カテゴリ:好きなもの( 6 )

お気に入りの裁縫道具







先日、クローゼット周りを整理していたら、
すっかり忘れていた布地を発見しました。



b0362781_08315045.jpg


20代の頃に着たロングスカートを解いて畳んでおいたもの。
生地は100%シルクタフタ。かなり広がるフレアスカートでしたので、
たっぷりの布地です。
なにかに使えるかしらと取っておいたのだけど、
どんなものにリフォームできるかな??
こんなときお裁縫が得意な方は、ささっといろいろと作れるのでしょうね。。。
クッションカバーでもいいかなと思ったり。。。



b0362781_08310896.jpg


お裁縫、、、得意とは言えないけれど、決して嫌いではありません。むしろ好き。

このゾーリンゲンの裁縫ハサミは20代の頃にドイツで購入して以来、
ずっと大切に使っています。
ボタンを付け直したり、ちょっとした縫物にと日常の大切な道具の一つです。


昔、長年ドイツにお住まいだった方が、
「これは一生使える良いものだから是非に」とリコメンドしてくださったモノ。
仰る通りでした。
もし私に娘がいたら、間違いなく贈っていたなと思うもの。




b0362781_08313662.jpg


この裁縫箱も20代の頃から使っています。
バスケット型になっていて、開くと仕切りの段が付いています。
糸や針、お裁縫道具が詰まっています。
実は、ほんのすこしですが刺繍もします。
(まだまだ下手なのでお恥ずかしくて載せられませんが。。。)


どうも私は布地類が好きなようで、
好きな布を見たり触れたりすることがこの上なく幸せに感じます。


1枚の布からいろんなものを生み出される方にとても憧れます。




b0362781_08302314.jpg



最近、帽子が気になります。
こちらは銀座にあるCA4LAさん。
素敵な帽子を眺めていると、いろんな着こなしのインスピレーションが沸きます。
秋はおしゃれ心が刺激される季節でもあります。



今日も心地よい秋晴れが広がっています。
皆様もどうぞよい週末をお過ごしくださいね。











[PR]
by mahoroba-diary | 2018-11-10 09:19 | 好きなもの | Comments(4)

想い出のピアス







今からだいぶ前、ギリシャのとある島へ旅したときのこと。



エーゲ海の真青な海を眺めながら、
また、ギリシャ文明よりも古い歴史を持つその地の遺跡や風景を訪ね、
その場に漂う未知の歴史感覚に身を委ねて時を過ごした。



黙ってビーチに寝そべって過ごしても良いリゾート地だったが、
好奇心が強く、初めて訪れる地では、そのような過ごし方はまるでできない私たち夫婦。
レンタカーを借り、それほど広くない島の隅々を走って廻った。



遺跡や自然の風景を堪能し終えてから、
小さな街中を散策していると、
とある宝飾店の前を通った。
ウィンドウディスプレイにはそれまで見たことのない、
独特の感性と技術で作られたゴールドジュエリーがずらりと並んでいた。
心の琴線に触れ、店内へ入っていろいろと見せてもらうことに。



b0362781_10120925.jpg


その時に出会ったゴールドのピアス


とても気に入っていて大事にしている。





b0362781_10115260.jpg


18Kだが、チェーンの部分や留め金がしっかりとしており、
手にするとかなりずしりと重みがある。


ピアスの留め金の部分には小さなサファイアが、
そしてトップの部分は細かな細工がなされていて、
中央部に小さなダイヤが埋め込まれている。



店員さんは、
「今のあなたにはこのままつけてもいいけれど、
歳を重ねて飽きが来たら、チェーンの部分をはずして短い丈にリフォームしてもよいし
トップの部分をペンダントヘッドに作り替えてもいいですよ。」


なるほど、と思った。
そして今、まさにそんな気分になっていて、
近々リフォームに出そうと思っている。



b0362781_10122223.jpg


実は、そのときに、
もうひとつ、かなり大ぶりのゴールドのピアスも気に入り、
迷ったのだが、その時の私には少々大げさ過ぎると感じたし、
オットさまは買ったらと言ってくれたが、
当時の私にはかなりお高いものでもあった。


今でも夢に出てくるほど、
素敵な細工の施された大ぶりのゴールドのピアス。


結果として、買わなかったのだが、
その時に店員さんが私に言った言葉は、今でも忘れられない。
「このピアスは高いけれど本当によいお買い物になると思いますよ。
今のあなたにはまだ早いと感じるかもしれないけれど、
このピアスはあなたのミドルエイジ以降の生活をきっと豊かに彩るでしょう。」


ギリシャ彫刻のような彫りの深く美しい顔立ちの女性の店員さんは、
涼しい顔で、そんな言葉を呟いたのだった。



今になって思う。
彼女の言ったことは本当だったと。



あの時以降、あのピアスに匹敵するものには出会っていないし、
あのピアスがあれば、歳を重ねていくのがより一層愉しみになり、
想い出とともに、身に着ける喜びもひとしおだったに違いない。



この小さなピアスを見るたび、
先見の明に満ちたあの店員さんの言葉を想い出す。



いろんな思い出が詰まった小さなピアス。
これはこれで、リフォームしたら、
黒や濃紺の金ボタンのジャケットに合わせて、
耳元をさりげなくクラシックに装いたいと思っている。
















[PR]
by mahoroba-diary | 2018-10-12 11:00 | 好きなもの | Comments(12)

慌ただしい一日








少し長めの欧州出張を終えて、お昼過ぎにオットさまが帰宅。



いつものことながら、帰宅したら、少し休んで、
トランクの中を開けて、さっさと片付けてしまうのが我が家の常。



トランクの中身は、ワイシャツ・スーツ・下着・靴などアイテムごとに
軽量の袋に分類して入れてあるので、それを取り出し、
洗濯するもの、クリーニングに出すもの、クローゼットにしまうものと分けてしまう。



洗面用具やPC類、書類、お土産なども区分けしてあるから、
取り出して、所定の位置に戻すだけ。
ものの5分ほどで、済んでしまう。




b0362781_15153573.jpg


トランクは夫婦二人とも長年リモワを愛用。
一番古いものは20年以上経っているが、いまだに現役で使っている。
少しくらい凹んでも味わいがあって、機能的で
アフターケアもしっかりしていて、とても気に入っている。
大中小持っているが、もうひとつ小さいサイズを買い足すか検討中。




遅めの昼食を用意して、2人でいただき、
少し話をしていたら、オットさまに仕事の電話が入る。
急遽、着替えて再び外出と相成った。
全くこの忙しさ、慣れてはいるものの、本当に呆れるほど。
ついつい体の心配をしてしまう。



オットさまを再度見送り、
早速、洗濯機をセットし、私は私でいろいろすることがあるので取り掛かり、
さっさと片付けてしまう。



元来せっかちな性格で、ルーティーンはサクサクとすすめて片付けないと気がすまない。
そんな性格が災いすることもあり、
今日は午前中、外出先で久しぶりにポカをしてしまった。(汗)



夕食時には自宅に戻るというから、
さてさてなにを作ろうかと思案中。








[PR]
by mahoroba-diary | 2018-09-25 15:49 | 好きなもの | Comments(8)

コーヒータイム






ダルマイヤーのコーヒーを長らく愛飲しています。


こだわりの珈琲屋さんで挽きたてのコーヒー豆を購入することもあるけれど、
まるで波止場のように必ず舞い戻って、日常的に飲むのがこちらのコーヒー。


味はもちろん、たっぷり入っていて、
しっかりとした真空パックになっており、
お値段の方も常識的で気に入っている。
コーヒーをよく飲む我が家には欠かせない一品。


普段は、プロドモやクラシックバージョンを愛飲していますが、
先日欧州出張の際、オットさまがエチオピアというバージョンをお土産に持ち帰った。
ちょうど手持ちのコーヒーが切れたところだったので、
早速淹れてみることに。


b0362781_09171420.jpg


左がそのエチオピア
右は普段飲むプロドモ


私もオットさまも、それぞれ親戚や親しい人に
長く海外で仕事をしている人がいて、
彼らから聴くまだ見知らぬ国の話を時折ふと思い出す。
特にアフリカや中東、中央アジアでの体験談はこちらの心にも深く深く印象に残っている。



b0362781_09172769.jpg


今朝も朝から、まったくもって梅雨時らしいグレーな空。
あえて照明はつけずに、朝からキャンドルに灯をともし、しばし食後のコーヒータイム。
すでにオットさまの部屋からは、パソコンのキーボードを叩く音やテレコンの会話が聞こえる。
今日は、午前中自宅で仕事を片付け、夜は会食だそうだ。
昨晩は、1泊の出張で軽井沢から帰宅。
梅雨時だが、まったくの快晴に恵まれしばし信州の清々しい空気を満喫してきたようだ。



b0362781_09174188.jpg

薔薇の季節、、、
ウィーンのお友達にいただいた大切なカップを久しぶりに取り出し
淹れたてのコーヒーを注ぎました。


さて私も今日は午後から愉しみな約束があるので、
それまでにルーティーンワークを片付けます。


太陽が見えなくなると、とたんに気分が下がり気味になる私、
日常のささやかな愉しみを心の頼りに、
今日もそれなりに良い一日を過ごせますように。。。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-06-15 09:43 | 好きなもの | Comments(4)





個人的に、幾つか好きな『形/Form』というものがあって、
そのうちのひとつは、
ころんとしたまあるい形です。



b0362781_08251048.jpg



b0362781_08252882.jpg


なんてことない生活雑貨ですが、
実際に使ったり、時にはオブジェのように置いてみたり、
眺めていると優しい気持ちになれます。





最近おもうこと。


道で、ながらスマホや歩きスマホの人がとても多い。
駅などで、よけようとせず、突進して歩いてくる人が多くて驚く。
自転車も車も、時にどきっとする運転の人が増えている気がする。

初めて知り合った人に、
「LINEで繋がりましょう」などと言われてちょっと戸惑う。

人との境界線の在り方が、
急速に変化しているように感じます。


今回の、新幹線で起こったこと、、、
あまりに辛くて痛ましくてやるせない。


フェイクニュース、嘘、欺瞞、
そんなニュースも多すぎる。


ついつい、疑心暗鬼になって心がギスギスしがちですが、
心をまあるく保つ工夫、日々忘れたくないです。





[PR]
by mahoroba-diary | 2018-06-12 08:56 | 好きなもの | Comments(10)






世の中には、なくても生きてはいけるけれど、
可能な限り、なくてはならない、と思えるものがあると感じています。


普段の生活は、ルーティーンの連続、
また、与えられた義務を果たしていく、
どちらかといえば、理性的に処理していくことの多い日々でもあります。


そんな生活の中で、ふと自分をニュートラルに、
また普段の自分とは違った次元に誘ってくれることのひとつが
私にとっては香りです。


わたしにとって香りを纏うことは、
18歳の頃からの習慣になっており、
その時々に、様々なフレグランスと人生を共にしました。


最初は、キャシャレルのアナイスアナイス、
CKのエタニティ、
20代から30代にかけては、今は廃盤になってしまった
アルマーニのジオ、
シャネルのココ、
イヴサンローランのパリなどなど、
その時々で、なりたい自分のイメージを模索したり、
自分らしくいられると感じられるものをつけてきた感じです。


今から10年ほど前、大きな引っ越しをし、
それに伴うさまざまな環境の多大な変化の中で、
少し自分を見失いかけていた時、
ふと出会ったのは、アニック・グタールというメーカーの
マンドラゴールとオーダドリアンという香りでした。
この二つをTPOや時間ごとに配合を変えて重ねづけをする、
という提案を店員さんからしていただき、何度もテストを重ねましたが、
すぐに魅了されました。
香りから「あなたはそのままでいいんだよ」と言われたかのような感覚を覚えました。


そんなアニックの2つの香りをずっと楽しんでいましたが、
さらなる環境の変化、心境の変化とともに
数年前ある香りに出会い、たちまち気に入って以来、今メインにつけているのが、
ジョーマローンのチュベローズ&アンジェリカという香りです。


b0362781_09210638.jpg


チュベローズというと、なにか魅惑的で官能的な重たい香りのように思われていますが、
このメーカーの調香では、そんなことは決してなく、
今の私には、言葉にできないものを表現してくれる、今の気分にぴったりの香りなのです。


右の小さなボトルは同じメーカーのヴェルヴェット・ローズ・ウード。
こちらは昨秋から時折外出する際につけています。
テスターで気に入り、何度も試しましたが、
店員さんに「お客様のイメージとはちょっと違うかも」と言われました。
でも、自分の気持ちを優先して使っています。
チュベローズのものより、もっと華やかで甘い香りです。
私はファッションはシンプルなものが好きなのですが、
香りでは、女性らしさを追求したい方です。


食事に出かける際は、つけないか、つけても足首や膝の裏、
普段家にいるときは両手首に馴染ませて、そのまま耳の裏にも馴染ませる。
夜の外出の際は、おなかやうなじにも少し足したりします。
スプレーを全押しするようなつけ方は決してしません。
香りは人によって好みがまったく異なるものなので、
あくまで控えめに、特に日本では室内が狭く、人との距離が近いことが多いので、
少な目につけることを意識しています。


なくても生きていけるけど、
あると心が潤い、ときめきを覚える、
きっとどなたにもおありなことだと思います。
今日は、ちょっと恥ずかしいけれど、
そんな私の好きな香りについて書いてみました。


今日から6月、衣替えですね。
メインの香りに、すこし爽やかな香りを重ねて、
新しい気分を纏って過ごしたいと思います。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-06-01 10:04 | 好きなもの | Comments(8)

日々の諸々を綴ります


by mahoroba-diary
カレンダー