カテゴリ:夜ごはん( 546 )

菊はないけれど、、、







昨日は、9月9日、重陽の節句でした。

菊づくしのお料理でもと思いましたが、
まだ残暑の残る休日、
菊の花は入手できませんでしたので、
菊の花や形を型どった手持ちの器を選んで盛りつけてみました。



b0362781_08492236.jpg


日曜日でしたが、オットさまは仕事でした。
泡で、お互いの健康に感謝。




b0362781_08493965.jpg


冬瓜と鶏肉の葛仕立て



冬瓜の処理に少し時間をかけて、じっくりと火と味を染み込ませています。
我ながら大変美味しく、滋味深いお味に仕上がりました。




b0362781_08504923.jpg


少し贅沢に吉野葛を使いました。
葛は体にとてもよい食材、
夏の疲れにも効きそうです。



b0362781_08501996.jpg

秋鮭のムニエル
キャベツと霜降りひらたけの蒸し煮


鮭には塩を振り、ごくごく薄い小麦粉のヴェールを纏わせて、
バターとオリーブオイルで焼いています。
オットさまが特に喜んだ一品。
キャベツとひらたけはフレンチの技法エチュベを意識して仕上げました。
新鮮な岩手産のキャベツでしたが、
大変味わい深く、秋鮭ともぴったりでした。





b0362781_08495370.jpg


きゅうりは蛇腹に包丁を入れ、
しばらく醤油、黒酢、きび糖、ごま油、赤唐辛子とともに漬けておきました。
豆腐、鳴門若布とともに。




b0362781_08500677.jpg


今年お初のサツマイモは千葉産の紅東
ハチミツとレモンで甘さ控えめに煮ました。



b0362781_08503554.jpg


2人で会話しながらのゆっくりした夕食でした。

ごちそうさまでした。




テニスの大坂なおみ選手の全米オープン優勝、
表彰式でのスピーチを聞いて、とても感動しました。
高校野球の試合を観たときにも思いましたが、
若い選手の活躍に心から胸が躍ります。
災害が続き、なんとなく重苦しい気分が続きましたが、
元気出していこう!とエネルギーをいただきました。



今日からまた新しい1週間が始まります。
暑さもしのぎやすくなり、
明るい気分で月曜の朝をスタートしました。



少しずつ各地の復旧も進んでいるようですね。
皆様も良い1週間をお過ごしください♪♪










[PR]
by mahoroba-diary | 2018-09-10 09:13 | 夜ごはん | Comments(6)

日常のありがたみ









9月に入り、暑さもしのぎやすくなってきたので、
食事作りも頑張ろうと思います。


b0362781_09472646.jpg


昨晩の夕食



毎日の食事は、連日仕事で忙しいオットさまへ、私なりの後方支援でもあります。
そして、自分自身の細胞のためにも
平日は、なるべく体のことを考えて並べます。



右奥のゴーヤーの一品は、
アグー豚のひき肉を生姜・大蒜・椎茸と炒め合わせて、
栄養アップを図りました。



b0362781_09474017.jpg


秋の茄子は皮がしっかりしています。
斜めに細かく包丁を入れ、油で揚げ、八方だしに漬けて冷蔵庫で冷やしています。


大根おろしも添えて。
定番のおかずですが、味が沁みてとても美味しいです。




b0362781_09475427.jpg


北海道産の秋刀魚

シンプルな塩焼き、最高においしいです。
自然の恵みに心から感謝。






昨日は台風21号による甚大な被害、
そして今朝は北海道での大地震の被害が報道されています。

北海道全域で停電になっているようで、
また被害の全貌もまだ明らかになっていないようで大変心配です。
どんな言葉も慰めにならないと思いますが、
少しずつでも復旧が進むよう心から祈ります。

本当に今年はなんていう年なのか。。。
自然の猛威の前に、言葉を失います。

いつどこでなにが起こるかわからない時代。
備えられることは備えて、今日も粛々と普段の生活を営むしかありません。





[PR]
by mahoroba-diary | 2018-09-06 10:17 | 夜ごはん | Comments(4)

週末につくったもの







秋刀魚や秋鮭、さつまいも、茸類など、
秋の食材が店頭に並び、季節の移り変わりを実感する今日この頃です。



先週末は、久しぶりに夫婦でゆったり過ごす時間ができ、
夕食は、一品作っては食べる式で、
できたてのお菜をふたりでいただきながら、
ワインで晩酌しました。



b0362781_08444950.jpg

とうもろこしと枝豆と海老の中華風炒め


生の枝豆ととうもろこしを茹でて実をはずし、
生姜と大蒜のみじん切りで香りを出し、
海老と一緒に炒め合わせました。
調味料は、鶏がらスープ、塩、紹興酒、豆板醤。
醤油は使いません。
餡はごく少なめに。
控えめな水溶き片栗粉でくどくならないようにとろみをつけています。



夏の終わり、枝豆ととうもろこしがお口の中で、
プチプチ、サクサク、
そこに海老のプリプリとした触感が乗り、
面白い一品となりました。




b0362781_08450885.jpg

オクラの肉巻き



オクラも夏の食材。
体に良いので夏の間は積極的にいただきましたが、
少し飽きがきたので、しゃぶしゃぶ用の豚肉で巻いて転がして焼き、
酒、みりん、醤油でシンプルな味を絡めました。




b0362781_08452607.jpg


できあがりはこんな感じ。

お箸でつまみやすいように、半分にカットして盛りつけました。



ワインにも合い、おいしくいただきました。




「どうする?もう一品つくる?」などと相談しながら
時間を気にせず、一品ずつつくっていただくスタイルも
愉しい時間です。







[PR]
by mahoroba-diary | 2018-09-04 08:59 | 夜ごはん | Comments(16)









この夏よく作ったおかずです。



b0362781_08341935.jpg


牛肉とトマトのバジル炒め



ヘアサロンで読んだ雑誌にレシピが載っていたのですが、
私流に一味加えて何度も作っています。



材料は、にんにく、トマト、牛肉薄切り、たっぷりのバジルの葉。
調味料は、ナンプラー、紹興酒、きび糖、黒酢。



さっぱりといただけて、満足感もあり、最近とても気に入っているお菜です。




b0362781_08340373.jpg



こちらは、アボガドと帆立貝柱の山葵醤油和え。

以前からよくつくる簡単おかずですが、
最近たっぷりの白胡麻を加えるのが気に入っています。
海苔との相性もとても良いです。





普段あまりスポーツは観ない私なのですが、
昨日の甲子園決勝大会は最後まで観ました。


大阪桐蔭は圧巻の強さ、
どの球児たちも引き締まった体に大人びた表情が印象的でした。


秋田県の金足農業高校の選手たちもがっしりとした体つき、
それぞれに自主性を感じるとても好印象の選手たちでした。


結果は、大阪桐蔭の圧勝でしたが、
金足農業の選手たちには、最近あまり見かけない高校生らしさみたいなものを感じて、
とても引き付けられました。
過去の試合全ては観ていないのですが、たくさんの逆転劇を重ねて
決勝戦に進んだようですね。
最近、スポーツ界の不祥事が続いていましたから、
選手たちの笑顔と涙に、久しぶりに清々しい気持ちになりました。
決勝戦2つの高校の監督は、私とほぼ同世代。
観戦しているうちに、「私にもこのくらいの歳の子がいてもおかしくないのよね。」
などと呟いていました。なんだか可愛くって、、、。
監督たちも、選手の自主性を尊重しているように見えて、
ホッとしました。
若い時に、なにかに思い切りエネルギーを発散することって大事だなあと思います。
金足農業の選手たちの、試合後の涙と仲間同士労い合う姿を観て、
私の目には、大きな宝物を得た青年たちに映ったのでした。









[PR]
by mahoroba-diary | 2018-08-22 09:45 | 夜ごはん | Comments(8)

今年お初の秋刀魚








9日間の夏休みも終わり、
今日からまた日常が始まります。



b0362781_09065543.jpg


昨晩は、今年お初の秋刀魚を塩焼きにしました。

久しぶりに大根も入手して、大根おろしもたっぷりと用意しました。

かなりじっくりとグリルで焼いたので、見た目はよろしくありませんが、
とても美味しい秋刀魚でした。

報道によれば、今年は秋刀魚の豊漁が期待できるそうです。
可能な限り、秋の味覚を愉しみたいと思います。




b0362781_09072492.jpg




青々とした枝豆は青森産でした。






夏休み後半は、オットさまは信州にあるお友達の別荘へ、
私は都会でお友達と食事したり、ひとりの時間を堪能しました。
それぞれにゆっくりとした時間を愉しんで、
今日からまた頑張りましょう。






[PR]
by mahoroba-diary | 2018-08-20 09:14 | 夜ごはん

やっと夏休み










大好きな器に水を張り、キャンドルを浮かべてみました。



b0362781_20403134.jpg


冷房の効いた部屋で、しばしキャンドルの灯りを眺めます。




b0362781_20394891.jpg

先日の夕食


モロヘイヤのスープ
鰹のたたき 大葉と新生姜のサラダ風
茄子とピーマンの揚げ浸し



この夏は、なるべく短時間でできるもの、
冷蔵庫で冷やして置けて、簡単なものばかり作っています。





b0362781_20400390.jpg


新潟の黒崎茶豆



枝豆が美味しいです。
ほぼ毎日いただいています。





b0362781_20402075.jpg



我が家は、今日から夏休み。
しばらくのんびり過ごします。














[PR]
by mahoroba-diary | 2018-08-11 06:18 | 夜ごはん

昨晩の夕食風景








昨晩の夕食風景です。


b0362781_09365615.jpg


昨日は、早朝から東京近郊まで出かけたオットさま。
「東京よりはるかに暑かった。」とかなりお疲れでした。
泡をしっかり冷やしておき、2人で乾杯。
お疲れさまでした。



b0362781_09360483.jpg


山形のだだちゃ豆



b0362781_09364164.jpg

アボガドのわさび醤油あえ


醤油も山葵も控えめに入れ、最後にごま油を数滴おとし、
多めの白胡麻を振ってあえただけですが、
ちょっといいおつまみになります。



b0362781_09361711.jpg

(ピンぼけ失礼!)
スルメイカと蒸し帆立のトマト煮
高知県の新にんにくのスライスをたっぷり入れ、
オリーブオイルは控えめ、生のトマトのざく切り、塩、ローリエ、パセリの軸とともに
鍋に蓋をして火を入れ、水分が出たら蓋を外し、好みの加減に煮詰めます。
仕上げに、生のパセリのみじん切りを振っています。
タウリンやトマトのリコピン、ニンニクの栄養を考えた簡単な一品ですが、
旨味たっぷりで美味しいです。



b0362781_09362890.jpg

きゅうりの粕漬け

長野の木の花屋のもの。
とても美味しくて、たくさんいただきました。
我が家は二人とも、発酵食品をよく食べます。



b0362781_09355000.jpg

メインは、豚しゃぶサラダ


新鮮な長野産のレタス、佐賀県のアーリーレッド(紫玉ねぎ)は、
あらかじめ冷蔵庫でしっかり冷やしておきます。
豚しゃぶ用のお肉を、酒と塩を適宜加えた湯で、火を通し、冷ましてから、
器に盛りつけます。
新鮮なコリアンダーも洗ってザクザクとカットして天盛しました。
カットしていると、とてもよい香りがして、癒されます。

ドレッシングは、レモン汁、ナンプラー、きび糖、醤油などを合わせました。
すごい量に見えますが、ほとんどお野菜なので、ヘルシーでした。




ごちそうさまでした。




お野菜は確かに高騰していますし、
いつもなら豊富な野菜が出回るはずの時期に、
種類が随分少ないと感じます。
今年は6月から地震、豪雨、猛暑と台風と続き、本当に大変な夏なのだと実感します。
お野菜をありがたく味わっています。


今日の東京は朝から雨。
またもや台風が近づいています。
台風以外にも、しょっちゅういろんな場所で豪雨や雷や竜巻の警報が出るので、
夏休み中出かける際も、天気には気をつけなければと思いました。
昨日までの猛暑も今日からは少し一段落のよう。
それだけでも、なんだか体がホッとしています。





[PR]
by mahoroba-diary | 2018-08-07 10:02 | 夜ごはん







先日の猛暑の日の夕食の一品。


b0362781_08364700.jpg

バジルとオリーブオイルでマリネしておいた鶏肉を
茄子、トマト、ピーマンなどの夏野菜と一緒に蒸し焼き。
テーブルで蓋を開けるともわ~と蒸気があがる。



とても簡単で美味しく、真夏にうってつけの料理だと思った。


思えば、昔訪れたことのあるモロッコではタジン鍋という円錐形の鍋で、
蒸し焼きするお料理が有名だが、
あれは、暑い砂漠の国の知恵なのだと、今更はたと気づいた。
蓋をすることによって、蒸気が出ない。まず、それだけでもキッチンの暑さは半減するし、
水が貴重な場所では、食材の持つ水分を効率よくつかって、蒸し焼きすることで、
食材が食べやすく、消化にもよくなり、食中毒も防げる。
考えてみれば、ポルトガルにもカタプラーナという銅製の蓋つきの鍋料理があった。
おそらく昔、海を渡ってアラブ文化が伝播した名残りなのかもしれないが、
あれもまた暑い地域だからこそ、根付いたのではないかしらとあれこれ推測。



b0362781_08370867.jpg

取り皿には、象が描かれたものを選んだ。
深緑と象のモチーフが熱帯を思わせる。


b0362781_08374335.jpg

この写真の左下にはオットさまが写っている。
合成写真ではなく、本物の野性の象のすぐ近くで撮影した貴重な1枚。
数年前、インドネシアの山奥で撮った写真だが、気に入っているので額に入れて飾っている。



子供の頃、近所には象牙屋さんがあって、店内には象の牙がゴロゴロと置かれていた。
同じく、子供時代に通っていたピアノの先生宅の、スタインウェイのグランドピアノの鍵盤は、
象牙だったし、母親たちは象牙のアクセサリーを身に着けている人も多かった。



今では禁止されているこの象牙をめぐり、
今も密猟が絶えないらしく、毎年恐ろしい数の象たちが、
命を奪われているという。


オットさまと映っているこの象は、とても穏やかで、優しかったそうだ。



b0362781_08380795.jpg


どこで買ったのか、もはや定かではないが、夏らしいから取り出してみた。
ウミガメも好きなモチーフのひとつ。
数年前、ハワイの砂浜の上で、野性のウミガメを何匹も見た。
彼の地では、大切に保護されているから、
人間たちも皆温かく優しい眼差しでウミガメを見守っていた。



b0362781_08382199.jpg


これもどこで買ったものか、、、スペインだったか、、、
やはり暑い場所で求めた木製のランチョンマット。
中央の鳥のモチーフが気に入って手にしたのだった。


私の部屋には、動物のモチーフのモノがたくさんあることに気づく。
子供の頃から、動物園が大好きだったし、好きな絵本の多くにも動物たちが登場していた。
オットさまも、無類の動物好き。
私たちが出会った頃、初めて二人で会った時に、
1羽の小鳥が部屋に迷い込んできて、彼はすぐに管理人を呼んで網で救い出したのだっけ。
以前暮らしていた外国の地では、自宅近くでハリネズミを見つけ、
動物保護局に電話をして保護してもらったこともあった。



日本でも世界でも、自然災害が多い年。
なにか急速に地球の環境が変化しているのではないかと感じる今日この頃。







[PR]
by mahoroba-diary | 2018-07-31 09:15 | 夜ごはん






暑いですね、、、
そんな言葉しかでない今日この頃。。。


簡単で、なるべく火を使わないお料理が続いていた我が家。
週末にたくさん食材を仕入れていたので、
それらを使ってあまり考えもせず3品用意してテーブルに並べる。


b0362781_09490927.jpg

水茄子と生ハムとモッツアレッラのサラダ

仕上げにEXオリーブオイルとバルサミコ、ぱらりと塩をふりかける。



初めて組み合わせてみましたが、想像通り水茄子と生ハムが合いました。
水茄子って美味しいですね、、、
新鮮なものをよーく冷やして、カットして、さっと水にくぐらせる。
そのままつまんでも、なにかのフルーツみたいな触感で、大好きになっています。


b0362781_09492536.jpg

宮崎県産の栗マロンかぼちゃの煮物


超絶に美味しかったです。
オットさまも、一口食べて、「このかぼちゃ、美味しいね~~。」
栗マロンの名の通り、なんとなく栗っぽい触感。
とても美味しいです。
いつもいくデパ地下に売られていました。


b0362781_09493958.jpg

豚肉の寒こうじ漬け


夫婦してこれがどうしてもいただきたかったのです。
我が家に常時ある、秋田県の安藤醸造さんの「寒こうじ」
(有楽町の交通会館内にある秋田のアンテナショップで売られています。)
これをたっぷり使って生姜焼き用の豚肉を漬けておき、
焼く前に少し常温に戻して、こうじを手でぬぐい取り、
フライパンに油少々を引いて両面を焼く。
焦げやすいから火加減には気をつけて、
美味しそうに焼くことがポイント。


付け合わせは、よーく冷やしておいたレタス。
夏はキャベツよりレタスの方がお肉には合う気がします。


オットさまも大喜びでした。
「あなたって、こういう簡単なお料理の方が喜ぶわね。」と言うと、
「簡単かもしれないけれど、シンプルで美味しいものが僕は一番すきなんだよ。」
暑い夏、食事を任されている妻にとっては、
こんな嬉しい言葉はないと思いました。笑



日本が暑い、燃えている、なんて報道ばかり接していましたが、
北半球では世界的に酷暑のようですね。
アメリカ・カリフォルニアや北アフリカでは52度を記録したとか、
北欧もものすごく暑くて、山火事も発生しているよう。。。
先日はベトナムでも豪雨災害があったようですし、
なんだか地球の気候変動が本格的になってきたような気がして恐ろしくなります。



ひとまず暑さのピークは超えたようですが、
まだまだ30度越えの気温は続きそうです。
皆様、くれぐれもお体お大切に、、、
私も体調管理のための食事や睡眠などに、今一度気を配りたいと思います。






[PR]
by mahoroba-diary | 2018-07-24 10:09 | 夜ごはん | Comments(8)

焼き餃子







大変な猛暑が続いています。


暑さに身を任せていると食欲が湧かなくなりますが、
これではバテてしまうと思い、
昨日は頑張って餃子を作りました。


b0362781_09350284.jpg


しんどかったですが、一品一品頑張って並べました。



b0362781_09342978.jpg

皮は市販のものですが、
中身はいつも通り自分で拵え、詰めました。


豚ひき肉、キャベツ、椎茸、ニラ、葱、生姜、ニンニク、
できるだけ沢山の野菜の栄養素を取りたいので、がんばって刻みましたよ~。


焼き加減も、昨日は一度も失敗せず、うまく焼けて嬉しかったです。
オットさまも大喜びでした。
カロリーは気にせず、たくさん焼いていただきました。


b0362781_09344322.jpg

なにはなくとも、
この時期、枝豆は必須です。


b0362781_09353193.jpg

塩もみ胡瓜、
若布
茗荷


冷蔵庫でよく冷やし、甘酢をかけています。



b0362781_09354181.jpg

寄せ豆腐


たれをかけていただきました。
この時期の冷やしたお豆腐は、殊更に美味しく感じます。



b0362781_09351751.jpg


ごちそうさまでした。




昨日の帰宅途中、
ランドセルを背負った小さな小学生の男の子が肩から水筒をかけ、
タオルで顔や首を拭きながら、
「暑いなあ、、、」と呟き、
フラフラになって歩いていました。
この暑さの中、食の細い子や体力のない子はとても危険な状態に置かれていると思います。
ご高齢の方や犬など動物たちも皆同じだと思います。
さすがの私も昨日はボーっとして歩いていました。
水分を補給するのはもちろん、頑張って栄養のあるものを食べて、
無理をするのはやめようと肝に銘じました。



皆様もくれぐれもお体にはご自愛の上、
今日も良い水曜日をお過ごしください。



[PR]
by mahoroba-diary | 2018-07-18 09:51 | 夜ごはん | Comments(6)

日々の諸々を綴ります


by mahoroba-diary
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30