オットさまの帰宅前。
その日するべきことを終えて、また、夕食の準備を終えて、
ひとり静かに音楽を聴く時間は、
わたしにとっていつもかけがえのないひとときとなります。



b0362781_09352360.jpg



昨晩の1枚。
ジャン=マルク・ルイサダのショパンが聴きたくて取り出した。



彼の演奏も20代の頃からよく聴いている。
今からだいぶ前のこと。
ある欧州の街で彼の演奏会に足を運んだ翌日、
とあるレストランでランチをとり、
席を立って振り返ると、なんとルイサダがすぐ後ろで食事をしていて、
私の顔を見るなり、破顔一笑、本当にニコッと笑顔を向けてくれたのだった。
その時の事は、私にとり、今も忘れられない良き思い出となっている。


彼の演奏は、流麗で、粋で、、、
洗練とはなにかと思わず再考させられる。
フランス的である、とも言わざるをえないだろう。
それでも、決して表層的なそれらではなく、
確実に彼自身の誠実で真摯な感受性から発していることがわかるから、
心から魅了される。
そして、なにより演奏に温かみがある。
心が開かれている。
彼のあのあたたかく、愉快な笑顔を懐かしく想い出す。



b0362781_09353838.jpg


様々な音楽家の演奏から、
人間としての理想像やあるべき姿を想像することも悪くない。
作曲家が残したスコアをどう演奏し、どう味付けをするのか。
そこには伝統があり、個人の技量技術があり、そして感性が形作る。
多分に演奏する人の人間性や人生経験も反映される。
そしてそれは演奏を聴く側のそれらと呼応する。
スタイルとはなんぞや、
ということを体感し考えるのにも、音楽鑑賞はとても良い時間になる。




少し前から、国内外のニュースに触れたり、
身近なところで起こる様々な問題に触れ、
なにかが急速に変化しているのを感じて、
時折不安を覚える。
地震や異常気象といった自然災害の脅威もある。
オリンピックを前に次々に変化していく東京のど真ん中で生活していることも
心理的に影響しているかもしれない。
なにかホッとできる、過去からの連続性の上にいる自分を無性に確認したくなる時がある。




[PR]
# by mahoroba-diary | 2018-07-19 10:29 | 音楽 | Comments(4)

焼き餃子







大変な猛暑が続いています。


暑さに身を任せていると食欲が湧かなくなりますが、
これではバテてしまうと思い、
昨日は頑張って餃子を作りました。


b0362781_09350284.jpg


しんどかったですが、一品一品頑張って並べました。



b0362781_09342978.jpg

皮は市販のものですが、
中身はいつも通り自分で拵え、詰めました。


豚ひき肉、キャベツ、椎茸、ニラ、葱、生姜、ニンニク、
できるだけ沢山の野菜の栄養素を取りたいので、がんばって刻みましたよ~。


焼き加減も、昨日は一度も失敗せず、うまく焼けて嬉しかったです。
オットさまも大喜びでした。
カロリーは気にせず、たくさん焼いていただきました。


b0362781_09344322.jpg

なにはなくとも、
この時期、枝豆は必須です。


b0362781_09353193.jpg

塩もみ胡瓜、
若布
茗荷


冷蔵庫でよく冷やし、甘酢をかけています。



b0362781_09354181.jpg

寄せ豆腐


たれをかけていただきました。
この時期の冷やしたお豆腐は、殊更に美味しく感じます。



b0362781_09351751.jpg


ごちそうさまでした。




昨日の帰宅途中、
ランドセルを背負った小さな小学生の男の子が肩から水筒をかけ、
タオルで顔や首を拭きながら、
「暑いなあ、、、」と呟き、
フラフラになって歩いていました。
この暑さの中、食の細い子や体力のない子はとても危険な状態に置かれていると思います。
ご高齢の方や犬など動物たちも皆同じだと思います。
さすがの私も昨日はボーっとして歩いていました。
水分を補給するのはもちろん、頑張って栄養のあるものを食べて、
無理をするのはやめようと肝に銘じました。



皆様もくれぐれもお体にはご自愛の上、
今日も良い水曜日をお過ごしください。



[PR]
# by mahoroba-diary | 2018-07-18 09:51 | 夜ごはん | Comments(6)

犬のこと







連日の猛暑、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
私はこのところ、いろんな出来事が重なり、PCを開く時間もなく過ごしていました。


この連休は、東京ではお盆でもあり、
ちょうど私たちの愛犬の4か月目の月命日とも重なり、
静かに祈りの時を持ちました。


夜になると近所のお盆まつりのお囃子の音が響き、
昨年はこの音を愛犬と一緒に聴いたなあ、と懐かしく振り返りました。




b0362781_08421991.jpg

愛犬は両親の家の裏庭が大好きで、
駆け回って遊んでいました。
おいで!と呼んでも来ようとしませんでした。
普段見せる顔とは違って、野性に目覚めたような表情がとても印象的でした。




少し前のことですが、愛犬と同じ犬種、色、の可愛い子犬との出会いがあり、
先週、その子が我が家に数日間滞在し、
しっかり見極める時間を与えられました。

いろんなことがあり、結果からいうと
今回は見送ることに決断しました。
ですが、とても人懐こい性格の子で、可愛くて、
たった数日間でしたが、私もオットさまも言葉にできないほどの
喜びの時を持ちました。


この度いろいろな出会いに恵まれ、
日本のブリーダーさんの事情もだいぶわかってきました。
愛犬を育んでくれたドイツのブリーダーさんとも今も変わらず親しくしており、
今回の子犬のことでも親身に相談にのっていただきました。
ドイツと日本では犬に対する考え方、接し方その他諸々、
まったく違っていることが多々あります。
どちらがいい、悪い、という話ではなく、
いろいろと深く考えさせられる時を持ちました。
3代にわたってブリーディングを続けてきた家族なので、
経験、見識に富み、簡単に交配させることもしませんし、
犬を譲る相手にもとても厳しい人たちです。
じっくりと時間をかけ、まずは日本のブリーダーさんともしっかりと信頼関係を築いて
出会いを待ちたいと決意しました。
一度飼い始めたら、絶対に最後まで面倒を見る決意ですから、
安易には決められないことです。


今回はお断りしたとはいえ、
久しぶりに、元気に家の中を走り回る子犬と数日間を共にしただけで、
私たちはなんだか気分が吹っ切れました。
うまく言えないのですが、喪失感が
新しい命への希望に少し変換されたのかもしれません。



出会いというのは、人知の及ばぬものでもあると思います。
しばらくは、人間の世界にどっぷり浸って、
新しい出会いを待ちたいと思っています。
不思議なのですが、なんだかとても自由な気持ちになりました。




被災地に容赦なく照り付ける酷暑、
その中で懸命にがれきの後片付けをする方々、
ボランティアの方々のご尽力を報道で拝見して、
日本人の強さ、逞しさ、善意を痛感します。
自分にできる小さなことをさせていただきながら、
私も自分の生活を頑張って生きようと勇気づけられています。









[PR]
# by mahoroba-diary | 2018-07-17 09:36 | 愛犬 | Comments(10)

ハクモクレンの木










久しぶりの散歩道を歩き、ハクモクレンの木の下でパチリ。




b0362781_09575693.jpg


愛犬が大好きだった木の下で、天を仰ぐ。




b0362781_09580517.jpg


『パパとママは、これからもずっとずっとあなたのことを忘れないよ。』



愛犬にひとつ報告をし、
今は青葉になったハクモクレンの木をしばらく見つめていました。








[PR]
# by mahoroba-diary | 2018-07-12 10:04 | 愛犬

ある日の夕食







先日のある日の夕食です。



b0362781_09161686.jpg

夕方は、疲れも溜まっていますが、
簡単な普段のおかずも一品ずつ盛りつけて並べると、
心が落ち着いていきます。



b0362781_09164315.jpg

甘辛い味が欲しくて、
豚肉でしぐれ煮を作りました。

たっぷりの針生姜とエリンギと一緒に、
適宜カットした豚肉を甘辛く煮付けました。



b0362781_09171467.jpg

水茄子のサラダ


茗荷、葱、搾菜、ごま油、醤油でタレをつくって
その中で水茄子を和えています。


b0362781_09165891.jpg

絹ごし豆腐
塩もみ胡瓜、トマト
上から新生姜の甘酢漬けのたれをかけ生姜も乗せました。



b0362781_09172588.jpg

枝豆



b0362781_09163027.jpg


ごちそうさまでした。




普段の何気ない食事や日々の出来事にも、
心から感謝しなくては、と思います。





[PR]
# by mahoroba-diary | 2018-07-11 09:06 | 夜ごはん | Comments(8)

日々の諸々を綴ります


by mahoroba-diary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31