カテゴリ:つぶやき( 11 )







今日の我が家は、一日中室内のメンテ作業になりそうです。


朝からテレビをつけっぱなしにして報道に接していますが、
西日本各地で大変な災害が起きている様子に言葉もありません。


河川や山の近くにお住まいの方々のご不安、ご心労はいかばかりか、、、
想像を絶する恐怖だと思います。


目を疑うような降水量、、、
これ以上被害が広がらないように祈るばかりです。




b0362781_11244752.jpg









[PR]
by mahoroba-diary | 2018-07-07 11:33 | つぶやき







9年前の6月に病で旅立った我が心友。
あの時以来、6月になると彼女のことをいつも以上に想い出します。


私たちが最後に会ったのは、彼女が旅立つ半年前。
まさかそれが最後の時になるなんて、思いもしなかった、
時はクリスマスの頃でした。


空港に見送りに来てくれた彼女が、
別れのハグの後、そっと手渡してくれたのは、
小さなメッセージカードと、彼女の愛用のアクセサリーと、
スウェーデンの民芸品、小さなダーラへストでした。



b0362781_09184179.jpg


スウェーデンで、幸運の印とされているダーラへスト。


手書きのメッセージカードには、
『親愛なるまほろば、東京で、たくさんの喜びと幸運を!』



b0362781_09182979.jpg


昨年は、オットさまが出張の際、時間を見つけて彼女のお墓参りに行きました。

彼女の夫とも時々メールをやり取りしています。



いろんな経験を通して、すべてを超越していたような、
心優しく、強かった彼女。
私の大好きな心友。


『貴女はいつも私たちの胸にいるよ。』


今年も天国の彼女に心の中で話しかけます。





[PR]
by mahoroba-diary | 2018-06-28 09:33 | つぶやき

希望









曇り空が続くと、どうしても美しい色を欲します。

今日は、以前旅した北海道のアルバムから2枚の写真を選びました。

鮮やかな、そして穏やかなグリーンを心が欲しています。


b0362781_10320378.jpg



b0362781_10322115.jpg


昨日は、ちょっと不思議な出来事がありました。


この世に偶然はなく、すべては必然、そう感じるようなご縁です。


自分の気持ちに向き合って、ごまかさずに生きていると、
神様はいつも見ていてくださり、その時に適した希望を与えてくださるのかな、と思いました。






[PR]
by mahoroba-diary | 2018-06-21 10:43 | つぶやき

備えあらたに







大阪北部地震で、犠牲になられた方に
心よりご冥福をお祈りいたします。
また被災された皆様、
本当に大変な思いをされていらっしゃることと思います。
心よりお見舞いを申し上げます。


建物など一見被害はないように見えても、
お家の中で物が散乱したり、割れたり、
後片付けなど大変なご苦労がおありかと存じます。


またガスや水道が止まっているところもあるようで、
夏に向かう梅雨の時期にあって、大変なご不便を余儀なくされている方が
多くいらっしゃるかと思うと、本当に心苦しくなります。



大阪の地震が発生する数日前から、千葉沖のスロースリップ現象により、
東京もかなり頻繁に揺れを感じていましたし、
先日は群馬県で震度5の地震がありました。
なんとなく嫌な予感がしていて、防災の備えを見直さなくては、と
思っていた矢先でした。



昨日は、私も、水や保存食品を買い足したり、
防災用品を見直したりして備えを新たにしました。


以前ブログに書きましたが、3・11の時は、個人的に大変な思いをしました。
いまだに少しトラウマになっていまして、
大きな地震が起きると少し過剰に反応してしまうのかもしれません。


地震の揺れそのものから身を守ることはもちろん、
地震後に起きる状況に備えることが本当に大事だと身に沁みて感じています。
電気、ガス、水道が止まることを想定して、
水の備蓄、簡易トイレ、乾電池で動くラジオ、
懐中電灯、カセットコンロ、簡単に煮炊きできる食材は、
本当にライフラインになります。
また外出する時は可能な限り、スマホの予備バッテリーを持ち歩いたり、
お水やちょっとした食べ物(飴などでも)を持ち歩くのが習慣になっています。


余震も続き、さぞさぞ怖い思いをされていらっしゃることと思います。
これ以上、被害が拡大しないよう、陰ながら切に祈るばかりです。



b0362781_08574409.jpg



[PR]
by mahoroba-diary | 2018-06-19 08:57 | つぶやき | Comments(2)





今朝、東京でもいきなり揺れを感じました。


大阪をはじめ、関西地方で大きな地震があったようで、
ニュースを見守っております。


停電の発生や交通機関もストップしているようで、
道路なども一部大混雑しているようです。
私も経験がありますが、地震後は携帯電話も繋がらなくなることがあります。


まだ詳しい状況はわかりませんが
関西の皆様、くれぐれもご無事でいてくださいますように。。。
心からお祈りしております。




[PR]
by mahoroba-diary | 2018-06-18 09:04 | つぶやき | Comments(0)





ある方が、
「ブログなんて、愚痴か自慢のどちらかでしょう?」と仰いました。
そうなのでしょうか。
私の場合は、そのどちらにも当てはまらないな、と正直思いました。
そもそも人に愚痴をこぼすという行為はあまり好きではないし、
ミーイズムに耽るほどのナルシシズムも持ち合わせていない。
なぜ私はブログを綴るのか、少し考えてみました。
(追記:あくまで自分のブログとの向き合い方についてです。
決して人様についてのことではありません。)


もともとは、日々の食事を記録するというかなり軽い考えで始めたことでしたが、
心のどこかに言葉にならないある思いがありました。


世間、とかく日本では、人をカテゴリー分けすることが好まれるように感じます。
年齢・年代別、独身か既婚か、子供がいるかいないか、職業別、住む場所etc・・・
そして、どこかで色眼鏡をかけて人を見てしまい、
振り分けを行う。


私などは、子供がいない主婦で40代。
今の世の中ではまったくマジョリティーではない存在だと思いますが、
私自身は、実はそういうことをあまり気にしていません。

でも、周囲の友人知人で同じような境遇の人の中には、
そういう自分を認められなくてとても悩んでいる人が少なからずいます。
なぜ、そんな風に外側からの目を気にして、自らを否定してしまうのか、
あなたはあなたで素晴らしい人なのに、と
話を聞くたびに哀しい思いになることがこれまで度々ありました。


誰も褒めてくれなくても、
自分らしく、工夫して愉しく生きる。
これは私の元来のモットー。
人から見たら、どうってことないことでも、
自分にとって大切なことをひとつひとつ大事に抱きしめて生きれば、
嫌なことがあっても、自然と心が整い、明るい気分になれるものです。


実生活ではなかなか口にできない、そんな思いもずっとどこかにあって、
秘かにネット上で綴っていたのかしらと
今になって思っています。


自分が生きている証を記したい、
自慢や自意識過剰とはちょっと違う、
人間にはそんな欲求がそもそも備わっているのかしらと思ったりもしています。



b0362781_11254601.jpg

さて、今朝はキッチンの掃除をしました。
マイキッチンは、年季の入ったドイツ製のシステムキッチン。
もっと大きなキッチンが欲しいのですが、それは将来への夢として、
日々火と水と油と熱に晒されるキッチンは、時折念入りなお掃除が欠かせません。

コンロ周りはまるでコックピットのように、普段よく使う調理器具を並べています。
上の写真は、毎日使う木のへら。
中には独身時代から使っているものもあって、かなりの使用感です。(笑)
陶器製のポットに入れてコンロの脇に置き、すぐに取り出せる態勢を保っています。


b0362781_11255528.jpg


この木のへらは独身時代から使っているもの。
もう変形して、真っ黒になって、柄の部分もところどころ焦げています。笑
人によっては捨てちゃったりするのかもしれませんが、
わたしにとっては宝物。
だって使いやすいし、いろんな思い出が詰まりに詰まっていますから。

キッチンクロスは可能な限り、アイロンをかけます。
これは海外生活で友人に教わって以来の習慣になっています。
私にとってアイロンかけは、大好きな家事のひとつです。
因みに以前は下着にもアイロンをかけていましたが、
さすがに今はやめました。


b0362781_11260980.jpg

この陶器のポットは、
ドイツのシュプレーヴァルトという自然豊かな運河の街に旅した際、出会ったもの。
ドイツ人の友人たちと大勢で共に旅をしたのですが、いいところでした。
旧東独の地ゆえに、旧西側の観光地とはいろいろと様相が違っていたのですが、
素朴さが残る素敵な場所でした。
旅の途中で、こんな重いものをよく持ち帰ったなあ、と思いますが、
ビビビっときたものに関しては即断即決の私。
大切に使っています。
ブルーのポットは花瓶としてもよくリビングに置いています。



想い出や愛着がこもったものを大切に使う、
自己満足なのですが、小さな幸せを感じる瞬間です。





[PR]
by mahoroba-diary | 2018-05-29 12:13 | つぶやき | Comments(26)

少しお休みいたします






昨日、早朝にブログの記事を投稿した直後、
愛犬の具合が急に悪くなり、
今まで経験したことのない激しい発作に見舞われ、
とるものもとりあえず、救急病院に駆け込みました。


オットさまは幸いにも出勤前で、
愛犬のあまりの変貌ぶりに大変なショックを受け、
すぐに車を出してくれて一緒に病院へ向かったのでした。


そこで応急処置や、各種の検査をして3時間くらいを過ごした後、
かかりつけ医に駆けつけ、
再び診察をしていただきましたが、
まずは急性の症状の緩和のため、クリニックに愛犬を預けることになりました。


お昼前から夜まで、半日の入院の間、
2人で自宅に戻りましたが、
愛犬のいない我が家、あまりに急に起こった出来事、
医師から告げられた様々な所見、
今後するべきこと、などを話し合いながらも、
なかなか事態を受け止められず、
2人で子供のように泣きじゃくっていました。


今週は来週までぎっしりと大切な用事が詰まっていたオットさまだったのですが、
理解のある職場、様々な方のお助けにより、
かなりの予定を変更することができました。


夕方、愛犬を迎えに行くと、彼は眠ったままでしたが、
耳元で名前を叫ぶと、急に反応がありました。


そのままクリニックに預けることもできましたが、
熟慮の上、万が一のことも考え、
自宅に連れて帰りました。


帰宅後、愛犬の実家であるドイツのブリーダーさん親子とスカイプで話し、
経緯を報告した結果、
彼らの所見は、救急病院やかかりつけ医から伝えられたこととは、
まったく違っていました。


スカイプで、愛犬の様子を映しながら、
いろいろな指示をいただき、処置を進めていきました。
そうしたら、もうダメかもと思っていた愛犬の様子が、
少し緩和されたようなのです。


まだ詳細な病状はお話できませんが、
かなり稀な病気であることは間違いなさそうです。


懐かしいドイツのブリーダーさんのお顔と声と言葉に触れて、
それまで張りつめていた私の心は解きほぐされました。
何代も厳格なブリーディングを続けてこられた
心から尊敬するブリーダーさん、
今回のことで、本当に犬たちを愛しているのだと痛感しました。
「赤ちゃんを撫でるように、優しくなで続けてあげて。」
そういう傍ら、画面の向こう側から
何時間も愛犬の名前を呼び続けてくれました。
そして彼女に言われた通り、昨晩からずっと、
時折スポイトで水をあげながら、体を優しくなで続けています。


そんなこんなで昨日の早朝から今まで一睡もできず、
ほとんどなにも食べずに過ごした怒涛の一日でした。


この13年近く、
苦楽を共にし、国をまたいで生きてきた
かけがえのない相棒、
現実に対処する「今」の自分と
時折、号泣しながら、「過去」を想い出す自分と
いつかはくるとわかっていた「未来」の自分が
交互に入れ替わって、
時折涙がとめどなく流れてしまいます。


共倒れしないように、今日はなにか食べなくてはと思いますが、
しばらくの間、食日記はお休みさせていただきます。


いつも見に来てくださった全ての方に、
この場をお借りして心より感謝申し上げます。





ブログをご覧いただき、ありがとうございまず。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-03-13 05:59 | つぶやき | Comments(58)

鎮魂と祈りの日






鎮魂と祈りの日。



b0362781_11005365.jpg

今日はブログの投稿をお休みいたします。











[PR]
by mahoroba-diary | 2018-03-11 11:08 | つぶやき

夏休み満喫中






オットさまの夏休みに合わせて、
私もお料理や家事は少々お休みさせていただきながら、
夏休みを満喫中です。



今週いっぱいは日常からすこし離れて、
充電の時間にしたいと思います。



こんなにお天気のすぐれない、涼しい8月は珍しいです。
夕方などはすでに秋の気配が漂っています。



今日は数年前の8月に訪れた北海道十勝の風景写真を載せますね。


b0362781_07510505.jpg

木立の中で時折リスが歩き廻っていて可愛かったです。
愛犬も大喜びでした。



b0362781_07524402.jpg

紫竹ガーデンにて


b0362781_07531313.jpg

十勝は広大な畑が広がる、日本の食糧庫。
1週間の滞在中、レンタカーをしてあちこち走り廻りました。


b0362781_07560871.jpg

とても気に入っている写真です。

ドイツの風景ととてもよく似ていました。






皆様も、どうぞ素敵なお盆休みをお過ごしくださいね☆








ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-08-14 08:01 | つぶやき


夕方、ふと空を見上げると束の間の晴れ空が、、、


今朝は朝から曇っていたので、妙に嬉しくベランダに出て一枚撮ってみました。


b0362781_19215598.jpg
なんだか絵画の背景のようなブルーだなあ、としばし見とれました。
雲はあるけれど、やっぱり青い空って美しい、、、。


b0362781_19241404.jpg

雲の間に見える青い空を眺めていたら、ボッティチェリの絵を思い出しました。
昨年の1月に東京都美術館で開催されたボッティチェリ展の分厚い画集。
大好きで、ずっと自室の書棚に飾っています。


b0362781_19270593.jpg
ボッティチェリ
書物の聖母子

イタリアには過去何度となく通いましたが、
この絵はこの展覧会で初めて鑑賞しました。


b0362781_19253654.jpg
フィリッピーノリッピ
幼児キリストを礼拝する聖母

ボッティチェリは、彼の父フィリッポリッピの
兄弟子だった。これはフィリッピーノの1478年の作品。
とにかくこのブルーが美しくて実物に見惚れました。
マリア様の表情もなんとも言えない美しさに満ちていて、、、


b0362781_19335272.jpg


ベルリンの絵画美術館にあるボッティチェリの後期の作品。
在住中は、よく通っていた美術館です。
絵画の写真撮影が許されています。


b0362781_19404314.jpg
ボッティチェリの自画像


依頼を受けて制作した自作の絵画の中に、
自分の姿を描いて残す。
まるで、数百年後の我々と絵の中で向き合うことを知っていたかのように。



都議選の選挙カーの大音響の演説に辟易しながらも
画集を紐解き眺めていたら、
あっという間に静かに、そして真っ暗になっていました。




皆様、どうぞゆったりとした金曜日の夜を過ごされますように、、、







[PR]
by mahoroba-diary | 2017-06-30 19:54 | つぶやき

日々の諸々を綴ります


by mahoroba-diary
カレンダー