リムの形







わたしのカトラリーと洋食器へのささやかなこだわり、
それは、縁(リム)のスタイルです。



まだお料理も家事もろくに把握できていなかった20年近く前、
とある銀を扱うお店の、恰幅の良い眼鏡を掛けた、年配の女性の店員さんと
何度も何度も話し合いを重ねながら、
20種類以上もある様式の中から、一つを選び出す選択をしました。


熟慮の上、選んだのは、
18世紀後半に欧州で流行した、
柔らかい曲線が印象的なとある様式のものでした。


その店員さんは、
「この様式に合わせるなら、このようなリムのお皿が合いますよ。」と
テーブル関連の書籍の写真を引き合いに、様々なサンプルを見せてくださり、
懇切丁寧に説明してくださいました。


b0362781_09532851.jpg


b0362781_09535387.jpg


b0362781_09541375.jpg


b0362781_09550742.jpg


b0362781_09544883.jpg


b0362781_09542981.jpg




洋食器はこの10年間ほど、ほとんど購入していませんし、
たくさんの種類は持っていないのですが、
ほとんどすべての器の縁(リム)は、このように、
カトラリーと合わせて穏やかに曲線がついたものを選ぶことにしています。



欧州の友人知人のお宅を訪問すると、
それぞれインテリアやテーブルに様々な様式を取り入れていて、
とても興味深かったのを覚えています。
バロックやロココ調、
エンパイア様式、
ビーダーマイヤー、
ユーゲントシュティールやアールヌーボー、
アールデコ、
ミッドセンチュリー
北欧モダンなどなど、
それぞれのお宅にこだわりがあり、
普段は食事も衣服もとても質素なのに、
お家の中はどこもこだわって暮らされている、、、
どのお宅も鳥肌がたつほど素敵でした。


地震や災害の多い日本では根付きにくい文化だと思うし、
なんでもかんでも西洋の真似をすればよいわけではないとも心底思っていますが、
様式を意識すると、生活が愉しくなることも事実。
制約も多いし、すべてが実現するわけではないけれど、
ものを選択する際の基準のひとつにしています。


今日は洋食器について触れてみましたが、
今年は明治維新から150年だそうです
生活の中で、なにが日本的なのか、
日本人は西洋的なものをどのように取り入れているのか、
そんなことにもとても興味を持っています。








[PR]
Commented by Blue-salvia at 2018-06-09 17:56
mahorobaさん、こんにちは〜♪

カトラリーのデザインと、食器の縁が本当にピッタリと合いますね。欧州では、各家庭も様式美に合わせる、根付いた文化があるのですね。これは一朝一夕に身に付くものではないですね。

若い頃に色んな体験をなさって、mahorobaさんの今の生活スタイルが出来たのですね。私はお料理が得意ではないため、食器も良い物を持っていません。しかし、義母は沢山ではありませんが、良い物を持って大切にして来ました。皆さんのブログを拝読すると、食器も代々大切に家族の中で受け継がれているようなので、私も義母の食器を大切にお借りして、買わないようにしています。
Commented by mahoroba-diary at 2018-06-09 19:53
> Blue-salviaさん
サルヴィアさん、こんばんは。
温かいコメントを頂きまして、ありがとうございます。
サルヴィアさんのブログでお義母様の素晴らしい食器を拝見したことを覚えております。
ご家族が大事にされてこられたものを大切に使われる、本当に素晴らしいことだと思います。
欧州の友人知人のお宅では、やはり代々大事に使われた家具や食器、カトラリー、テーブルクロスなどなどを見せていただき、素晴らしいことだなと肌身に感じました。
日本にも、着物や家具、食器、漆器など受け継ぐことのできる多くの誇るべき遺産が数多くあると思います。歴史を学びつつ、過去の様式も現代に取り入れることができたらいいなと、常々思っているところです。
Commented by urontei at 2018-06-10 05:34
カトラリーと器の縁の関係、ナルホド、と感じ入りました。
日々使う皿はどうしてもちぐはぐなものになりがちで、どうかするとフライパンから直接、なんて野蛮な食卓になることもある我が家ですが、これからはちょっと気にするようにしてみたいと思います (笑)
Commented by mahoroba-diary at 2018-06-10 09:09
> uronteiさん
胡乱亭さん、おはようございます。コメントをいただき、とても嬉しいです♪
西洋のものは、なんらかの規則性を持たせるとすっとすることが多いと思っております。
でもそれもあくまでハレの時、普段はもっと気楽にアバウトにセッティングしていますよ~。
一方、日本の和食器のバリエーションは柄も形も西洋の比ではなく、私たちの国はなんてバラエティに富んだ焼き物大国なのだろうと思います。あ、私もフライパンやお鍋をそのままテーブルに運んでいただくことあります♪スープやシチューなど、、野趣あふれる頂き方も、好きなんですよ~
Commented by gratia-lily2 at 2018-06-12 08:23
カトラリーの様式を揃えるということ、恥ずかしながら今まで考えたことはなかったのですが、この記事を読んで知ることが出来ました。mahoroba様のあの美しい食卓はこのような美意識によって作られているのだと分かりました。ありがとうございます。
そして、揃えられたものはとても美しいと感じました。
細部にまで心配りをすること、つい日常の忙しさにかまけておろそかにしてしまいがちですが、私も何か出来ることから住まいの細部にもっと手をかけようと思いました。


ところでポゴレリチの記事、興味深く拝読しました。
私は完全に趣味の手習い程度の腕前ですが、今でもピアノは大好きで弾いているのですが、ポゴレリチはほとんど聴いたことがありませんでした。早速若い頃のCDから買ってみます。
Commented by mahoroba-diary at 2018-06-12 09:56
> gratia-lily2さん
lilyさん、おはようございます。
ありがたく、そして嬉しいコメントをいただき、ありがとうございます!
わたしはlilyさんのブログから、いつもたくさんのことを教えていただいております。
lilyさんの、ほかの誰のものでもない独自の世界がとっても魅力的です。
わたしはlilyさんのように、ご自分をしっかりと持って確立された大人の女性が大好きなのです。
私も、lilyさんのように、自分の好きなものをもう一度知り直して、自分のスタイルを作っていきたいなあ、と思っております。
lilyさんもピアノを弾かれるのですね♪♪私は3歳から習っていたのですが、最近はほとんど弾かなくなってしまいました。でも音楽を聴くのがとても好きなんです。ポゴレリチは奇才とか言われていますが、私にとっては天才で、特に90年代の演奏が好きです。よろしければぜひお聴きになってみてください♪♪♪
by mahoroba-diary | 2018-06-09 10:38 | | Comments(6)

日々の諸々を綴ります


by mahoroba-diary
カレンダー