2017年 05月 31日 ( 1 )



昨日は、ほとんど自宅で過ごしましたが、日中は暑い一日でした。

家にある材料で、体が欲するものを作りました。


b0362781_08304040.jpg
夕方になって涼しい風が吹いてきます。
お昼は抜いて、早めの夕食にしました。


b0362781_08342415.jpg
筑前煮

自分でいうのも変ですが、かなり絶品の出来になりました。
できあがりを試食して、うーーーん、美味しい!!
隠し味に、一昨日らっきょうに使った黒糖を使ったのですが、
得も言われぬコクが出て、まったく別物の味わいに仕上がりました。
今度はこれで豚を煮よう、と決めました。その際は焼酎をつかおう。

材料は、鹿児島の地鶏もも肉1枚、新ごぼう1本、人参1本、
生椎茸2枚、玉こんにゃく1P

調味料は、出汁、きび糖、黒糖、醤油、酒、みりん

最初に、火の通りの悪い野菜から炒めますが、昨日は、蓋を使って
ところどころ蒸らし炒めしながら火を入れました。
ごぼう→人参→鶏肉→椎茸→玉こんにゃくの順に加え、出汁を注ぎますが、
出汁はひたひたに入れます。そして中央にすこしくぼみをつくって
出てきたアクをすくいます。
若い頃は、こういう煮物が不得意でした。
出来上がったとき、すべての具材がほどよい柔らかさで煮崩れないこと、
しっかり味が入り込んでなお、甘すぎず、辛すぎず。
そのためにはレシピに頼りすぎず、分量はその場その時で減らしたり足したり、
五感を使って仕上げていくことが大事だと思います。

オットさまも、食べて一言、
おいしい~、いつものと全然味が違うね~
黒糖を使ったの、と言うと40秒くらいしてから、
ほ~黒糖ね、黒糖。
ほんとうにわかっているかは不明なのですが、(笑)
おいしい~の一言に支えられています。



b0362781_08442052.jpg
海老とズッキーニのチーズ焼き

海老はあらかじめボイルして、ズッキーニのスライスと交互に並べ、
にんにくの粗みじん切りをかけて、シュレッドタイプのモッツアレッラを
かけて、オーブンで10分ほど焼きました。
チーズは控えめにかけましたが、出来上がりはニンニクの香りがほのかにして
海老はプリプリ、ズッキーニは柔らかくちょっとした副菜になりました。
残った分は今日の昼食に使いましょう。

b0362781_08470648.jpg
きゅうりと若布の甘酢
トマト

先日仕込んでおいた、昆布酢がいい塩梅にとろりと熟成されています。
その昆布酢と醤油数滴を合わせて薄く塩もみしたキュウリと若布にかけます。
トマトは福岡のうまかトマト とても大きなトマトでした。
フルーツ系のトマトと違って、昔食べたようなトマトらしいお味でした。

昆布酢は、酢1カップ、砂糖大さじ3、塩小さじ1 昆布2.5センチの角切り20g
松本忠子先生のレシピでつくらせていただきました。
砂糖はきび糖をつかいました。
(昆布はすこし少な目でも十分味が出ます)
昆布以外の材料を一度煮立たせて、昆布を入れた保存容器に注ぎ、
粗熱をとって冷蔵庫で保管します。


b0362781_08515075.jpg
黒糖をつかった筑前煮を試食した瞬間、
芋焼酎と合わせようと決めていました。
鹿児島の芋焼酎を水割りでいただきました。
コクのある味わいの筑前煮ととてもよく合い、唸りました。
頭の中は南国になりました。別世界です。


今年の夏もどうやら酷暑になりそうなので、
頭を切り替えて南国の食材も少しずつ取り入れていこうと思っています。
混ぜ物のない黒糖、いままであまり馴染みのないものでしたが、
すこし加えるだけでも、胎が座るような、
心地よいずっしりとした安定感を感じます。
手間のかかる昔ながらの製法でつくられたさとうきびのエキス、
食べ過ぎはよくないですが、
少しずつお料理に加えて試してみようと思っています。
同時に、今年の夏は八丁味噌や甘酒のお力も借りたいと思います。
我が家なりの真夏を乗り切る食事、考案中です。


オットさまも終日骨休めが叶ったようです。今月は忙しすぎました。
それでも、時折スマホ片手にメールのチェックなどしています。
食事も大切ですが、体を横にして休むことも大事ですね。
ブログを拝見していると風邪が流行っているようですね。
通勤通学など人混みで、
否応なくウィルスをもらってしまうことも多いのかもしれません。
わたしも気を付けて過ごそうと思います。


今日で5月も終わりですね♪
皆様も5月最後の水曜日、良い一日をお過ごしください~~




ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-05-31 09:47 | 夜ごはん | Comments(4)

日々の諸々を綴ります


by mahoroba-diary