牛肉とパパイヤの炒めもの






暑くなったり、急に寒くなったり、
体調を崩される方が多いようです。


昨日は、午前中の雨の後、お昼頃に凄まじい雷鳴が轟きました。
そうかと思えば、その後は急速に晴れ間が広がっていき、
あっという間に何事もなかったかのようにお天気が回復しました。


b0362781_06241406.jpg


オットさまは、このところ仕事がいろいろと大変そうです。
昨日も大切なアポがあったようで、お疲れ様でした。


b0362781_06225263.jpg

牛肉とパパイヤの炒め物



独身時代、海外生活をする際に、母が持たせてくれた料理本数冊のうち、
2冊は中国家庭料理の本でした。
母自身も、よくその本のレシピで食事をつくってくれていました。
プロの中国料理ではなく、あくまで家庭の主婦が作る家庭料理のレシピ集ですが、
独身生活の頃から、結婚後も、繰り返しよく作ったので、
今ではボロボロになってしまいましたが、
昨日は久しぶりに紐解き、参考にしながら作りました。
このお料理も、今の時期、何度作ったかわかりません。
今の私はレシピ通りにつくる、ということはあまりなくなり、
あくまで自分の分量で作るようになりました。


詳しいレシピは省略しますが、要は、
牛肉にしっかりと下味をつけること、
焼く前に片栗粉をはたき、旨味を閉じ込めるように油通しすること、
パパイヤはあまり完熟しすぎていないものを使うこと。
(炒めているうちに溶けてきます)
レシピには載っていませんが、隠し味に国産のオイスターソース少々を加えています。
一番最後にクレソンを入れて炒め合わせています。
天盛しているのは、木の芽ではなく、クレソンの葉です。


パパイヤの酵素で牛肉も軟らかくなるように思います。
疲れて、空腹で帰宅したオットさま大喜びでした。


b0362781_06232592.jpg

空豆とマッシュルームの豆乳スープ


空豆は愛媛産、手摘みのマッシュルーム(白・ブラウン)は岡山産でした。
鶏がらスープ、紹興酒、きび糖少々、塩でつくったスープに豆乳をたっぷり加えて
最後に水溶き片栗粉でとろみをつけています。
最初に、適宜カットしたマッシュルーム、堅めに茹でた空豆を軽く炒めてから
スープ、調味料を加えています。


空豆は長時間過熱すると色も悪くなり、触感も悪くなるので、
茹でておいたものを食べる前に一番最後に加えるのも良いと思いました。


豆乳スープもたまにいただくと優しいお味で癒されました。


b0362781_06230972.jpg
長芋・胡瓜・若布の梅和え


ごま油でカリカリにしたおじゃこも一緒に和えています。
長芋は乱切りに、胡瓜は軽く塩もみしてよく水分を切ります。
梅干しを粗く刻み、一緒に和えますが、
隠し味に煎り酒もほんの数滴加えました。

適度なネバネバ感で、お野菜と海藻摂取に努めました。


b0362781_06234584.jpg
蒸し牡蠣
香味ソースがけ


まだ牡蠣が並んでいたのですかさず手にしてしまいました。
香味ソースは、搾菜、焼きえびを水で戻して刻んだもの、茗荷のみじん切りを
ごま油、醤油、きび糖、紹興酒、米酢で和えたもので作りました。
葱を切らしていたので、茗荷を加えましたが、
目先が変わり、美味しかったです。


b0362781_06235861.jpg

サラダほうれん草
トマト


他のお菜に味が乗っているので、
こちらは任意でドレッシングをかけていただきました。



b0362781_06250912.jpg

愛犬が旅立ち、もう少しで2か月が経ちます。
お肉料理(特に牛肉のとき)を作る時は、
必ずキッチンに飛んできて、私の足元にちょこんと座っていた愛犬、
そのことを想い出すので、最初の1か月はお肉料理をほとんど作れませんでした。
昨日は、写真を眺めながら「一緒に食べようね」と話しかけました。


私は動物が大好き。
犬はもちろん、猫を見ても、鳥を見ても、顔がニコニコしてしまいます。
多くのブロガーさんのところで、動物園や、鳥、愛犬、愛猫ちゃんのお写真を拝見するたび、
しばし見つめて幸せな気持ちにさせていただいております。



b0362781_06245305.jpg

昨日は、お酒はなしでした。
なぜかガス入りのお水が飲みたくなりお供にしました。




食事に感謝、
ご馳走様でした。





今朝はカーテンを開けると雲一つない快晴です。
梅雨に入る前の爽やかなひと時、
今日は清々しく過ごせそうです。




皆様、素敵な金曜日をお過ごしくださいませ♪♪♪




ブログをご覧いただき、ありがとうございました。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-05-11 07:09 | 夜ごはん | Comments(0)

日々の諸々を綴ります


by mahoroba-diary
カレンダー