タグ:鯛 ( 12 ) タグの人気記事

柿の葉寿司/豚フィレカツ/鯛とアボガドの山葵醤油和え






今日は連休最終日、各地の紅葉は綺麗に染まりつつあるのでしょうか。

どこかに出かけたいなあ、と思いながら、
昨日も日常通りの我が家でした。

一日中気忙しく動き回り、夕方、所用を終えて帰途につきましたが、
さすがに疲れ果てて、お料理をする時間もありませんでした。


b0362781_07061954.jpg
豚フィレカツ


購入したものですが、美味しくいただきました。
キャベツは自分で刻みました。
朝もお昼も軽くしたので、いつも通りおなかはすいておりました。



b0362781_07074290.jpg

柿の葉寿司


b0362781_07083172.jpg

鯖と鱒2種類のお寿司が柿の葉に包まれています。


b0362781_07085907.jpg

鯛とアボガドの山葵醤油和え


食べる直前に山葵醤油とごま油少々で作ったドレッシングをかけて
和え混ぜしていただきました。
スプラウトもたっぷりのせました。


b0362781_07090979.jpg

しじみ汁


昨日は写真に湯気がきちんと写りました!(笑)



帰宅して、大急ぎで用意した夕食でしたが、
夫婦で美味しくいただきました。
ご馳走様でした。



食後は、オットさまが珍しくテレビを観るんだと意気込んでいました。
なんの放送かと思ったら、
NHKスペシャルで、ピラミッドの中の巨大な空間についての番組でした。
先日、わたしも新聞で読みましたが、
エジプトのピラミッドの中に、大型ジェット機くらいの大きな空間が
発見されたのだそうですね。
ミイラや黄金の装飾品など、ピラミッドの中の内装品については
海外の美術館でたくさん拝見、鑑賞したことがありますが、
エジプトにはまだ行ったことがありません。
オットさまは昔からピラミッドに興味があるようで、
食い入るように番組を見ていました。
ロマンを掻き立てられる、謎に満ちたお話でした。



さて、連休も最終日、
今日は少しのんびり過ごせると良いのですが、どうなりますか。


本格的な寒さ到来の前の心地よい秋の休日、
お仕事の方もいらっしゃるかもしれませんが、
皆様、どうぞ素敵な一日をお過ごしくださいますように♫






ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-11-05 07:23 | 夜ごはん | Comments(6)

鯛の潮汁/和風ハンバーグ/鯛の炊き込みご飯





昨日は東京都心で木枯らし1号がふいたようですね。
確かに、とても強い風がふきわたる一日でした。
日が暮れてからは風の冷たさもひとしおでしたので、
帰宅が遅くなった方はさぞや寒かったことでしょう。


b0362781_05543454.jpg

そんな昨晩の夕食風景



買い物に出たら、ちこ鯛がお買い得でしたので、1尾カゴに入れました。
頭は潮汁に、身の部分は焼いて炊き込みご飯にしました。

久しぶりに鱗落としを使って、鱗をはずし、
出刃包丁を使って魚を捌きました。

なにもめでたいことはありませんが、鯛づくしな夕食になりました。


b0362781_05591271.jpg
鯛の潮汁


頭の部分は口のところから包丁を入れて縦に二つに切り分け、
さらにそれぞれを3つにカットします。
塩をあてて置き、そのあと熱湯にくぐらせます。
鍋に昆布、酒、鯛を入れて火にかけ、
アクをすくって火を弱め、少し煮ます。
薄口、塩で味を調整し、器に鯛を盛り、汁を張って、白髪ねぎをあしらいました。


久しぶりの潮汁、やはり鯛からは良いお出汁が出ます。
木枯らしの吹く寒い中帰宅したオットさまも喜んでくれました。



b0362781_06042621.jpg
鯛の炊き込みご飯


頭を落とした鯛は、はらわたなどを綺麗に取り除き、
骨の近くの血合いは綺麗に洗い流します。
両面を魚焼きグリルで焼いておき、
洗った米、水、薄口醤油、塩、酒とともに炊飯器で炊きました。
炊きあがったあとは一旦鯛を取り出し、
骨を取り除いてご飯に混ぜ込みました。
器に盛って、三つ葉の軸の部分をあしらいました。


文句なしに美味しいです。
切り身の鯛で作っても良いと思いますが、
骨付きの魚からはやはりよいお出汁、香りが出ます。
オットさまも大喜びでおかわりしていました。



b0362781_06073587.jpg

和風ハンバーグ


ハンバーグの種は、
合いびき肉、パン粉、牛乳、卵、玉ねぎのみじん切りを炒めたもので作っています。
和風にしたのでナツメグは入れませんでした。
最初に塩をすこし入れて肉をよく練るのが美味しさのコツです。
牛乳に浸したパン粉、玉ねぎのみじん切りを炒めたもの(冷ましておくこと)、卵
の順に混ぜ合わせ、最後に塩胡椒をして、手に油を薄く塗り、
俵型に成形してよく空気を抜きます。
バットに置いて、ラップをして冷蔵庫に待機させておき、
食べる直前にタークで両面を焼いています。
焼くときは蓋をして蒸し焼きにしています。
焼き上がりはふっくらと膨らみ、中から透明な煮汁がでてきたら完成です。


大葉と大根おろしを乗せ、食べるときにポン酢をかけていただきます。
さっぱりとしていくらでも頂けそうなくらい美味しいです。
私は2個、オットさまには3個供しました。
子供のように大喜びしていただいていました。笑


b0362781_06141126.jpg

椎茸の揚げ漬け


生の椎茸を石づきをおとし、半分にカットして素揚げします。
高めの温度でカラリと揚げています。
熱いうちに出汁入りの甘酢に漬けて置いておきます。
好みで唐辛子も入れます。

こちらも美味しくいただきました。



ご馳走様でした!




今日で10月も終わりですね。
飛ぶように時間が過ぎていきます。
昨日、オットさまに予定を聞いたら、
11月、12月はとても忙しくなりそうです。
体調管理に気をつけながら、
残り2か月となった今年を大切に過ごしていきたいです。



皆様、今日も佳き火曜日をお過ごしくださいね♪♪





ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-10-31 06:25 | 夜ごはん | Comments(4)

牛肉の利久煮/鯛のみなと蒸し





昨日はよいお天気に恵まれましたね!

愛犬もお散歩していてとても気持ちよさそうで嬉しくなりました。


忙しかった1週間でした。

普段より手間をかけてオットさまを労いました。


b0362781_07024984.jpg

昨晩の夕食風景



先日、江戸料理の講習会に参加する機会を得ました。
そこで習ったお料理を復習してみました。



b0362781_07034513.jpg

牛肉の利久煮


詳しいレシピは承諾を得ていませんので掲載しませんが、
すき焼き用の牛肉を出汁、砂糖、醤油、みりんの煮汁の中で煮ています。
煮汁には、白のみがき胡麻を炒って油が出てくるまでよくあたった胡麻が
入っています。
このように胡麻を使ったお料理は利久~と呼ばれたようです。
最初は千利休から利休と書かれたようですが、
江戸中期から末期にかけて商人が台頭してきた際、
利休では利益に休むと書くので縁起が悪いと
利久と書くようになったとか。

付け合わせの茄子と赤緑ピーマンはさっと素揚げしてから
だし、砂糖、醤油、みりんに漬けています。
先生に習った通りに作ってみたら
とても美味しくでき、オットさまも大喜びでした。



b0362781_07111579.jpg

鯛のみなと蒸し


こちらも教えていただいたお料理を復習しました。
先生は鰆で作っていらっしゃいましたが、
鰆が手に入らなかったので、鯛を使いました。

鯛は幽庵焼きにしてあります。
現代では幽庵焼きというと、柚子を入れるように思っていますが、
もともとは柚子は入らないそうです。
お店によっては、柚子を入れる場合は
柚庵と書くこともあるようです。
幽庵地はお醤油、清酒、みりんを2:1:1の割合で作って
鯛を焼く前に塩をし、幽庵地に漬けてから両面を焼いています。

炊いたお米に溶き卵を混ぜ、さらに片栗粉極少々を混ぜ合わせて
セルクルなどの型に入れて蒸し固め、
海苔を巻いて皿に敷き、幽庵焼きの鯛を乗せ、
出汁で作ったくず餡をかけ、白髪ねぎを天盛しています。

みなと~とつくお料理は、必ず海苔が入っているのだそうです。
江戸の人って風流ですね。
そのものずばりを口にしないのですね。
まだまだ知らないことがたくさんあります。


簡単に見えますが、かなり手がかかったお料理です。
昨日はお出汁から引いたので久しぶりに時間をたっぷりかけて調理しました。
美味しくできたので、私もオットさまも大満足、
たまにはこのようなお料理も良いものです。



b0362781_07202830.jpg

春菊のお浸し


さっと茹でた春菊を引きたての一番出汁で作った吸い地に漬けました。
とても美味しいです。


b0362781_07213851.jpg
レディーサラダの甘酢漬け



三浦半島のレディーサラダという品種のお野菜を買ってみました。
皮が紅色の小さな大根のようなお野菜です。
良く洗って皮ごとスライスして塩もみし、
水分をのぞいて甘酢に漬けておきました。

おかわりしてたっぷりいただきました。




ご馳走様でした!




江戸料理というと現代では馴染みが少ないですけれど、
とても興味深いものでした。
最盛期には2軒おきに料理屋があったほど、外食産業が栄えたそうです。
意外なのは、お醤油は最近の調味料であるということ。
千葉・野田のお醤油が栄えてはじめて、
江戸料理にお醤油が使われるようになったとのこと。
戦国時代や江戸初期は、刺身には醤油ではなく煎り酒というものをつかっていたようです。
また魚の種類によっては味噌を用いていたこともあるのだとか。
関東大震災により、江戸料理の料理屋が激減して、
関西のお料理屋が増えた、という説もあるようですが、
確かに現在では江戸時代から続くお料理屋は数えるほどしか残っていないようです。
今回教えていただいたお料理に使うお醤油はすべて濃口醤油、
お出汁も昆布は日高昆布でとったお出汁でした。
私は家では普段、利尻昆布を使っていますので、先生がお引きになったお出汁とは
味が違うと思いました。
今度は日高を求めて江戸風なお出汁の味にもチャレンジしてみたいと思います。
とても手間と時間がかかった夕食でしたが、
いろんな発見があって愉しい時間でした。




お天気のすぐれない週末になりそうですが、
気分は明るく元気に過ごしたいと思います。



皆様、どうそ良い週末をお過ごしくださいませ♪♪♪





ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-10-28 07:37 | 夜ごはん | Comments(10)

おひとりさまの夕食/鯛の胡麻まぶし/豆腐のみぞれ餡かけ





昨日は、台風の影響を鑑みて午前中は夫婦で予定変更し、
自宅に待機していましたが、
お昼ごろにぱーっと真っ青な空が広がりだしました。
朝昼は夫婦一緒に食事をしましたが、
夜はオットさまが仕事の接待でしたので、
おひとりさまの夕食とあいなりました。



台風一過の空気は一変して大変心地よく、
夕方帰宅してから、窓を開けて掃除をし、窓も綺麗に磨いてしまいました。



b0362781_04435133.jpg
昨晩の夕食風景


あまりおなかはすいていませんでしたが、
家にある食材を使って二品用意しました。

おつまみ系ですが、お酒は控えました。


b0362781_04445006.jpg
鯛の胡麻まぶし


鯛のサクに塩を振りしばらく置いて好みの厚さに引いて使っています。
あたり鉢に、白胡麻をあたり、醤油、三河みりん、少々で胡麻衣をつくり、
引いた鯛をまぶしつけています。

山葵をつけても美味しいですし、
昨日はスダチも絞っていただきました。
付け合わせはブロッコリースプラウトです。

これは、このまま鯛茶漬けにしても美味しいと思いました。


b0362781_04450122.jpg
豆腐のなめこみぞれ餡かけ


さっと茹でたなめこを出汁、醤油、みりんの煮汁の中に入れて火にかけ、
味を調えて、水溶きの吉野葛を溶いてとろみをつけます。
その中に、水切りしたたっぷりの大根おろしを加えて温めます。

別鍋の湯の中で温めた絹ごし豆腐を器に盛り、
上から、みぞれ餡をかけていただきます。

胃腸に優しく、消化にも良さそうな優しい味わいの餡になりました。
茹でて温めたお蕎麦の上にかけても美味しくいただけそうです。



b0362781_04452052.jpg


ご馳走様でした。



b0362781_04452979.jpg

ベランダの外には雲一つない夕空が広がっていました。
小さく、三日月が見えました。



b0362781_04500339.jpg

最近、洗面所に置くソープディスペンサーを新調しました。

やっと見つけたお気に入りです。


b0362781_04501143.jpg


水栓のクロームとディスペンサーのポンプのクロームがマッチするところと
程よい大きさが気に入りました。
白い部分は陶器製です。


年季の入った洗面台ですが、普段は台の上にはソープディスペンサー以外なにも置かず、
一日一回はピカピカに磨くのが習慣です。


手はしょっちゅう洗うので私にとり大事なアイテムです。
特にお料理をよくするので、
ソープは無香料無添加の石鹸タイプを使っています。
以前は、薬用ソープを使っていましたが、
成分に不安を覚え、やめてしまいました。



b0362781_04501982.jpg

バスマットも一緒に新調しました。
バスマットはふかふかしたものよりも、ちょっと固めのタイプで
吸水性が良いけれど乾きの良いものが好みです。
ソープディスペンサーもバスマットも偶然ですが、
ドイツ製でした。
普段使うものは、デザインと機能性に優れているものにこだわりたいです。



どんなモノもとても長く使用する私ですが、
今年は大中小いろんなモノの新調時期が一気にやってきた感じです。
普段、なにかを衝動買いするということはもうほとんどなくなりました。
(よほどの一目惚れでない限り、、、)
ひとつのモノの寿命が終わったら、
吟味して選んだ上で、お気に入りのものをまた長く大事に使いたいです。



季節外れの台風は、
様々な場所に被害をもたらしたことを報道で知って心が痛みます。


今年は梅雨の頃から普段とは大きく異なる天候が続いていますが、
今年も残り2か月少しとなり、
穏やかな天候を願いたいです。


皆様、くれぐれもお体にはご自愛の上、
今日も良い火曜日をお過ごしくださいね♪♪♪




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-10-24 05:26 | 夜ごはん | Comments(8)

牛肉とブロッコリーのオイスターソース炒め/グリーンアスパラガスと空豆のチーズ焼き/鯛のカルパッチョ



昨日は朝食後から夫婦別行動で、
夜は自宅に戻りふたりでの夕食でした。

b0362781_09051321.jpg

帰宅途中に食材を調達して、思いついたままの即席料理でした。

窓を開けて、夜風を愉しみながらのんびりと休日の夕食です。


b0362781_09081219.jpg
牛肉とブロッコリーのオイスターソース炒め

焼き肉用のカルビ100gは、あえて粉をはたかずに塩コショウのみ振り、
両面を焼いて、新生姜の千切りたっぷりと炒め合わせ、酒をふり、
あらかじめボイルしておいたブロッコリと椎茸を加えて、
国産のオイスターソースで味を調えました。
椎茸はスライスではなく、軸をすこし残したまま、
6等分にカットしました。
触感が変わり、マッシュルームみたいで美味しかったです。

ビーフ ウィズ ブロッコリ、
海外の中華料理店に入るとまず必ずある一品、
ドイツでは我が家もいつも注文していました。

b0362781_09114520.jpg
グリーンアスパラと空豆のチーズ焼き

アスパラと空豆は茹でて皮を剥き、
耐熱皿に並べて、シュレッドタイプのモッツアレッラチーズをかけ
220度のオーブンで10分ほど焼きました。
お好みでオリーブオイル、塩、コショウ、ビネガーなど
振ってもいいとおもいます。

シンプルだけど白ワインに合います。


b0362781_09192059.jpg
鯛のカルパッチョ

鯛はサクで求め、好みの厚さにそぎ切りにしてお皿に敷きます。
オリーブオイルに鯛醤少々、わさび、醤油少々を加えよく混ぜて
鯛を並べたお皿にかけます。
好みでレモンを絞ります。
上にブロッコリースプラウトをのせました。
オットさまが意外にもおいしい、おいしいと食べてくれました。
昔は、お刺身にして~と言っていましたが、
最近、こういうおつまみ的なものが好きになってきた様子。



食事中、お台場方面で花火が打ちあがり始めました。
なにやらイベントがあった様子。
リビングから見えましたので、電気を消してしばらく眺めながら
二人でクラッカーにチーズを塗ってワインを飲んでいたら、
止まらなくなり、慌ててストップして片づけました。



今朝は、コーヒーではなく紅茶を入れて、山盛りサラダと
トースト、アボガド入りのオムレツ+ハムで
元気な朝を迎えました。
今日も爽やかな風が入ってきます。
心軽く、愉しい一日を過ごしたいと思います。



皆様もどうぞ気持ちの良い日曜日をお過ごしくださいませ(^^♪




ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-05-28 09:35 | 夜ごはん | Comments(0)

鯛と美生柑のカルパッチョ



二日連続でオットさまは会食だったので
わたしはひとりご飯でした。

昨日は午後から出かけてそのまま銀座に流れそうになりましたが、
わたしは愛犬が心配なので帰宅しました。
みんなもうGSIXに出かけたようで、
飲食店の話など愉しく聞いていました。
人混みが嫌いなので、すこし落ち着いてからゆるりと
出かけたいと思います。

b0362781_07552852.jpg

鯛と美生柑のカルパッチョ

思い付きでつくった一品です。
いつもこの時期、愛媛の美生柑が好きで家にあります。
鯛のサクを買ってあったので、合わせてみました。
鯛も愛媛産です。

b0362781_07555029.jpg
鯛のサクを好みの厚さに引き、塩を適宜振っておきます。
美生柑は皮を外して、こちらも好みの厚さにスライスします。
カシューナッツ(これもだいたいいつも家に常備してあるもの)を
包丁でクラッシュして散らします。

b0362781_07560558.jpg
水にさらし水気をよく切った大葉の千切りを散らし、
仕上げに、ポン酢+レモン汁少々+オリーブオイルでつくった
ドレッシングを鯛の上に少しずつかけて完成です。


思った通りの、ちょっとよいおつまみの出来上がりです。
昨日はお気に入りのロゼとあわせたので、このドレッシングにしましたが
ワインによってトッピングやドレッシングを替えて良い相性にすれば
よいと思いました。



b0362781_07561989.jpg
こちらは一昨晩の一品
讃岐サーモンのムニエル
ルッコラサラダ ナッツ添え
イタリアンパセリとエシャロットのソース


讃岐サーモンは身質が柔らかいので、火を入れるときはすこし小麦粉を
はたくムニエルがよいとおもいました。
皮から臭みがほとんど出ませんし、魚の生臭さが嫌いなわたしには
とてもよい食材です。
ハーブで育てているらしいので、ハーブソースとの相性もよいです。
フライパンに油を敷いて着火する前からサーモンを並べて
皮からじっくりやいて、皮をパリパリ、身はふんわりに仕上げました。
ソースは、道の駅で買ってきたイタリアンパセリ、エシャロット、
それにケッパー、松の実、にんにく少々も加え、オリーブオイル、レモン汁で
ペースト状にしました。
開栓したてのオリーブオイルをつかったので、
香りも味もフレッシュでサーモンともよく合うソースとなりました。
昨日のお昼はこのソースをカットしたトマトと和えていただきました。
パンと良く合い、食欲が増すのでちょっと危険です。笑



今日からGW連休の方も多いのでしょうね。
我が家は今週末は普通の週末、来週からは仕事のようです。
準備することもあるので、ちゃかちゃか動きつつ、
夜はのんびり過ごせるとよいな、と思っています。
今朝は朝から晴天です。
この時期、朝の空気が本当に気持ちよいですね!


皆様もどうぞよい連休、週末をお過ごしくださいませ♫(^^♪





ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
宜しければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-04-29 08:21 | 夜ごはん | Comments(0)

豚フィレの寒こうじ漬け焼き/鯛の細造り昆布締め/蓬麩と小芋、椎茸の炊き合わせ/小松菜と揚げの炊いたん



近所の桜もすっかり満開、昨日は強風が吹いたので
路面に桜の花びらがたくさん散っていました。
愛犬のお散歩コースも桜の木が多く、春爛漫の気分で歩きました。
犬たちも春になり、とっても嬉しそう。
うちの子も元気いっぱい喜んで歩きます。


b0362781_07285750.jpg
昨日は和食にしました。

b0362781_07293448.jpg
豚フィレの寒こうじ漬け焼き

豚フィレは寒こうじをまぶし、ラップして冷蔵庫で数時間寝かせました。
食べる直前に両面を焼いて供します。

オットさま、大好きな味。
なのでこの写真の倍量盛り付けています。
疲れて帰ってきても、こういうものを食べた瞬間
笑顔になる。
やっぱり肉がないと元気でないわ~、だそうです。
炊き立てご飯を1膳お供に。(わたしはパス)

b0362781_07320819.jpg
鯛の細造り
昆布締め

鯛のサクは厚みを均等にし、同じ間隔で細造りにする。
塩を振ってしばらく馴染ませ、
酒、薄口醤油を振り、あらかじめ準備しておいた昆布にくるみ
ラップをした上に重しをかけて冷蔵庫で数時間寝かせます。
器に盛り付け、上から好みのポン酢をかける。

本来は加減酢をつかいますが、先日購入した島根のポン酢が
塩分控えめな使い勝手の良いものでしたので
それをベースに自分で加減して使いました。
複数の柑橘類を使うと好みの味になります。


b0362781_07381497.jpg
蓬麩と小芋、椎茸の炊き合わせ

新ジャガイモは皮を剥き、別鍋の湯で火を入れておきます。
蓬麩は小麦粉を振り、両面を焼きつけておきます。
軸をはずした椎茸、蓬麩、小芋を出汁、みりん、薄口、塩、砂糖で
淡く味を入れた煮汁で炊いて、そのまま置いて味を馴染ませます。

実家では、生麩を食す習慣がありませんでしたが、
初めて蓬麩をいただいたとき、とてもおいしくて好きになりました。
お麩自体はそれほど好物ではないのですが、
蓬が体に合うようです。
子供の頃は蓬餅が大好きでしたが、最近食べていません。

オットさまも喜んだ炊き合わせとなりました。

b0362781_07444076.jpg
小松菜と揚げの炊いたん

小松菜1/2把をつかって炊きました。
蓬麩の炊き合わせとは種類の違うお出汁を使ってみました。
おかわりしてたっぷりいただきます。
昨日は汁物を用意しなかったので、お出汁も一緒に飲み干しました。
小松菜のエキスがたっぷりでとてもおいしいのです。


もう金曜日です。
週末にかけて、あまりお天気はよろしくないようですが、
桜が早く散らないように願います。
とはいえ、花びらが散る様もまた美しいと思ってしまいます。
窓から桜が見えるので、しばしば覗いてしまいます。
週末は、自宅で花より団子になりそうな我が家です。



どなたさまも、愉しい金曜日でありますように。。。




ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-04-07 07:58 | 夜ごはん | Comments(2)

アボガドの湯葉載せ/鯛の粒マスタード和え



昨晩は、久しぶりにおひとりさまでの晩酌でした。

あまり食欲もなく、チーズをつまみながら飲んでいたのですが、
一応2品用意してテレビを観ながらまったり過ごしました。

b0362781_09084800.jpg

昨晩の夕食風景


b0362781_09091102.jpg

アボガドの湯葉のせ

わさび醤油でいただきます。

こういうもの、ひとりのときだけの愉しみ♫


b0362781_09094379.jpg
鯛の粒マスタード和え

オリーブオイル、レモン、粒マスタード少々、塩で和えています。
上に三つ葉も盛りました。



オットさま、夜に帰宅しましたが、小田原から箱根越えして
御殿場へ抜けてドライブしてきたそうです。
途中、温泉にも入って、寛いできたそう。
すっかりリフレッシュして元気になって帰ってきました。
仕事の携帯電話はオフにして、メールも見なかったそうです。
夜ニュースを見ていたら、箱根に雪が降っています、なんて
報道されていたものだから、ちょっと心配しましたが、
実際吹雪の中走ってきたそうです。
とにかく気分転換になったようで良かったです。


昨日は、春気分で出かけたら、予想以上に寒くてびっくりしました。
近所の桜並木もまだ全然咲いていません。
この週末、ちらほら開花するかな~。
いまかいまかと心待ちしています。


皆様もどうぞ良い週末をお過ごしください♫





ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-03-25 09:29 | 夜ごはん | Comments(4)

キムチ鍋で暖まる



昨日は大寒でしたが、まさしく読んで字のごとく
ほんとうに寒い一日でした。
用事があったので外出していましたが、
あまりの寒さに身も心も震えました。
歩きながら、今宵はキムチ鍋にしようと決めていました。


b0362781_10365355.jpg
オットさまが遅くなりそうだったので、
わたしはお先に一人鍋状態。

b0362781_10372785.jpg
生姜とにんにくのスライスをごま油少々で炒め、そこにキムチを加えます。
すこし炒めたら、鰹と昆布の出汁を加え、煮立たせ、
豆腐、椎茸、えのきだけ、油揚げそして豚肉を入れ、豚肉の上に酒を振ります。
お肉に火が通ったらスペースを開けて、ニラ、春菊を加えてしんなりしたら
できあがり。
ほんとうにおいしいキムチ鍋ができました。
体が芯から暖まります。

b0362781_10402581.jpg
寒い日の熱燗がとてもおいしい。

b0362781_10405332.jpg
鯛のお刺身
大葉もたっぷり敷いて一緒にいただきます。
お酒に合います。幸せなひととき。

b0362781_10413638.jpg
お野菜もたっぷり。

b0362781_10421598.jpg
豚肉はあぐー豚のしゃぶしゃぶ用を使いましたが、
やっぱりおいしい。
脂がまったく気になりません。

オットさまは21時頃帰宅しましたが、
再び一人鍋を用意して出しましたら、喜ぶ、喜ぶ。
おいしい、おいしいといって平らげました。
1週間お疲れ様でした。



トランプ大統領の就任演説をライブで聴こうと頑張って夜中まで起きていましたが、
夜更かしが苦手な私は、やっぱり睡魔に勝てず寝てしまいました。
朝、Youtubeで演説を観ましたが、
うーん、これからアメリカ、そして世界はどうなっていくのだろう、と
しばし考えてしまいました。
今年はヨーロッパでも大きな選挙が目白押しだし、
イギリスはすでにEU離脱だし、
連鎖的に自国第一主義がはびこるようだと、
日本も大きく変化せざるをえないのかしらと、
そんなことをつらつら思いましたが、
今日もまた良いお天気。
外は寒そうですが、すこしお出かけして気分を替えたいです。


皆様もどうぞよい週末をお過ごしくださいませ。





ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。

よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-01-21 10:48 | 夜ごはん | Comments(0)

鯛とアボガドの胡麻和え



昨晩はおひとりさまでの夕食でした。

月曜日ですが、早めの時刻にCAVAを開け、ひとり晩酌です。

b0362781_08161066.jpg
鯛とアボガドの胡麻和え

思い付きでつくったのですが、とってもおいしい!
ワインにもぴったり合います。

鯛のサクは7ミリくらいの幅にスライスします。
アボガドも食べやすい大きさにカットします。
和え衣は、白ごまペースト、白ごまをあたったもの、
濃口醤油、薄口醤油、本みりん各少々のみ。
頂く前に、わさびをのせて、すこーしお醤油をたらしたら
とっても美味しかったです。

b0362781_08315509.jpg

このあと、2品ほどつくっておつまみにしましたが、
写真を撮り忘れてしまいました。

昨日は、眠くて眠くて、21時のニュースを見て、歯磨きして
そのままベッドへ直行、一度も起きずに朝を迎えました。
オットさまは会食でしたが、帰宅したのもまったく気づかずに
爆睡していたようです。
おかげで今朝は早起きです。

朝から雨がしとしと降っています。
暗いのでリビングの照明をつけて過ごしています。
ヨーロッパの秋冬のような雰囲気ですが、これも悪くないです。





ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓
                   
                   人気ブログランキングへ
[PR]
by mahoroba-diary | 2016-09-13 08:37 | 夜ごはん | Comments(0)


毎日の食卓風景を綴ります。時々外食も楽しんでいます。


by mahoroba-diary

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
夜ごはん
お昼ごはん
朝ごはん
外ごはん
お散歩
食材 調味料
パン
常備菜
スイーツ
調理道具

インテリア
つぶやき
旅の想い出

メモ帳

ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、バナーをポチッとよろしくお願いします。


家庭料理 ブログランキングへ

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

最新のコメント

> golmegさん ..
by mahoroba-diary at 10:04
ウチも同じメニューでした..
by golmeg at 09:31
> etigoya13-..
by mahoroba-diary at 19:23
野菜たっぷりのグラタン、..
by etigoya13-3 at 18:56
> keiko-cako..
by mahoroba-diary at 11:33
こんにちは。 いつも楽..
by keiko-cako at 10:18
> bondgirl33..
by mahoroba-diary at 20:44
mahoroba様 こ..
by bondgirl333 at 18:31
> funicolare..
by mahoroba-diary at 17:35
こんばんは。 どん..
by funicolare at 17:19

最新のトラックバック

プッチーニの最高にロマン..
from dezire_photo &..
フィレンツェのメディチ家..
from dezire_photo &..

検索

タグ

(21)
(21)
(20)
(18)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新の記事

ヴィロンのバゲットサンドウィ..
at 2017-11-18 05:28
平目のお刺身と煎り酒/豚の生..
at 2017-11-17 05:46
おうちで鰻重をいただく
at 2017-11-16 05:55
ほうれん草のグラタン
at 2017-11-15 07:02
かれいの煮付け
at 2017-11-14 07:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
おうちごはん

画像一覧