人気ブログランキング |

まほろば日記 日々の諸々を綴ります

秋の花と音楽と







昨晩の、外出先からの帰り道。

空はどんより曇っているし、とても肌寒く、
バッグに忍ばせていた薄いウールのショールを首に巻き付けて、
足早に帰宅を急ぐ。


歩きながら、
久しぶりに会って話をした知人に最近起こった出来事を
何度も頭の中で反芻する。


いろいろと物思いにふけりながら歩いていると
ふと花屋が目にとまり、秋の花を選び持ち帰った。




b0362781_09360440.jpg


帰宅してすぐにざくっと活けて、リビングに飾る。




b0362781_09362067.jpg



ダリア、吾亦紅、フジバカマ



これから本格的な秋の始まり。
1年で最も好きな季節でもある。



b0362781_09363426.jpg



夕食を愉しみにしているオットさまのためにすぐに食事に取りかかる。


昨晩の料理作業中のお供は、
ナタリー・シュトゥッツマンのラヴェル・ドビュッシーの歌曲。
肌寒い中歩いたら、彼女の深くビロードのような芳醇なアルトが聴きたくて。


ドビュッシーの歌曲は、フレーズもピアノの伴奏も本当に粋で美しい。
秋の夜には、人の声と煌めいた色香の漂うメロディーがよく似合うと思う。





b0362781_09364989.jpg



一夜が明けたら、今朝は、見事な秋晴れ。


ああ、どこか自然の中に出かけたい、と思って週末のお天気を確かめたら、
残念ながら雨なのですね。。。


空が青いと心まで晴れる。
人生は愉しまなくては損!と心から思える今日。
今日は今日のことだけ考えて過ごそうと思う朝なのでした。











Commented by aitoyuuki13 at 2018-09-28 12:35
先日アリス・紗良・オットのリサイタルを聞いてきました
ドビュッシーやサティー、ショパンのノクターン
秋の夜長をイメージする展開
ステージもぎりぎりまで暗くして演奏してました

エレガントだけど、そつが無く、無個性ってイメージのアリスちゃんでしたが
今回は煌めき感や、粒立ち、色彩感が豊かでかなりレベルアップしてました
それにしても日本語がとても堪能でしたよ(^^)
Commented by mahoroba-diary at 2018-09-28 13:50
> aitoyuuki13さん
aitoyuukiさん、こんにちは。
アリス・紗良・オットさんの生演奏をお聴きになったのですね。
彼女の演奏をだいぶ前に聴いたことがありましたが、今は随分大人になられたのでしょうね。
ドビュッシーやサティ、ショパンのノクターン、私も秋になるといつも聞いている曲ばかりです。昨晩はドビュッシー、ラヴェル、その前はやはりサティをかけていました。ついつい聴きたくなるんですよね。秋の夜長にぴったりだと思います。
ステージをぎりぎりまで暗くしての演奏、それはさぞかし素敵な雰囲気を醸し出されたでしょうね。クラシック音楽はどんどん聴き手が減っているようですが、新しい手法を取り入れて、本来の煌めき、色彩感、ドキドキするような音の美の世界で満たす場を若いアーティストたちにどんどん創っていただきたいです。
by mahoroba-diary | 2018-09-28 10:12 | Comments(2)