまだ30度越えの気温は続きそうです。
皆様、くれぐれもお体お大切に、、、
私も体調管理のための食事や睡眠などに、今一度気を配りたいと思います。






[PR]
by mahoroba-diary | 2018-07-24 10:09 | 夜ごはん | Comments(8)

ある日の夕食







先日のある日の夕食です。



b0362781_09161686.jpg

夕方は、疲れも溜まっていますが、
簡単な普段のおかずも一品ずつ盛りつけて並べると、
心が落ち着いていきます。



b0362781_09164315.jpg

甘辛い味が欲しくて、
豚肉でしぐれ煮を作りました。

たっぷりの針生姜とエリンギと一緒に、
適宜カットした豚肉を甘辛く煮付けました。



b0362781_09171467.jpg

水茄子のサラダ


茗荷、葱、搾菜、ごま油、醤油でタレをつくって
その中で水茄子を和えています。


b0362781_09165891.jpg

絹ごし豆腐
塩もみ胡瓜、トマト
上から新生姜の甘酢漬けのたれをかけ生姜も乗せました。



b0362781_09172588.jpg

枝豆



b0362781_09163027.jpg


ごちそうさまでした。




普段の何気ない食事や日々の出来事にも、
心から感謝しなくては、と思います。





[PR]
by mahoroba-diary | 2018-07-11 09:06 | 夜ごはん | Comments(8)

体を労わる一品







毎年、今くらいの時期から、頻繁にゴーヤーをいただくようにしています。


ゴーヤーには、ビタミンCはレモンの3倍、トマトの5倍含まれ、
鉄分も豊富、またカルシウムは牛乳の14倍(!)も含まれているそうです。
私は栄養士の資格は持っていないのですが、
食品の栄養についてはなるべく意識するようにしています。


独特の苦みがあるので、薄切りにしたあと、塩を振って少し置き、
ザルに入れて、水でさっと洗い流して調理しています。


b0362781_09213822.jpg

ゴーヤーには、お豆腐を合わせることが多いのですが、
今回は、かわりに厚揚げを使ってみました。


厚揚げは、お豆腐よりもカロリーは高いですが、
タンパク質はお豆腐の5倍、鉄分は3倍含まれているようです。
炒め合わせるときに、崩れにくいのも良かったです。
使う前に、熱湯で油抜きしてスライスして調理しました。


他には、新生姜の千切り、豚肉といため合わせ、
最後に合わせ調味料をかけまわして味を入れました。

調味料は、八丁味噌、田舎味噌、豆板醤少々を
酒、みりん、きび糖、醤油で適宜まぜ合わせて合わせ調味料としました。


お味噌は医者知らずと言われるほど、発酵食品でもあり、体に良い成分がいっぱい。
一日に一度は必ずなんらかの形で摂りたい食品です。



b0362781_09212529.jpg

昨年は、東日本はかなり涼しい夏となりましたが、
今年は猛暑が予想されるそうです。


忙しい毎日、
自宅では、少しでも体に良いものをいただいて、
来たる真夏に備えたいと思います。






[PR]
by mahoroba-diary | 2018-06-17 09:50 | 夜ごはん | Comments(4)

三品で晩酌







一日予定を入れずに、のんびりと過ごした昨日、
お買い物にも行かず、家にあるもので気ままな晩酌メニューの夕食となりました。



b0362781_07582787.jpg

まだ外は明るいですが、
窓を開けると、お台場方面から、花火の音が聞こえてきます。
大きなイベントがあったようです。
花火の音を聞くと、ああ夏がやってくる、と実感します。



b0362781_07590986.jpg

豚肉の葱巻き
ブロッコリー、トマト


しゃぶしゃぶ用の豚肉に、細ネギを数本束ねて巻き、
油をよく馴染ませたタークで、表面を焼いています。
仕上げに、今半の焼肉だれを適宜加えて、
お肉全体に絡ませてできあがり。
盛りつけるときに、半分にカットしています。


焼いていたら、オットさまは、お味見と称して、つまんでいきます。
うまい、うまいと続けるので、ストップをかけました。


b0362781_07592370.jpg

よもぎ麩の味噌田楽


よもぎ麩は大好物です。メーカーによって少しずつ味や食感が違いますが、
今回は、金沢の宮田のもの。
フライパンに多めの油を注ぎ、
カットしたよもぎ麩を素のまま両面を揚げ焼きしています。
少し色付くくらいによく焼いて取り出し、
あらかじめ作っておいた田楽味噌を塗り、盛りつけます。
昨日は、京都・関東屋のおいしい白味噌にみりん、酒を加えて火にかけ、
良く練り上げたものを塗っています。
よもぎ麩は焼いている間から、よもぎの香りが漂い、幸せな気分になります。



b0362781_07593393.jpg

ひらまさの西京漬け


切り身で買ったひらまさは、2つにカットして、
家にある白味噌と信州の田舎味噌をブレンドして、みりん、酒を加えて伸ばし、
保存容器に入れて2日間漬けておきました。
焼く前に、味噌をよく洗い流して、グリルで焼いています。
ちょっとよいおつまみになりました。


b0362781_07594646.jpg

ビールが美味しい季節です。



b0362781_07585147.jpg

ごちそうさまでした。






西城秀樹さんの告別式、青山にはたくさんのファンの方が集まったようですね。
テレビで、野口五郎さんの弔辞を聴きましたが、
いろんなことが伝わってきて、思わず涙してしまいました。
あれだけの大スター、歌唱力、スタイルの良さ、
声も体も情熱的に、ほとばしるようなステージを続けてこられた方が、
2度にわたる病で、御体もお声も不自由になる、、、
一体どれほどの苦しみだったでしょうか。。。
選択肢としては、引退することもできたのでしょうに、
ありのままをさらけ出して、最後の最後までリハビリに励まれた姿が、
同じ病と闘っている方や、人生の様々な困難に立ち向かう人の大きな支え、勇気に
なっていたのですね。
人目もはばからず、祭壇の前で大泣きしているたくさんのファンの方々を見て、
本当に素晴らしい人格の方だったのだなあと深く深く感じ入りました。
本当に素晴らしい、昭和の大スターでした。



ロシアのザギトワ選手に贈られた秋田犬のマサルちゃん、
贈呈式で、ザギトワ選手に抱っこされるとすぐに、
何度も口のまわりをぺろぺろ舐めていました。
犬は、真に動物好きな人をすぐに見抜きます。
ザギトワ選手が本当の動物好きであることがすぐにわかる瞬間でした。
優しく可愛がってもらって、元気に生きてね、と
心の中で呼びかけたくなるシーンでした。



皆様、今日も良い日曜日をお過ごしください♪




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。

[PR]
by mahoroba-diary | 2018-05-27 08:32 | 夜ごはん | Comments(4)

連休明けの夕食






連休明けの昨日、
お天気は打って変わって涼しくなりましたね。


午後からは雨もしとしとと降って肌寒かったです。


b0362781_08343829.jpg

連休中は、外食が多くなりました。
久しぶりに買い物をして、夕食を準備しました。



b0362781_08345651.jpg

豚肉と玉ねぎとしらたきの煮物


鰹と昆布の出汁を引き、引きたてを使ったのでとても綺麗なお味になりました。
オットさまが、ものすごく喜んで褒めてくれたので嬉しかったです。


昨日の作り方の覚書

お出汁を温め、しゃぶしゃぶ用豚肉に火を通し、バットに取り置きます。
そのお出汁を濾して、平鍋に移します。
新玉ねぎの輪切りを出汁の入った鍋に入れ、火にかけます。
蓋はせずに煮ていき、かなり火が通ったら、下処理したしらたきを加えます。
少しして豚肉も加え、醤油、きび糖、酒を適宜加え、弱火~中火で味を入れていきます。
余熱分も考慮して火を止め、蓋をしてしばらく置いておきます。
いただく前に温めなおし、温かいところを器に盛りつけて、
生姜の千切りをたっぷり天盛します。


スープに一切濁りが出ず、汁までおいしく飲み干しました。



b0362781_08353480.jpg

鯛のスプラウト巻き
味噌だれ


鯛のサクをそぎ切りにし、洗ったブロッコリースプラウトを巻きます。
以前知人にいただいた浜松の味噌だれは少し甘いので、
お醤油でのばして、ソースにしました。


b0362781_08351756.jpg
空豆の白和え


軽く水切りした絹ごし豆腐を裏ごしして、さらにあたり鉢でよくあたっておきます。
茹でて皮を剥いた空豆と粗みじん切りにした搾菜を加えて
いただく直前に和えています。


あえて調味料は加えませんでしたが、とっても美味しくて満足しました。


b0362781_08355852.jpg
新ごぼうのごま酢和え


いつもの作り方とは少し変えました。
牛蒡は適宜カットして、熱湯に酢を入れ5分ほど茹でます。
容器に、醤油、米酢、きび糖、酒を入れて漬け汁を作り、
そこに熱々のごぼうを入れて味を馴染ませます。
粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、
いただく直前に、あたり鉢で白ごまをあたり、
そこにごぼうをまぶしつけて器に盛っています。



b0362781_08362073.jpg

沖縄のもずく酢



b0362781_08364237.jpg


どれも美味しくいただきました。



手間はかかりますが、やっぱり自宅での食事が一番落ち着きます。

連休明けの月曜日でオットさまもお疲れでしたが、
喜んでくれて作り甲斐がありました。


ご馳走様でした。




昨日のニュースで、今年の梅雨入りはいつもより早いと出ていました。
そして梅雨明けも早くなるだろうとの予報でした。
昨日も、今日も雨、
なんだかすでに梅雨のようなお天気ですね。



今日は一段と気温が下がりそうです。
体調管理に気をつけながら
今日も明るく過ごしたいと思います。


皆様、今日も良い一日を♬





ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-05-08 09:01 | 夜ごはん

筍と豚肉のピリ辛炒め





午前中は凄まじい嵐でしたが、
午後から少しづつ晴れてきた昨日。


夕方からはオットさまと外出して、
食材も買い出しして帰宅しました。


b0362781_07423927.jpg

そんな昨晩の夕食です。


b0362781_07422674.jpg

また鰹の藁焼きです。


写真だと黒っぽく写っていますが、実際はもっと赤いです。
高知から届いた藁焼きの鰹のサクを直前に自分でカットしています。


薬味は、新玉ねぎ、大葉と生姜、にんにく
もちろん高知の天日塩でいただきます。



b0362781_07421553.jpg

筍と豚肉のピリ辛炒め


昨年はアレルギーを疑って控えていた筍でしたが、
今年はトライしてみました。
やっぱり美味しいですね。オットさまも大喜びでした。
豆板醤を使ってピリ辛に炒めています。
最後に鰹節も入れてコクを出しました。
山椒の葉もたっぷり盛って春の味覚を愉しみました。


b0362781_07431037.jpg

オットさまご所望の餃子は、
えごまの葉にくるんでいただきました。



b0362781_07425882.jpg


美味しかったです。
ご馳走様でした。




また『西郷どん』を観ました。
鈴木亮平さんの演技、
だんだん西郷が乗り移ってきているように感じるのは
私だけでしょうか?
昨日の、井伊直弼と茶室で向かい合うシーン、
西郷が刺客を刺して、泣くシーンがとても印象的でした。
一橋慶喜役の俳優さんが最初からとても好印象だったのですが、
故松田優作さんの息子さんだったのですね。
大久保役の瑛大さんもとても素敵だと思います。
若い俳優さんにすごく疎くなっているのですが、
今年はテレビのドラマも積極的に見てみようかしら、と思っています。



さあ、今日から月曜日、
少しずつ元気になってきているように思います。


皆様、今週もどうぞ良い1週間をお過ごしくださいますように。。。





ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-04-16 08:02 | 夜ごはん

野菜を欲した日






良く晴れた昨日、
朝から長時間外出していました。


日曜日から、外食やお弁当が続いていたら、午後になって、
体中の細胞から「野菜が欲しい!」という叫びを聞いたような気がしました。


b0362781_07151666.jpg
そんな昨晩の夕食風景


お野菜をたっぷりと使いました。

白ワインで、すこし晩酌しながらの夕食となりました。
二人とも〆のご飯は食べませんでした。


b0362781_07153578.jpg
寒こうじに漬けた豚肉
キャベツ


中華鍋を良く熱し、油を馴染ませて、
洗ってざく切りにしておいたキャベツを炒め、取り出します。
そのまま寒こうじに漬けておいた豚肉を炒めています。


キャベツはさっと炒めることでカサが減るのでたくさんいただけます。
やたらと美味しく感じました。


b0362781_07154821.jpg
厚揚げとしらす干しのみぞれ和え


熱湯をかけて余分な油を抜いた厚揚げを一口大にカットし、
おろしたての大根おろしと和えました。
上にしらす干しをたっぷり乗せました。

お好みでポン酢をかけていただきます。


b0362781_07155924.jpg
小鯵の南蛮漬け


小鯵は腹とぜいごの部分を取り除き、良く洗って水気を拭き、
片栗粉をまぶして、じっくりと揚げます。
昨日はステンレスのフライパンに少なめの油を入れて、
10分くらいかけて弱火でじっくりと揚げました。
時間をかけて揚げることによって、
鯵の水分が抜け、保存性が高くなります。
揚げた後は、熱湯で湯通しして余分な油を抜き、
少し冷ましてから人参、セロリと甘酢に漬けて馴染ませます。


中の骨もまったく気にならず、
丸ごとの小鯵をいただきました。
オットさまも喜んでくれたので、大変ようございました。


b0362781_07161130.jpg
スナップエンドウ
トマト


スナップエンドウは茹でて冷水で色止めして半分にカットしています。
サクサクとした歯触りが心地よいです。


b0362781_07152591.jpg




ご馳走様でした!



立春を過ぎると、やはり冷たい空気の中にも春を少し感じます。
秋と違って、これから日が伸びていく、というのは希望を感じて良いものですね♪
週末から連続で毎日たくさん歩いているので、
足が筋肉痛です。笑
この冬は特に寒いので、きっと知らず知らずに運動不足になっているのでしょう。
室内でストレッチなどしながら体をほぐしたいと思います。



皆様、今日も良い火曜日をお過ごしくださいね☆☆☆






ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-02-06 07:31 | 夜ごはん | Comments(2)

常夜鍋





休日の夜は、
シンプルで体を暖めるものにしよう、ということで、
常夜鍋にしました。


b0362781_09192468.jpg

鍋の中にお水と昆布を入れてしばらく置いておき、
食べる直前に卓上コンロに火をかけて出汁を取り、
昆布を引き上げてお鍋にします。

日本酒は昆布出汁を取った後、かなりたくさん注いでいます。


昨日は大根おろしもたっぷり用意しました。
それでも瞬く間になくなりました。


b0362781_09194956.jpg

しゃぶしゃぶ用の豚肉は二人で300グラムほど用意しました。



b0362781_09193895.jpg
ほうれん草
もやし


昨日はもやしも用意しました。
もやしはひげ根をとり、シャキッとさせておきます。
もやしと豚肉はとても相性が良いと思います。
ほうれん草も水につけてシャキッとさせてから、
軸と葉に分けて、冷水でよく洗って器に盛ります。


ほうれん草ももやしも、お鍋にいれていただくと
甘くてとっても美味しいです。
大根おろしとポン酢で、
夫婦でとても美味しくいただきました。


ご馳走様でした。



野菜のお値段が少し落ち着いてきたかな、と感じています。
寒ければ寒いほど美味しくなるのが冬の野菜、
大根、人参、ほうれん草などなど
今の時期の冬野菜は、自然な甘味が増して
とても美味しいですね。
栄養も満ちているはずですから、
可能な範囲で食事に取り入れて、
元気をいただきたいなと思います。



新しい1週間、
皆様、今日も素敵な月曜日をお過ごしくださいませ♪♪♪




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-01-29 09:30 | Comments(2)





昨日は、大雪に見舞われた東京、
午後から本格的に降るという予報に接して、
午前中に買い出しに出かけましたが、
すでに みぞれが降っていました。
午後になり、ふと窓の外を見ると、雪吹雪で一面真っ白!

オットさまは朝の段階でプチ出張を取りやめており正解でした。
帰宅時も混雑が予想されたので、
お昼の段階でなるべく早く帰宅するようにメールをしていました。

首都高やレインボーブリッジではたくさんの車が立ち往生し、
いくつかのターミナル駅では入場制限も出されたとか。
駅はどこも大混雑だったようです。
オットさまも無事帰宅して、二人揃って夕食と相成りました。


b0362781_07053693.jpg
そんな昨日の夕食風景


午後は巣籠りしていた私、
家仕事の傍ら、合間合間にお料理は済ませてありました。



b0362781_07055539.jpg

豚肉のピッツアソース


オットさまの大好物で、結婚以来数えきれないほど作っています。

豚肉は厚切り肉でも良いのですが、
昨日は生姜焼き用の豚ロース肉を使いました。
お肉は塩こしょうをして、小麦粉を両面にはたき、
オリーブオイルで両面を焼き、取り出しておきます。

肉を焼いたフライパンをそのまま使い、
にんにくのみじん切り、
生パセリのみじん切り(あればイタリアンパセリ、なければ普通のパセリでも)、
オレガノ(乾燥)を炒めます。(このときオリーブオイルが足りなければ足す)
肉の旨味を木べらで剥がしながら、香草とにんにくの良い香りが立つように
弱火で炒めます。
良い香りが十分に立ったら、白ワインを入れて、木べらでかき混ぜながら
ソースのベースを作ります。
そこに裏ごししたトマト缶を加え、きび糖少々、塩少々を加えよく馴染ませます。
焼いたお肉も加え、好みでローリエも1枚入れて蓋をします。
少し煮るとソースに照りが出てきます。そうしたら完成です。

付け合わせはヒラタケのソテーと菜の花。

オットさまの帰宅に合わせて、温め直して供しました。
頂く直前に粉チーズをかけていただきましたが、
美味しくできて大満足でした。


b0362781_07071501.jpg
オットさまには炊き立てのご飯を。


b0362781_07062231.jpg
白菜のクリームスープ


前日の白菜の残りをつかって、温かいスープを作りました。
バター、小麦粉、牛乳で少量のベシャメルソースを作り、
それをコンソメスープで伸ばしました。
その中で白菜を煮て簡単なスープにしました。
隠し味に白味噌少々を加えてあります。
最後に塩コショウで味を調えて出来上がり。


b0362781_07063606.jpg
スルメイカとセロリのレモンマリネ


こちらはお昼ごろに作って冷蔵庫で馴染ませておきました。



b0362781_07065288.jpg

デザートは苺(とちおとめ)

練乳もありましたが、かけずにいただきました。
ビタミン注入、という感じで美味しかったです。



ご馳走様でした!



お料理を仕上げてから、夕方に雪用のブーツを履いて外に出てみました。
予想以上に雪が降り積もっており、
白い雪の上を歩くとキュッキュッっと音がしました。
車は超ノロノロ運転、
多くの人は長靴やブーツを履いていますが、
ハイヒールを履いた女性もチラホラ。
とてもじゃありませんが、そんな靴で歩いたら滑って転ぶのは確実なほどの降雪でした。
帰宅困難者続出で、ホテルの稼働率も上がったとか。
毎度のことですが、雪には本当に脆弱な東京です。

我が家は、今日は出勤時間を遅らせるそう。
わたしの予想では、きっと3食準備することになるでしょう。笑


今朝は氷点下まで気温が下がり、
路面は凍結しているようです。
首都圏の皆様、くれぐれもお怪我などなさりませぬよう、
お気をつけてお過ごしくださいませ☆☆☆




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-01-23 07:37 | 夜ごはん | Comments(10)





昨日は早朝から仕事で出かけたオットさま、
大事な仕事を終えて、疲れて帰宅するだろうなと思い、
体が温まり、たくさんいただける、味噌仕立て鍋の献立にしました。


b0362781_07322356.jpg
昨晩の夕食風景


b0362781_07333057.jpg

味噌仕立て鍋は、ガスコンロで汁を作っておき、
帰るコールに合わせて卓上コンロに移し温めます。


濃い目にとった鰹と昆布の一番だしに、
八丁味噌と西京味噌をブレンドして作りました。
お酒少々も入れています。


b0362781_07332387.jpg

充分温まった味噌鍋に、もやし、ニラ、しゃぶしゃぶ用の豚肉を入れて、
火が通ったら、器によそっていただきます。

空腹で帰宅したオットさま、大喜び。

お肉は第2弾も用意してあり、
お野菜は水菜をたっぷりカットして追加していただきました。

体も温まり、最高です。
〆は、炊き立てのご飯を煮詰まったお汁に入れて、
卵をおとして雑炊にしました。大満足です。


b0362781_07330280.jpg
揚げだし豆腐


水切りした絹ごし豆腐に片栗粉をまぶし、
揚げ油で揚げます。

こちらもうまくできてホッとしました。


b0362781_07331619.jpg

薬味もたっぷり用意して。。。

大根おろし、小葱の小口切り、お醤油。


b0362781_07325278.jpg


スルメイカとセロリのマリネ


ボイルしたスルメイカとセロリのスライスを甘酢にマリネしておきました。
無農薬のマイヤーレモンを薄くスライスしてたっぷり一緒に仕込みました。
マイルドな酸味が夜の疲れを癒してくれます。


b0362781_07324193.jpg

こんな風にセットして、先付としました。
ビールをグラスに注いで、
「お疲れ様でした~」



ご馳走様でした!



人生のパートナーが生き生きと仕事に邁進しているのを見るのは、
今のわたしの、一番の喜びのひとつです。
食後はひとしきり話を聞きながら、愉しく過ごしました。
少しすると、スイッチが切れたようにお休みでした。



昨日は、日中の寒さが少し和らいだと思ったら、
猛烈な眠気が襲ってきて参りました。
春が近づいてくると毎年必ず起こる現象です。
近所の桜並木に目をやると、うっすらと蕾のようなものが見えました。
これから大寒に向けて再び寒くなるのでしょうが、
遠くに春の足音を聞いたような一日でした。
引き続き、体調管理に気を配りながら、
生き生き過ごせるように努めたいです。






ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-01-16 07:54 | 夜ごはん | Comments(8)

日々の諸々を綴ります


by mahoroba-diary