先日、松屋銀座8階で開催されている
『幸せをよぶ手仕事/ユキ・パリス・コレクション展』を訪れました。



b0362781_08270486.jpg



京都・哲学の道近くにあるユキ・パリス・コレクションのギャラリーには、
いつか訪れてみたいと思いつつ、まだ実現できていなかったのですが、
今回の展覧会で、ヨーロッパの古い刺繍やレース、クッション、リネン類など、
現在では見ることのできない繊細な手仕事によるお品の数々に、
うっとりと溜息しながら、時間を忘れて拝観しました。



会場を出たところでは、ユキ・パリスさんご本人もいらっしゃり、
凛とし、きびきびとした佇まい、
味わいのあるファッション、
雑誌などで拝見する通りのとても素敵な方でした。



また展覧会に合わせて、アンティークやヴィンテージのレースや布、ジュエリーを扱う
お店も多数出展していて、多くのファンで混雑していました。



特に印象に残ったのは、16世紀イタリアのレースの襟。
繊細で美しくて、、、、
400年も前のレースを眺めながら
どんな女性が身に着けていたのだろうと想像しました。



刺繍もどれも繊細で、、、
色あせてはいるのだけれど、
一針一針刺した人の想いもこもっていて、
味わい深いものでした。





b0362781_08355105.jpg


以前訪れたベルギー・ブルージュで購入したボビンレースのドイリー。
昔の繊細さとは比べ物になりませんが、ハンドメイドの品でとても気に入っています。



b0362781_08281148.jpg


大切にお手入れしていても、少しずつグレーっぽく経年変化していくのも、
味わい深いものです。



b0362781_08280157.jpg


レースは、永遠に乙女心を刺激します。



b0362781_08283995.jpg


レース以外にも、布地類は大好きで、
気に入ったものに出会うことはなかなか少ないですが、
見つけたら、とことん大切にしたい。




b0362781_08282636.jpg


シルバーのコンポートの下にレースのドイリーを敷いて、、、
白のレースとシルバーのコンビネーションもとても好き。




繊細な手仕事はどんどんなくなっていきますが、
日常の中で、人のぬくもりを感じることのできるハンドメイドの品や古い物を
身近なところに置いてさりげなく愛でる生活は、
やはり大切にしたいものだと改めて感じました。











[PR]
# by mahoroba-diary | 2018-09-17 08:47 | Comments(4)

どこかに赤を







人生は喜怒哀楽の連続。


愉しく良いことばかりでもなければ、
辛く嫌なことばかりでもない。


思い悩んだり、励まされたり、
癒されたり、鼓舞されたり、
喜んだり、打ちのめされたり、、、
そんな時間の流れと経験の積み重ねの中で、
少しづつ自分の骨格が定まってくるように感じる。





b0362781_08103003.jpg


本格的な秋へと向かう途上、
強すぎず、しかし、しっかりと意思を発揮するような
今の気分にぴったりの赤を見つけた。


唇に乗せれば、まちがいなく真紅と呼べる赤なのだが、
ほんのわずかに枯葉のような、
なんともいえない秋冬感を宿した赤。




b0362781_08105734.jpg


そんな赤できりりと口元を引き締めたら、
頬には、控えめだがしっかりと陰影をつくってくれるチークを乗せる。



b0362781_08104540.jpg


ナチュラルに、そしてマットに仕上げた肌には、
シルクのような光沢とツヤをさりげなく重ねる。



いつまでも若々しくいたいと願いながらも、
成熟したものに憧れる、
今の自分なりの決意を表現する新しい秋冬の顔。




b0362781_08095876.jpg


黒ではなく、こっくりと深い濃紺の服に、
こんな赤で手元をさりげなく彩りたい。



b0362781_08094399.jpg



薄いシャンパンゴールドのシルクサテンのトップスに
亜麻色のカシミアのストール。
そして手元にはローズでもピンクでもなく、赤。




b0362781_08101642.jpg



何事かに、
逃げずにしっかりと向き合いたい、

女性であることに新しい価値を見出したい、

人から押し付けられた価値観に抗いたい、



秘めたる自分のうちの情熱を表現してくれる赤を
いつもどこかにしのばせて。









[PR]
# by mahoroba-diary | 2018-09-15 08:50 | コスメ・美容 | Comments(8)

梨、、、潤いと香り







9月に入ってから、毎朝、梨を食しています。



b0362781_09103504.jpg


東洋医学の世界では、秋には白い食材を積極的に摂ると、
呼吸器に良いとされているようです。


中でも、梨は、夏の暑さの後で、
体に潤いを与え、体の熱を冷ます作用があるようです。


今年は、体が自然に梨を欲している感じです。




b0362781_09104894.jpg


あふれんばかりの瑞々しい潤いと、初秋の香気がほのかに漂います。




b0362781_09110071.jpg


秋の食材には、フレッシュなだけではない、
成熟した、独特の色気が宿っていると感じます。









[PR]
# by mahoroba-diary | 2018-09-14 09:21 | 朝ごはん | Comments(8)






災害が続く日本、
否が応でも備えについて、今一度考えざるをえません。


特に地震は、いつどこで発生するかわからず、
一度起きてしまうとライフラインが止まり、物流が止まり、
情報も錯綜します。

個人的に、3.11の時には、出掛けた先で大きな揺れに見舞われ、
数日間電気・水道のない時間を過ごした経験から、
災害時にテレビやスマートフォンなどの電気機器が使えなくなり情報・通信が遮断されることで、
どれほど不安な気持ちになるか身をもって体験しました。

あの時以来、
普段から、スマホの充電をこまめにし、
外出時は予備バッテリーを持ち歩くようにしています。



b0362781_13282223.jpg


手前は、今、メインにつかっている予備バッテリー。
容量は13000mAh。




b0362781_13283978.jpg

中央にはUSBポートが2口、マイクロUSBポートが1口、
右側には、iPhone・iPad用のプラグ、
左側はアンドロイド用のプラグが内蔵されています。



b0362781_13285333.jpg

充電するときは、このようにケーブルなしで、
そのまま充電が可能です。



b0362781_13290573.jpg

こちらは随分前から使っている予備バッテリー。
小さいですが、少し重くて、上記のものの3分の1以下の電気容量です。
でも、まだ使えるので、時折充電して机の引き出しに予備で持っています。



b0362781_13291966.jpg

こちらは急速充電のソケット。



b0362781_13293292.jpg


マイクロUSB対応のケーブルで、予備バッテリーの充電に使ったり、
電子書籍の充電にも使っています。
早く充電したいときに、自宅でも、旅先でも重宝します。



b0362781_13294687.jpg


こちらは自宅に常時備えてある、単三の乾電池2個で動くラジオ。
電池を入れ、電源を入れるととても綺麗に音声が入ります。
もちろん、電池の備えは必須です。



地震が発生してすぐ、瞬間的に電気が落ち、
テレビもばちんと切れ、携帯電話もほとんどつながらず、
いったい何が起きたのか、どこが震源なのかさえ、しばらくわからなかったときに、
ラジオから流れる情報は本当にありがたかったです。



暮らしの状況や環境は、人それぞれで、
それによって備えの対策も変わってくると思います。
外出時の備えと自宅での備え、
考えるのは怖いのですが、やはり目をそらさず向き合わなくてはと
気を引き締めています。







[PR]
# by mahoroba-diary | 2018-09-11 14:02 | 防災 | Comments(6)

菊はないけれど、、、







昨日は、9月9日、重陽の節句でした。

菊づくしのお料理でもと思いましたが、
まだ残暑の残る休日、
菊の花は入手できませんでしたので、
菊の花や形を型どった手持ちの器を選んで盛りつけてみました。



b0362781_08492236.jpg


日曜日でしたが、オットさまは仕事でした。
泡で、お互いの健康に感謝。




b0362781_08493965.jpg


冬瓜と鶏肉の葛仕立て



冬瓜の処理に少し時間をかけて、じっくりと火と味を染み込ませています。
我ながら大変美味しく、滋味深いお味に仕上がりました。




b0362781_08504923.jpg


少し贅沢に吉野葛を使いました。
葛は体にとてもよい食材、
夏の疲れにも効きそうです。



b0362781_08501996.jpg

秋鮭のムニエル
キャベツと霜降りひらたけの蒸し煮


鮭には塩を振り、ごくごく薄い小麦粉のヴェールを纏わせて、
バターとオリーブオイルで焼いています。
オットさまが特に喜んだ一品。
キャベツとひらたけはフレンチの技法エチュベを意識して仕上げました。
新鮮な岩手産のキャベツでしたが、
大変味わい深く、秋鮭ともぴったりでした。





b0362781_08495370.jpg


きゅうりは蛇腹に包丁を入れ、
しばらく醤油、黒酢、きび糖、ごま油、赤唐辛子とともに漬けておきました。
豆腐、鳴門若布とともに。




b0362781_08500677.jpg


今年お初のサツマイモは千葉産の紅東
ハチミツとレモンで甘さ控えめに煮ました。



b0362781_08503554.jpg


2人で会話しながらのゆっくりした夕食でした。

ごちそうさまでした。




テニスの大坂なおみ選手の全米オープン優勝、
表彰式でのスピーチを聞いて、とても感動しました。
高校野球の試合を観たときにも思いましたが、
若い選手の活躍に心から胸が躍ります。
災害が続き、なんとなく重苦しい気分が続きましたが、
元気出していこう!とエネルギーをいただきました。



今日からまた新しい1週間が始まります。
暑さもしのぎやすくなり、
明るい気分で月曜の朝をスタートしました。



少しずつ各地の復旧も進んでいるようですね。
皆様も良い1週間をお過ごしください♪♪










[PR]
# by mahoroba-diary | 2018-09-10 09:13 | 夜ごはん | Comments(6)

日々の諸々を綴ります


by mahoroba-diary
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30