あたたかな音の夕べ







昨晩は、都内某所で行われたチャリティーコンサートに出かけました。



知る人ぞ知る、欧州の素晴らしい室内楽団による音楽の調べに、
心行くまで酔いしれた夕べでした。



あたたかく、そして開かれた音の響き、
美しいハーモニーと音のシャワーを思う存分浴びて、
久しぶりに聴く生の弦楽器の調べに心から感動したひとときでした。



終演後は、チャリティーの趣旨にも賛同して、
観客それぞれ幾ばくかのお金を寄付する、
主催者や音楽家の方々のご尽力がなければできないことですが、
そこに集った人々は皆一様に大満足の笑顔。
素晴らしい試みだと感心しました。




b0362781_09540367.jpg


終演後は、ひょんなことから、
奏者の方々数人との会食に参加させていただき、
かなり遅くまで、彼らとの会話を愉しみました。



1年のうち、約1/3は欧州や世界各地を演奏旅行しているという彼ら。
普段の生活や、趣味の話、
楽団員としての喜びと苦労、
食べ物の話などなど、
終始明るく笑いの絶えない時間を過ごさせていただきました。
彼らのお人柄の一端に触れさせていただき、
その温かみとシンパシー溢れる演奏に心から納得したのでした。



気がつけば真夜中近く。
平日の都会の雑踏の中で、
お別れと感謝の握手を交わし、
長く手を振り合いながら、
お互いを見送ったのでした。














[PR]
Commented by aitoyuuki13 at 2018-10-10 12:40
奏者の方々との会食、素晴らしい時間を過ごされたのですね
うらやましい限りです

私も奏者の方とお話しさせて頂いたこともありますが
なかなか共通の話題がなくQ&Aになってしまいました^^;
Commented by mahoroba-diary at 2018-10-10 12:48
aitoyuukiさん、こんにちは!
今回は、ひょんなきっかけから会食に参加させていただくことと相成りまして、誠に貴重な時間でした。
音楽家や芸術家の方々の中には、かなり神経質な方も時々いらっしゃいますが、昨晩の面々は凄い方々なのに、とっても気さくでフレンドリーな方々で、私も音楽や料理や旅、歴史が好きなので場が盛り上がりました。欧州の方々はジョークのセンスも光っている方が多くて、話していて愉しいです。いろんな国を廻っていらっしゃるので、心がとてもオープンで日本のこともすごくよくご存知です。
by mahoroba-diary | 2018-10-10 10:34 | 音楽 | Comments(2)

日々の諸々を綴ります


by mahoroba-diary
カレンダー