中華風の夕食





平昌オリンピックでの日本人選手の活躍も
続々と伝わりますね。



連休中のある日の夕食、
中華風の味付けが恋しくなり、4品用意しました。


b0362781_08111946.jpg

青椒肉絲


今回は牛肉を使いました。
牛肉は細く切って、塩、胡椒、醤油、酒、溶き卵少々で下味を入れます。
指でもみ込むように浸透させたら、片栗粉を振りよく混ぜて馴染ませ、
油を加えよく混ぜます。
筍、ピーマンも同じように細切りにします。
今回、筍は京都産の無添加の水煮を見つけたので使ってみました。
よく熱した中華鍋に油を馴染ませ、油通し用の油を注ぎ温め、
筍、肉、ピーマンの順に入れて油通しします。
具材をザルにあげて、中華鍋にみじん切りの葱を入れ香りが立ったら、
具材を戻して炒め、合わせ調味料をいれて、完成です。
合わせ調味料は、砂糖、酒、醤油、オイスターソース、胡椒、
それに酒醸(チューニャン)という中国の発酵調味料の代わりに、
余っていた甘酒を少々加えました。
あとは水溶き片栗粉も加えてよく混ぜて使います。


b0362781_08113249.jpg
胡瓜と帆立のスープ


調味料は鶏がらスープと塩、酒少々のみ、
水溶き片栗粉でとろみをつけました。
優しい味わいで美味しかったです。



b0362781_08114444.jpg
海老とカリフローレの生姜炒め

サッと茹でたカリフローレと海老をたっぷりの生姜と共に香りよく炒めました。


b0362781_08115494.jpg
もやし炒め



もやしはひげ根をとって水で洗い、ざるに上げて冷蔵庫で冷やしておくと
シャキッとします。

その状態で中華鍋を良く熱して油を馴染ませて、
にんにくのみじん切りとともに炒め合わせました。
調味料はごく少量の塩、酒少々のみですが、
しゃきしゃきとしてとっても美味しいです。
もやしはお肌にも栄養の良い食材のようですね。




ご馳走様でした!



3連休中は、人に会ったり、本を読んだりと
夫婦それぞれ普段できないことを満喫しました。
それから、リビングの電話の位置を変えました。
最近ルーターが一つ増えて、ごちゃごちゃするのが嫌だったので、
ルーター類はまとめて棚の中に収納(放熱も考えて)、
大きな家具を移動させたので、オットさまにも協力要請しましたが、
二人ですると早くできて、配線もすっきりしたので、
とてもよい気分転嫁になりました。


さあ、また新しい1週間が始まります。
のんびり気分をリセットして、
頑張りましょう。




皆様、今日も良い月曜日をお過ごしくださいませ♪




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
宜しければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-02-13 08:33 | 夜ごはん | Comments(0)

日々の諸々を綴ります


by mahoroba-diary
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31