鶏肉のアオスタ風







 蒸し蒸しした空気から、再びカラッとした空気に代わり、
心地よい日曜日の朝を迎えました。



b0362781_06295271.jpg
鶏肉のアオスタ風



昔、母に貰ったイタリア料理の本を見て、
久しぶりに作ってみました。



b0362781_06300654.jpg

アオスタとは、
スイス、フランスとの国境にある、アルプスに面した、
イタリア最北部の小さな州(ヴァッレ・ダオスタ)の名前からきています。
(アオスタはヴァッレ・ダオスタ州の州都)
牧畜がさかんなので、チーズなど乳製品を使ったお料理が多いところのようです。


鶏むね肉は、薄くそぎ切りにして、塩、胡椒、ガーリックパウダーをまぶす。
(今回はちょっと厚くカットしてしまいました)
小麦粉を表面にはたき、オリーブオイル(またはバター)で、
両面をソテーする。(あまり焦げ目がつかないように中火で)
耐熱皿に鶏肉を並べ、上に溶けるチーズをかけ、
ブランデー、レモン汁、パセリをかけて、
200度に温めたオーブンで、チーズが解けるまで焼く。


本来は、フォンティーナというアオスタ州特産のチーズをかけるのですが、
今回は、普通の溶けるチーズをかけました。
チーズが焦げないように焼くはずでしたが、
お肉に厚みがあるため、すこし焦げ目がつくまで焼いてしまいました。
また、マルサラ酒(シチリアの度数の高いワイン)が入手できれば、
もっとイタリアっぽい味になると思います。
簡単で美味しいお料理なので、また作りたいです。



付け合わせはモロッコいんげん。
軟らかめに茹でて、オリーブオイル(バターでも)で、
塩少々を振ってソテーしています。



b0362781_06302355.jpg


ごちそうさまでした。





皆様、今日も素敵な日曜日をお過ごしくださいませ♪





ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-05-20 06:50 | 夜ごはん

日々の諸々を綴ります


by mahoroba-diary
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30