想い出のピアス







今からだいぶ前、ギリシャのとある島へ旅したときのこと。



エーゲ海の真青な海を眺めながら、
また、ギリシャ文明よりも古い歴史を持つその地の遺跡や風景を訪ね、
その場に漂う未知の歴史感覚に身を委ねて時を過ごした。



黙ってビーチに寝そべって過ごしても良いリゾート地だったが、
好奇心が強く、初めて訪れる地では、そのような過ごし方はまるでできない私たち夫婦。
レンタカーを借り、それほど広くない島の隅々を走って廻った。



遺跡や自然の風景を堪能し終えてから、
小さな街中を散策していると、
とある宝飾店の前を通った。
ウィンドウディスプレイにはそれまで見たことのない、
独特の感性と技術で作られたゴールドジュエリーがずらりと並んでいた。
心の琴線に触れ、店内へ入っていろいろと見せてもらうことに。



b0362781_10120925.jpg


その時に出会ったゴールドのピアス


とても気に入っていて大事にしている。





b0362781_10115260.jpg


18Kだが、チェーンの部分や留め金がしっかりとしており、
手にするとかなりずしりと重みがある。


ピアスの留め金の部分には小さなサファイアが、
そしてトップの部分は細かな細工がなされていて、
中央部に小さなダイヤが埋め込まれている。



店員さんは、
「今のあなたにはこのままつけてもいいけれど、
歳を重ねて飽きが来たら、チェーンの部分をはずして短い丈にリフォームしてもよいし
トップの部分をペンダントヘッドに作り替えてもいいですよ。」


なるほど、と思った。
そして今、まさにそんな気分になっていて、
近々リフォームに出そうと思っている。



b0362781_10122223.jpg


実は、そのときに、
もうひとつ、かなり大ぶりのゴールドのピアスも気に入り、
迷ったのだが、その時の私には少々大げさ過ぎると感じたし、
オットさまは買ったらと言ってくれたが、
当時の私にはかなりお高いものでもあった。


今でも夢に出てくるほど、
素敵な細工の施された大ぶりのゴールドのピアス。


結果として、買わなかったのだが、
その時に店員さんが私に言った言葉は、今でも忘れられない。
「このピアスは高いけれど本当によいお買い物になると思いますよ。
今のあなたにはまだ早いと感じるかもしれないけれど、
このピアスはあなたのミドルエイジ以降の生活をきっと豊かに彩るでしょう。」


ギリシャ彫刻のような彫りの深く美しい顔立ちの女性の店員さんは、
涼しい顔で、そんな言葉を呟いたのだった。



今になって思う。
彼女の言ったことは本当だったと。



あの時以降、あのピアスに匹敵するものには出会っていないし、
あのピアスがあれば、歳を重ねていくのがより一層愉しみになり、
想い出とともに、身に着ける喜びもひとしおだったに違いない。



この小さなピアスを見るたび、
先見の明に満ちたあの店員さんの言葉を想い出す。



いろんな思い出が詰まった小さなピアス。
これはこれで、リフォームしたら、
黒や濃紺の金ボタンのジャケットに合わせて、
耳元をさりげなくクラシックに装いたいと思っている。
















[PR]
Commented by yuuko-shigejirou at 2018-10-12 11:23
mahorobaさん、こんにちは。
まるで小説のワンシーンを読むような気分で繰り返し拝読しました。宝飾店の美しい女性の言葉も素敵☆
どんなピアスかと色々想像しました。
こちらのピアスも素敵なデザインですね。そして、リフォームされた後のデザインも楽しみです。
またmahorobaさんのコーディネイトを拝見できるでしょうか?
楽しみです♪
Commented by mahoroba-diary at 2018-10-12 11:48
shigejirouさん、こんにちは。
素敵なコメントをいただき、誠にありがとうございます♡
その大ぶりのピアスは、どうにも形容しがたい独特の形で、細かな細工が施されていました。
本当に夢にまで出てくるほど、私には素敵と思えましたが、当時は自分がマダム世代になることをよくイメージできていませんでした。
このピアスはチェーンをはずして、短くしようと思っています。
欧州の宝飾店の店員さんは、良いお店ほど会話が粋であることが多いと思います。
それも含めて想い出となり、身に着ける喜びとなることを彼らは知っていると感じます。
ジュエリーは肌に身に着けるものゆえ、そして長く愉しむことができるものゆえ、妥協せずにしかし出会ったら即断できるように日頃から目を養いたいと思わせられた、若かりし頃の想い出が詰まっています。
Commented by kobacken at 2018-10-12 13:05
なかなか行かれない土地での出会い(人も物も)
その時の自分の状況と、今の自分とのギャップに後悔することありますね〜。笑
でも、その時の自分がそう思ったことなら、それはそれで正解なんだと思います。
だって、自分の人生だもの。。。みつお風になるかな?笑

でも、長いチェーンをゆらゆらさせている初老のご婦人をみかけると、本当に格好いいなって思うの。
まだまだ初老じゃないけど、それまでそのままでいて欲しいな、とH子の願い。
だってだって、そのデザインがベストだと思いますもん。
サファイアの留め金部分が本当にお洒落ですねぇ。
そういう小粋な感じと、長いチェーンがクールビューティな感じで好きーーー。
で、クールなのにトップの細工が繊細でキュート。

実は、私もギリシャの島でピアスを買いまして・・・笑
やはり金属の感じがどっしりしていたなと、帰って見てみようと思いました。

おおぶりのピアス、オット様が買ってくれたら良かったのに!と思うH子なのでした。
Commented by mahoroba-diary at 2018-10-12 16:47
H子さん、こんにちは。
ありがとうございます!そうですね。その時にそれをいいと感じた自分も自分の人生のうちですよね。
これはこれでいいと思うのですが、この頃ゆらゆら揺れるデザインがなんとなく合わなくなってきたと感じるのです。一度はずしてとっておき、また戻しても良いかなと。。。
でもH子さんはかっこいいご婦人がゆらゆらピアスをされていらっしゃるのご覧になったのですね。似合う方には絶対に似合うでしょうね。。。ゴールドは歳を重ねた方がこっくりと肌に馴染む感じがあると思います。そうなんです!小粒のサファイアが耳元を絶妙に引き締めてくれます。紺の服にもよく合うし、白いシャツにも清潔感が出ると思います。H子さんにこうして褒めていただくと、迷っちゃいますよ~~。ご意見お聴きできてブログにアップしてホント良かったです♪
わーい、H子さんもメイドインギリシャのピアスお持ちなのですね♪ギリシャってゴールドのジュエリーがなかなか素敵なのがたくさんありませんでしたか??私は可能ならいつかまた行って買い物したいくらいです。質もとても良いものがありますし、なんていうかケチケチしていない作りで、ずっしりと重さがありますよね。
その時主人は、買ったら?と言ってくれたのですが、私が遠慮しました。買ってもらえばよかったですね。(笑) あの時には、マダム世代の自分が全く想像できなくて、分不相応だと感じました。。。今となっては地団駄を踏みつつ(笑笑)、良い教訓となりました。
Commented by funicolare at 2018-10-12 18:15
こんばんは。

>揺れるデザインがなんとなく合わなくなってきたと感じる

よくわかりますが、その頃の自分にすぐに戻れるツールとしてそのままにしておくのもまたステキなことですね。
Commented by mahoroba-diary at 2018-10-12 18:26
funicolareさん、こんばんは。
なるほど、、、そういう考えもありますね~~♪
なんとなく形を変えて身に着けたい気持ちが強かったのですが、もう一度よく考えてみます。
ご助言ありがとうございますっ♪
Commented by Diary-17 at 2018-10-12 19:46
こんにちは。
私達も若い頃は旅行先ではレンタカーを借りてあちこち地図(当時はナビが無くて)を見ながら周りました。
ホテルのプールサイドで一日中寝そべっていられないタイプです。笑
旅に出たら現地の人達とも触れて色々な事柄を生で吸収したいですね。

私もちょっと似た経験が有ります。私の場合、買わなかった理由はクレジットカードの利用範囲金額を超え過ぎていたのです。
翌日は帰国だったので時間切れでした。あの時勢いで買っていれば良かったけれど、今は無くても生きていけると価値観も変わりました。笑
でもね、時々思い出すのですよ〜。「あの時!」ってネ。

イヤリング、リモデルしてもっと身に付けて楽しむのも良いなと思います。
Commented by mahoroba-diary at 2018-10-12 20:35
Diary-17さん、こんばんは。
嬉しいコメントをいただき、誠にありがとうございます。
ダイアリーさんご夫妻も寝そべっていられないタイプでいらっしゃいましたか!
そうなんです!まったくもって仰る通り、旅では現地の人たちとも触れ合って、生の情報を吸収し、いろんな経験・体験をしたいですよね♪昔はナビもなく、私もミシュランなどの大きな地図を広げて、助手席ドライバーをしながら珍道中を繰り返しました。笑 でも、それも今となっては貴重な想い出となっております。
そうでしたか、、、ダイアリーさんにもそのようなご経験がおありだったのですね!
ダイアリーさんがお気に召されたお品は、さぞさぞ素敵な一品だったことでしょう。。。
確かに、なくても生きていけるものでもあるのですよね。ただ店員さんがあまりに粋な言葉を発したので、このピアスを見るたび、その大ぶりのゴールドジュエリーをついつい思い出してしまいます。笑 今日は皆さまからいろんなご意見頂戴して、リフォームするかどうか再考しています。自分の今の気持ちに沿うべきか、最初の形に留めるべきか、、、チェーンの部分はそのまま残すこともでき、また再び戻すことも可能なので、一度形を変えてみたい欲求がやはりあります。
ダイアリーさんの先日のワイルドなお旅、本当に素晴らしかったです。拝見していて、こちらまでワクワク・ドキドキ、、、旅は自分の中のフロンティアを開拓するものでもありますね。ダイアリーさんのファッションがいつも素敵すぎて、いつもたくさんの貴重な刺激をいただいております。

Commented by etigoya13-3 at 2018-10-12 23:40
まほろばさんこんばんは。
ご自身の琴線に触れるというところがすでに縁があったんですね。
そしてジュエリーの歴史が長い欧州ならではの店員さんというか、自分の売っている商品へのしっかりとした愛情と理解があっていいお店だったのですね。
買った時の思い出がすぐに蘇る素敵な出会い、これからもまた寄り添ってくれるのだろうなと感じました。

ちなみに私は1カ所でのんびりただ読書するとか手作業をするとかが好きです。
もちろんたっぷり時間がある旅行の時はウロウロするのも好きなのだけれど。
あ、でも最近行くとこと言ったら自然しかない場所が多いからかもしれません。苦笑
Commented by mahoroba-diary at 2018-10-13 10:12
越後屋さん、こんにちは。
そうですね。見た瞬間に相性の良いものってだいたいすぐにわかりますよね。
欧州の宝飾店では、店員さんと気の利いた話ができることが多いですね。もちろん買う気を持って入らないといけないですし、分相応であることが前提ですけれども。ギリシャは欧州というよりも、アジア、中東っぽい雰囲気、ギリシャ文明よりももっと古い文明の影響を色濃く残しているジュエリーが多いと感じました。旅先で出会ったものはなんであれ、想い出が宿り、眺めるたびにいろいろ想い出し寄り添ってくれますよね。
越後屋さんは、1箇所派でいらっしゃいますか。私も何度も訪れたことのある場所では読書や散策程度で満足できるのですが、初めての場所では、好奇心がウズウズして、すぐにパトロールが始まります。笑笑 自然の中で過ごす旅も良いですね、、、特にこれからの季節なら、虫が苦手な私も森や林の中で過ごしたくなりますよ。
Commented by cherry2005 at 2018-10-13 11:11
こんにちは!
素敵な旅の思い出がいっぱいの
ピアスなのですネ ♪
最近~揺れるデザインのピアスも流行っている
みたいですので、そのままでもいいし・・・・
リフォームして雰囲気が変わるのも楽しみですネ☆
いろいろと考えている時間が、また楽しかったり
しますネ(^^) 

歳を重ねるのが楽しみになったり、身に着ける喜び
を感じられるモノと出会ってみたいです ♪
これもご縁でしょうか!
Commented by mahoroba-diary at 2018-10-13 11:49
cherryさん、こんにちは!
素敵なコメントをいただき、ありがとうございます♡
そうですか、最近また揺れるピアスが流行っているのですね♪♪
だいぶ前にも流行り、私も何個か持っているのですが、最近はちょっと気分的に揺れないデザインの方に気持ちがシフトしているのですよ~。皆様からご意見を頂戴し、今一度考えてみるよい機会になりました。そうなんです!ジュエリーのリフォームも、いろいろと考える過程が愉しかったりしますネ。こんなことについつい心を向けてウキウキしています。笑
by mahoroba-diary | 2018-10-12 11:00 | 好きなもの | Comments(12)

日々の諸々を綴ります


by mahoroba-diary
カレンダー