カテゴリ:映画( 2 )











シネスイッチ銀座で公開されている
フランスのドキュメンタリー映画、
『アラン・デュカス 宮廷のレストラン』を観てきました。





b0362781_08213973.jpg


言わずと知れた、フランス料理界のスターシェフ、アラン・デュカスに
ジル・ドゥ・メストル監督が懇願の末、2年間密着して叶ったドキュメンタリー映画。


単なる美食の話ではない。
冒頭は、ヴェルサイユ宮殿内に初めて作られた彼の新しいレストランOREの
オープンに向けた準備の情景から始まる。
ラストは、オープン当日、各国の招待客を迎える華やかなシーンで終わるが、
その間、世界を股にかけ活躍するシェフを追いながら、
パリで、東京で、京都で、モナコで、ロンドンで、
アメリカで、香港で、フィリピンで。。。
新しい味を貪欲に追求しながら、世界各地に後進を育て、慈善事業も行い、畑で野菜を育て、大統領にも会う。
グローカルを追求するシェフは、食の向こうに地球の、自然の、人の未来をしっかりと見据えていた。


デュカスから発せられる金言の数々とその思想と行動力に、私などはゾクゾクと興奮した。



b0362781_08211412.jpg


久しぶりのシネスイッチ銀座。
映画館内部はだいぶ古くなっているけれど、懐かしかった。
ここにも数々の思い出がある。
一時は狂ったように映画を観ていた時期があるが、
ここ数年は、現実の世界の方が面白くてあまり観なくなってしまっていた。



b0362781_08205981.jpg


メジャーでポピュラーなものだけに接していてはわからないことがある。
人間の内面の、ちょっと目をそらしたくなるような奥深くを
しっかりと見据えるような作品が、
まだまだ世界中で生み出されている。




b0362781_08212341.jpg


映画館を出て少し歩けば、銀座4丁目の交差点。




b0362781_08533912.jpg


現在東京には銀座と青山のレストラン以外にアラン・デュカスのショコラティエが2店舗できている。
映画の中でも触れられていたが、
デュカスはカカオの産地まで通い、近年ショコラの世界も追及しているようだ。
写真は六本木店前。けやき坂に面してあるお店は一階がショコラの販売、2階はカフェ、
とてもシックで素敵だった。
日本橋にもカフェができ、日本橋高島屋地下にも小さなブースができてショコラが販売されている。
デュカスは、日本にもしょっちゅう来ているようだから、どこかですれ違うかもしれない。



兎も角、観て良かったと思える作品だった。













[PR]
by mahoroba-diary | 2018-11-08 09:02 | 映画 | Comments(4)







公開と同時にミッション・インポッシブル/フォールアウトを観てきました。



b0362781_08575159.jpg


場所は、東京ミッドタウン日比谷4階にある、TOHOシネマ日比谷。



b0362781_08581126.jpg


こちらで映画を観るのは初めてでしたが、
ロビーが広々していて綺麗でとても気に入りました。



b0362781_08585614.jpg
(画像はお借りしています)



あらすじなどに触れるのは控えますが、
今回も期待を裏切らない、トム・クルーズの凄まじいアクションの数々に、
もう本当にワクワク・ドキドキしました。



毎回のことながら、小気味よいテンポで展開するストーリー、
56歳になったトムの、それこそインポッシブルなアクションの数々!!
今作もほとんどスタントマンをつかっていないというから、本当に驚きです。
はるか上空で、いったいどうやって撮影したのだろうと思うリアルな映像、、、
良く知った街並みの中で繰り広げられるカーアクションの数々、、、
(ほんとうにあり得ないレベル)
いつも通りBMWの車が新旧たくさん出てきますから車好きな人にとっても愉しいでしょう。
前作からの話の続きと人物、
そして過去の登場人物や新しい謎の人物も登場して、
147分があっという間に過ぎていきました。
特に今回初登場したイギリス人の女優さんがなかなか素敵でした。




b0362781_08580231.jpg


シートも疲れず、画面も見やすくて、
こちらの映画館とっても気に入りました。




b0362781_08582804.jpg


見終えたら、真夜中になっていましたが、
ハラハラ・ドキドキ・ワクワクの、愉しい真夏のひとときでした。











[PR]
by mahoroba-diary | 2018-08-05 09:19 | 映画

日々の諸々を綴ります


by mahoroba-diary
カレンダー