まほろば日記

mahorobady.exblog.jp
ブログトップ

タグ:牡蠣 ( 12 ) タグの人気記事

牡蠣と九条ネギのXO醤炒め/鶏ささみと新玉ねぎの中華風炒め/豆腐と青梗菜のサラダ



昨日は、予定を大幅に超えて帰宅するのが遅くなってしまい、
また、オットさまは早く帰宅したので、
料理ができるまでしばらく待っていただきました。


b0362781_10555681.jpg
牡蠣と九条ネギのXO醤炒め
ふわふわ卵添え

牡蠣と卵を合わせて食べるとおいしい。
生姜の千切りもたっぷり加えました。
そのせいでしょうか、昨晩は体がぽかぽかでした。

紹興酒が飲みたくなる味でした。


b0362781_10573087.jpg
鶏ささみと新玉ねぎの中華風炒め

鶏ささみは塩、白胡椒、酒で下味をつけ、片栗粉を薄くまぶして
湯で火を入れざるにあげておきます。
新玉ねぎ、椎茸を炒めて、鶏ガラスープ、醤油少々、酒少々を加え
鶏も戻しいれて炒め煮をしてできあがり。
片栗粉を薄くまぶすことにより、旨みが閉じ込められ
つるりとした触感になります。
油分はできる限り使わないようにしました。


プチダイエット週間の我が家、
オットさまのおなか、だいぶ引っ込んできました。
あ~餃子が食べたい~とかなんとか言っていましたが、
まあ!痩せてハンサムになってきたわね!素敵、素敵、
きっとモテるわよ~~~と
思いっきり誉めました。
にや~っと嬉しそうにしていました。

b0362781_11023685.jpg
豆腐と青梗菜のサラダ

お豆腐は茹でて、角切りにしておきます。
青梗菜は葉と茎を切り分け、炒めずに軽く茹でました。
食べる直前に、ハム、ザーサイ、醤油、ゴマ油少々、お酢、きび糖
でつくったかけ汁をかけていただきます。
葱のみじん切りを入れ忘れました。


少し前からザーサイにはまっている我が家。
ビールに良く合うので、つい開けたくなりましたが、ぐ~っと我慢。
昨日は二人とも休肝日でした。



下ごしらえをまったくせずに出かけたので、
これだけをつくるのに1時間以上かかってしまいました。
帰宅途中、弁松総本店の大好きなお弁当をみかけ一瞬迷いましたが、
ダイエット、ダイエットと言い聞かせ、頑張って一から作りました。



学生時代に、建築学科に通う友人が、夏休みにシリアのアレッポへ
行った時の写真をみせてくれたことを思い出しました。
アレッポは中東でも最も古い遺跡群のある街、
なかでも古代の建築群は建築を志す者は一度は見てみたい場所なんだと
語ってくれたのが印象的でした。
当時のダマスカスは美しい観光都市だったようで、写真から
とても刺激を受けたのを覚えています。


先日来、過去の写真を整理しており、ふと、先日ロンドンで起きたテロの
発生現場の橋の上で、ビッグベンをバックに写る自分の写真を見つけました。
昨日は、ストックホルムでもテロが起きた模様、
パリやベルリンやブリュッセルといった、多くの人が訪れ
生活している普通の場所で、突然テロが起こる時代。
良く知った場所ばかりでもあり、
言いようもない怖ろしさ、怒りを感じます。


政治の専門家ではありませんが、
なにやら今回は緊張の度合いが違うように感じます。
日本でも何事も起こらないことを切に願います。


b0362781_11154470.jpg
b0362781_11143074.jpg
クレタ島の名もない古い僧院にて
訪れたとき、ちょうど4月でした。





皆さま、どうぞよい春の週末をお過ごしください。




ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓

人気ブログランキング

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-04-08 11:39 | 夜ごはん | Comments(2)

牡蠣とほうれん草のホワイトグラタン/サラダ



昨晩もオットさまは接待で不在、
おひとりさまでの夕食とあいなりました。

朝からどうしてもグラタンが食べたくて、
夕方に帰宅後、いそいそとベシャメルソースをつくりました。
具はいまお買い得な牡蠣、そしてほうれん草です。

b0362781_08130618.jpg
牡蠣とほうれん草のホワイトグラタン
サラダ

b0362781_08131919.jpg
牡蠣とほうれん草のホワイトグラタン

牡蠣はよく洗って水けを切り、白ワインで酒蒸しにしておきます。
ほうれん草は茹でて冷水にさらし、好みの大きさにカットします。
アクが強いようなら、水、あるいはコンソメ出汁にすこし浸しておきます。

ベシャメルソースは、昨日は、バター25g、小麦粉25g、牛乳2カップ
の配合で作りました。
バターは絶対に焦がさず、火を調節しながら小麦粉をしっかり炒め、
牛乳を注いで火加減に注意しながら好みの濃度に煮詰めます。
ナツメグ、塩少々で香りと味を入れてできあがり。

耐熱皿に牡蠣、ほうれん草を並べ、ベシャメルソースをかけ
表面に小さくしたモッツアレッラチーズを置いて
あらかじめ温めていたオーブン220度で15分弱焼きました。
仕上がりにパセリのみじん切りを振り完成です。

b0362781_08133396.jpg
ホワイトソースがなめらかにそして真っ白に仕上がりました。
出来立てをいただくとほんとうにおいしく
心も体も暖まります。

昨日は普通の国産のバターを使いましたが、
発酵バターをつかうとまた違ったお味になりそうです。
お料理上手な親しい友人は、カルピスバターを愛用していると言っていました。
カルピスバターはわたしも時々使いますが、エシレバターや
ヨーロッパのおいしいバターでつくったらこの上なくおいしくできそうです。

また最近いろいろ試しているのですが、小麦粉によってもまったく
風味が変わります。小麦粉って奥深いとおもいます。
強力粉を使った方が好きという方もいらっしゃいます。
シンプルなお料理ほど調味料、素材が大事と改めて痛感。

b0362781_08134439.jpg
サラダ

ホワイトセルリーとトマト
洗って切って盛り付けただけですが、
自家製フレンチドレッシングをかけていただきました。

ご馳走様でした!


オットさまは夜遅く帰宅、今朝は7時前には出かけました。
メールやラインで「~~を用意しておいていただけますか」と
外から指示が入るので、準備しておきます。
今日は泊りなので、小さなトランクに着るものを用意しておきました。
早朝、すこしだけお話できたので良かったです。


少し前から、写真の整理をしています。
アナログ時代の写真が夫婦で段ボール4箱分
普段あまりつかっていないデスクトップのPCの中には
2001年くらいからのデジタルの写真画像がごっそり溜まっています。
これ以外にもそれぞれ実家に子供の頃の写真がたくさん置いてあります。
当時、私は写真はあまり好きでなく、オットさまが撮りためたものが
ほとんどなのですが、
いま整理していると、やはり写真は撮っておくべきだと感じます。
ですが、忘れていた情景、感情が蘇ってきて、懐かしい反面、
見ていると、せつなくなることも多くて
なかなか進まない写真の整理です。


b0362781_08503533.jpg
これは愛犬が1~2歳の頃
こんな凛々しい表情だったのかと驚きます。

b0362781_08532887.jpg
こんな風に草むらを駆け抜けていた、、、

b0362781_08510067.jpg
いまではお顔が白くなり、見た目はおじいちゃんです。
まだ病気はなく元気ですが、
最近、やっぱり年を取ったんだな、とおもうことが増え、
オットさまがいないときは特に、
できるだけそばにいてあげるようにしています。


桜並木は蕾がピンクになっていまかいまかと開花を待っています。
今週末も忙しくなりそうなのですが、
ほんのすこしでもお花見行こうね、と話しています。


今日も皆様にとって幸せなよい一日になりますように♫




ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓

人気ブログランキング

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-03-29 09:04 | Comments(4)

牡蠣とトマトの卵蒸し/カリフローレと牛肉炒め/ピーマンとザーサイの白和え/菜の花




昨日、歩いていたら個人のお宅のお庭の小さな桜の木が満開でした。
やっぱり桜って美しいですね。
一気に気分が華やぎました。

b0362781_08254961.jpg

昨晩の夕食風景

b0362781_08260350.jpg
牡蠣とトマトの卵蒸し

長谷園のふっくらさんをつかって作りました。
鍋に、薄く油を敷いて、
スライスした長ネギ、よく洗った牡蠣、半分にカットしたミニトマトを
並べて、酒を振り、蓋をして火にかけます。
牡蠣にしっかり火が入ったら、溶き卵を流し込んで蓋をし火を止め、
余熱で火を入れます。
三つ葉を盛って食卓に出します。
溶き卵にはあらかじめ鶏ガラスープの素を入れておいたので
ほんのり中華風のお味になります。
土鍋を使うと牡蠣が縮まずふっくら仕上がります。
卵も余熱だけで火をいれたのでふわふわです。

b0362781_08273207.jpg
帰るコールから逆算してちょうど熱々がいただけるよう作りました。
牡蠣は10個、卵2個分の栄養が詰まっています。
取り皿にとっていただきます。
三つ葉がぴったり合って良かったです、

b0362781_08263186.jpg
カリフローレと牛ひき肉炒め

沖縄産のカリフローレという野菜、初めて買ってみました。
予めさっと茹でて、食べやすくカットしておきます。
中華鍋で牛ひき肉と豆板醤を炒め、生姜、葱のみじん切りも炒めて
香りを出します。酒を振り入れ、カリフローレも加え、
みりん、醤油、鶏ガラスープの素
それぞれ少々を加えて調味しました。
余っていた分もオットさまがすべて完食でした。
牛肉ではなくて豚肉の方が合いそう、と思いました。

b0362781_08264460.jpg
ピーマンとザーサイとおじゃこの白和え

一昨日の春菊のサラダにつかった絹ごし豆腐の残りをつかって
白和えにしました。
しっかり水分が抜けているのでクリームチーズのようになりいい感じでした。
ピーマンとおじゃこはごま油少々、XO醤少々と炒めて冷ましておきました。
食べる直前に、水切りした絹ごし豆腐、ピーマン、刻んだザーサイと和え
お皿に盛ります。
見た目はあまりきれいではありませんが、かなり美味しかったです。

b0362781_08265458.jpg
菜の花

茹でて金胡麻を散らし、食べる直前にポン酢をかけました。


オットさまは、ビール小缶1本で晩酌、
わたしは白ワイン
ご飯も炊いていましたが、ふたりともパスしました。


食後、知人の方からいただいたご自身のジャズのCDを聴きました。
素敵なピアノ演奏でした。
その後、ドイツの友人が録音したギターのCDも聞き、勢いで
かつて師事した先生のショパンの演奏まで聞いてしまいました。
オットさまは途中から呆れて長風呂していました。

ピアノは3歳から習っていましたが、今ではほとんど弾きません。
でも、聴くのは大好きです。
昨日は、お料理する前にまた睡魔が襲ってきましたので、
好きな音楽をかけてやる気を出してつくりました。
かなり長時間、音楽を聴いたのでリフレッシュしました。




ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓

人気ブログランキング

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-03-23 08:57 | 夜ごはん | Comments(2)

牡蠣と豆腐のホワイトグラタン/菜の花と砂肝炒め/キャベツとトマトのサラダ



寒い一日でしたので、
オーブンをつかった温かいものをつくりました。

b0362781_09171300.jpg
昨晩の夕食風景

b0362781_09173203.jpg
牡蠣と豆腐のホワイトグラタン

ベシャメルソースは、バター、小麦粉、牛乳、ナツメグ、塩で手作りします。
別の鍋に葱の白い部分のスライス、牡蠣(よく洗ったもの)を
炒め合わせて塩胡椒で薄く味を乗せます。
豆腐(昨日は絹ごし)はざるにのせて水切りしておき、スライスする。
耐熱皿に牡蠣、豆腐を並べ上からベシャメルソースをかけて
粉チーズを振ってオーブンで焼く。

b0362781_09172329.jpg
菜の花と砂肝炒め

砂肝はスライスして、マッサ少々をもみ込んでおきました。
にんにくのみじん切りとともに砂肝を炒め、茹でてざく切りにした
菜の花と一緒に炒め合わせます。塩胡椒で味を調えます。


キャベツとトマトのサラダも一緒に付け合わせて
いただきました。


オットさまは仕事が長引き遅めの帰宅。
仕事の苦労話に耳を傾けながらの夕食タイムとなりました。


今日もかなり寒い一日になりそうです。
東京では雪が降るかも?と報道で知りました。
お花見が待ち遠しいですが、
体を温めて風邪などひかないように気を付けて
過ごしたいと思います。


それでは、皆さま今日も良い一日をお過ごしください♫






ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓

人気ブログランキング

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-03-15 09:44 | 夜ごはん | Comments(2)

揚げ豚フィレの黒酢がらめ/牡蠣ごはん/豆腐と卵の中華風スープなどなど



昨晩はオットさまの仕事を労う夕食となりました。

b0362781_09092833.jpg
揚げ豚フィレの黒酢がらめ

あぐー豚のフィレを求めました。
2センチ幅くらいにスライスし、酒、醤油少々で下味をつけ、
粉をはたいて少量の油で両面を揚げ焼きします。
フライパンに、黒酢、きび糖、醤油、塩、酒、鶏ガラスープを合わせて熱し、
水溶き片栗粉少々も加えてとろみをつけ、少し煮詰めたところに
揚げた豚フィレをからめます。

個人的に大好きなお料理ですが、久しぶりに作りました。
上にたっぷりの白髪ねぎとスプラウトを合わせたものを天盛しました。
昨日はおかわり分はなし、約200gのフィレでちょうど二人前になりました。
オットさま、食べ終えてすぐ、案の定「もうないの?」。

b0362781_09140579.jpg
いさきのお刺身

小ぶりですがおいしかったです。

b0362781_09143705.jpg
帆立貝柱とアボガドの粒マスタード和え

数日前に買っておいたアボガドでしたが、切ってみたらとても良い状態でした。
粒マスタード、マヨネーズ、レモン汁で和えてます。
白ワインによく合う一品。
昨晩はオットさまも白ワインを嗜みました。

b0362781_09170949.jpg
絹ごし豆腐と卵の中華風スープ

昨日は、かなり薄い味付けにし、とろみもあまり強くしませんでした。
(ほかのお料理との兼ね合いを考えて)
鶏ガラスープ、塩少々、酒少々のみのシンプルな味付けながら
ふわっとした触感に癒される定番スープです。
分量は、スープ600mlにお豆腐半丁、卵1個
余った分は今朝の朝食でいただきました。

b0362781_09200504.jpg
牡蠣ごはん

このところいつも酒煎りだったので、ごはんと一緒に炊きました。
炊飯器で炊き終わってから、あ、土鍋で炊けばよかった、と反省しました。
土鍋を持っているの、忘れていました。
出汁、薄口少々、酒少々、よく洗った牡蠣を上に並べて
炊き込みご飯モードにセットして炊き上げました。
最後に三つ葉を盛っていただきました。
香りがよくてすこしだけ、おかわりしてしまいました。

b0362781_09233812.jpg
茹でたスナップえんどう

この時期しょっちゅう食べています。
茹でた後、冷水で色止めして、筋をとります。
これだけでサクサクして甘みがあっておいしい♪
オットさまも結構食べてくれてよかった。




昨日は仕事の山で、大変だったと同時に得難い経験もしたオットさま。
泥のように疲れて帰宅しましたが、
食事しながら、彼の話を一生懸命聞いていました。
仕事の話は間接的に聞くだけでも、私にとってはとても勉強になります。

昨日はまた強風が吹きましたが午後から落ち着いてホッとしました。
ベランダ用のスリッパがとんでもない場所まで吹き飛ばされていました。
木の葉などがたくさん舞い込んだので、それらを片づけたついでに
ベランダの掃除もしてすっきりしました。

今日一日頑張れば、久々になにも予定をいれていない週末です。
やった~♬
オットさまはドライブしたいと言っています。
どこに行こうか思案中です。




ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-02-24 09:34 | 夜ごはん | Comments(0)

空豆のXO醤炒め



昨夜は久しぶりに夫婦ふたりでの夕食でした。

b0362781_09034719.jpg
空豆のXO醤炒め

今年お初の空豆です。
かなり前から空豆が店頭で売られてはいましたが、
ちょっとまだ早いな~という気がして買っていませんでした。
昨日は、鞘から出して茹でてから皮を剥きましたが、
やはりまだ小ぶりです。
そのまま食べるのをやめて、一味加えることにして、
XO醤と唐辛子と極少量の米油でさっと炒めました。
(にんにくがあれば尚いいでしょうが、あいにく切らしていました。)
味見すると、思わず白ワインを1杯注いでしまいました。
かなりよいおつまみです。

b0362781_09032518.jpg
牡蠣の酒炒り

日本酒を振ってそのまま炒り付けるだけの我が家の定番です。
この一品をおいしく仕上げるコツは、
とにかく牡蠣をよく洗うこと。
まず水で洗い、さらに塩をもみ込んで水で流し、
さらに片栗粉をもみ込んで水で洗い流します。
何度洗っても汚れが浮いてくるので根気よく洗っています。
これは以前中華料理のシェフに習った方法です。


b0362781_09030340.jpg
豚レバーとサラダ

豚レバーはよく洗ってから、ペーパータオルでしっかり水気をとり、
片栗粉をまぶして少量の油で両面を焼きます。
途中、レバーを持ち上げて油からはずしながら焼くと
出来上がりがカリッと揚がります。
熱いうちに塩をぱらりとかけて揚げたてをいただきます。


サラダは、キャベツの千切り、セロリの薄切り、りんごのスライスを
松田のマヨネーズ少々、ポン酢少々、米酢少々で和えています。
いま我が家でつかっているポン酢は黒酢ポン酢という鹿児島の商品です。
かなり色が濃いものなので、サラダにも色が移っています。
伊予柑のスライスも添えました。




この週末は、いろいろあってとても疲れましたが
一件落着したようなので今朝は落ち着きました。


昨夜は気を取り直して料理をして、すこしワインをいただいて、
食後は北の国からを観ていました。
95年の作品でしたが、宮沢りえさんが若く美しく光り輝いていました。
映像とともに、自らの95年頃を思い出し、オットさまと談笑しました。
ついこの間のことのように思いますが、
ファッションや文化、ライフスタイルが著しく変化していることを
痛感させられます。
思えば、たった150年前には明治維新だった日本。
これから先も著しくライフスタイルが変化していくのだろうなあ。
これからはAIの時代といわれていますが、具体的にどうなっていくのか
怖いような楽しみなような。


今週もオットさまはかなり忙しく、
またプレッシャーもかかる1週間になりそうです。
外食続きだと体調に変化が出てくるようです。
今朝は野菜中心の和食にして、お昼は忙しくてもすぐ食べられるように
おにぎりをつくって持たせました。
なにしろ、昼食をとる時間すらないというのですから、
仕事はほんとうに大変です。


だいぶ春らしい感じになってきました。
歩いていると体が目覚めて生き生きしてくるのを感じます。
今週も良い1週間になりますように!





ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。

よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-02-20 09:36 | 夜ごはん | Comments(0)

バル風おつまみ



昨晩は、バル風のおつまみを何品かつくって
おひとりさまの家バルでした。


b0362781_07314663.jpg
会津塗のお盆に小皿を並べて
ひとりで晩酌です。

b0362781_07303799.jpg
砂肝とペコロス

砂肝はオリーブオイル少々でソテー
酒を少し振って、塩と黒胡椒でシンプルな味付け

ペコロスは茹でて皮を剥き、きび糖少々を加えた湯で茹でて
そのままキャラメリゼしました。

砂肝のコリコリ感とペコロスの柔らかさで合う組み合わせです。

b0362781_07304765.jpg
あさつきの酢味噌和え

この時期あさつきを見つけるとつい買ってしまいます。
さっと茹でて食べやすい大きさに切って
酢味噌と和えます。
昔、祖母がよく作ってくれた懐かしい味です。

b0362781_07334546.jpg
真蛸と新玉ねぎのマリネ

刺身用のさぬき蛸を見つけたので購入
三つ葉も上に乗せましたが香りが良く合います。

最近、外国産の蛸をよく見かけますが、
やはり国産だとつい手が伸びます。

b0362781_07321543.jpg
牡蠣の酒炒り

文字通り酒を振って鍋の中で炒り付けます。
一切塩は加えていませんが、自然な塩気が残ります。


b0362781_07305846.jpg
椎茸の香草パン粉焼き

小さめの椎茸をあえて選んで、かさの部分に香草パン粉を乗せ
オーブンで焼きます。
焼き時間は210度で10分くらい。
香草パン粉は、パン粉、パセリのみじん切り、にんにくのみじん切り、
粉チーズ、オリーブオイル少々を混ぜ合わせておきます。
椎茸に乗せて、
オーブンに入れる前に上からさらにオリーブオイル少々をかけます。
昨日はプチトマトも一緒に焼きました。

パン粉は一昨日揚げ物をしたときにつくったパン粉の残りをつかい、
パセリは生のパセリをみじん切りにしましたが、
生だと香りが全然違います。

b0362781_07301613.jpg



オットさまは2日連続で接待のため夜中に帰宅。
今朝も朝早く出かけていきました。

このところ、ドンちゃんの具合があまり良くなくて
買い物に出かける以外はほとんどつきっきりでした。
昨日はやっと調子がよくなり、お昼にお散歩に出かけました。
近所の桜並木の木々、よく見ると蕾がたくさんついています。
細い枝にも生命が漲っているのを感じて嬉しくなりました。
気温も上がり、春を感じる陽気で足取りも軽くなりました。
都心ですが、たくさんの街路樹があり木々に癒されます。
いまは沈丁花の良い香りが漂っています。

b0362781_07295979.jpg
昨日はたくさんお散歩できてよかったね!

b0362781_07295183.jpg
一眼レフが珍しいらしく、すこし首をかしげてこちらを見ています。


今日も良いお天気です。
よい一日になりますように。




ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。

よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓
人気ブログランキングへ

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-02-16 07:54 | 夜ごはん | Comments(0)

盛りだくさんの夕食



昨晩は夫婦二人そろっての夕食とあいなりました。

昨日はそれぞれ朝昼が軽かったので、夕食は盛りだくさんにしました。

b0362781_09570214.jpg
二人そろっていただきます。
昨晩はオットさまが早めに帰宅できたのでよかった。


b0362781_09574807.jpg
豚の生姜焼き
あぐー豚をつかったらお肉が柔らかくてすこし崩れましたが絶品でした。
醤油、みりん、酒を2:1:1の割合で合わせ、生姜もたっぷりすりおろして
漬けて置きます。
焼くときは汁も利用して焦がさないように火加減を調節します。
付け合わせにはキャベツとポテトサラダ、トマト。
ポテトサラダは、きたあかりを茹で皮を剥きマッシュし、
酢少々を加え馴染ませ、マヨネーズ、塩、胡椒で味を調えます。
薄くスライスした玉ねぎを一緒に混ぜ込みます。
生姜焼きとポテトサラダとキャベツは黄金の組み合わせ。
新婚時代何度つくったかわからない定番メニューです。

b0362781_10012032.jpg
牡蠣の酒煎り 大根おろしのっけ

牡蠣はよく洗って日本酒で炒り付けます。これだけで充分な旨みですが、
健康のことも考え、大根おろしを添えました。

b0362781_10023083.jpg
いなだのお刺身
たっぷりの大葉とともに。


写真を撮り忘れましたが、若布と絹ごしのお味噌汁も添えました。

おなかをすかせて帰宅したオットさま。
ご飯をおかわりしておいしい、おいしいと食べてくれます。

二人ともあまりにおなかがすいていたので、完食しましたが
食後はさすがに満腹でした。
わたしはご飯は抜いて、晩酌もなしでした。

今日から2月ですね。
巷ではインフルエンザが流行っているようです。
我が家はいまのところ風邪知らずですが、
昨晩は食後少したってから、梅エキスをお湯で溶いて飲みました。
かなりの酸っぱさですが、血液サラサラ効果もあるようですし、
他にもたくさんの効能があるようです。
梅干しもいただきますが、塩分が気になるときに
梅エキスは重宝します。



ブログをご覧くださり誠にありがとうございます。

よろしければぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-02-01 10:08 | 夜ごはん | Comments(0)

レモンチキン



昨晩も夫婦二人分の夕食を用意しましたが、
オットさまは用事が入り遅くなったのでわたしはお先にいただきました。


鶏のささみをつかってレモンチキンをつくりました。

b0362781_08562060.jpg
付け合わせは茹でたスティックセニョールです。

鶏ささみは筋を取り除き一口大にカットします。
塩少々と酒を振りよく揉み込みます。
さらに卵を溶いてよく揉み込み、小麦粉少々を振り入れて衣にします。
揚げ油を熱し、一つずつ揚げていきます。
表面が焦げないように気を付けながら揚げて余熱で火が通るように
計算して引き揚げます。
小鍋にチキンスープを沸かし、レモン汁をたっぷり加え
きび糖、塩で味を調整します。
水溶き片栗粉でとろみをつけ、揚げた鶏の上からかけて馴染ませます。
さらに食べる直前にレモンを絞ると尚一層爽やかでよい味になります。

b0362781_09000392.jpg
レモンの香りが爽やかで衣もふわっと柔らかく食べやすい一品です。

初めてレモンチキンを食べたのは日本ではなくイタリアの中華レストランでした。
日本の中華ではあまりみかけないメニューですが、
ヨーロッパの中華レストランにはよくある一品です。
南イタリアの中華で食べたレモンチキンにいたく感激して以来
時々作るようになりました。
確かに南イタリアはレモンの産地ですし、レモンそのものがおいしいから
馴染み深いメニューになるのかもしれないですね。
鶏は揚げておいて、餡だけを温めて上からかければ、
鶏が冷めてしまっていてもおいしくいただけます。
オットさまも喜んで食べていました。

b0362781_09051390.jpg
牡蠣とセロリのXO醤炒め
椎茸とにんにくも入っています。
牡蠣はよく洗って水けを拭き取り、片栗粉少々をまぶして表面を焼いておきます。
こうすると旨みが逃げないような気がします。
中華鍋ににんにく、セロリを炒めしんなりしたら、椎茸、牡蠣を入れて
XO醤を加え炒め合わせるだけです。
こちらも冷めても旨みたっぷりでおいしくいただけます。

オットさまが牡蠣好きなので殊更喜びました。
生牡蠣は決して食べないわたしたちですが、
火を通してならばいくらでもいただけます。
栄養の宝庫と言われるだけあって確かに元気が出る食材です。


絹ごし豆腐となめこのお味噌汁、炊き立てご飯も用意して
遅く帰ってきたオットさまに出しました。
外が寒いので温かいご飯とお味噌汁が体に染みわたるそうです。
今晩は職場の新年会なので夕食は必要ないそうです。
わたしにとっては少し楽をさせていただく日となります。





ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-01-26 09:11 | Comments(0)

鶏の照り焼き


昨晩は夫婦二人そろっての夕食でした。

昨日は朝からホームオフィスだったオットさま。
途中外出もありましたが、15時過ぎには自宅に戻り再びお仕事でした。
ひっきりなしに、テレコンが続き、仕事の会話が部屋から聞こえてきます。
しっかり18時半まで仕事をして、わたしはそれまでに食卓を調え、
二人そろっていただきます、と夕食タイムになりました。


b0362781_08561180.jpg
昨晩の夕食風景

午後、「夜なにが食べたい?」と聞くと、
照り焼きチキンが食べたいとのこと、
ご所望に答えました。

b0362781_08575466.jpg
鶏の照り焼き
付け合わせは、レタス、ホワイトセルリー、
トマト、スナップエンドウ

もも肉ではなく胸肉でつくりました。
食べたときにパサつくのが嫌なので、
フォークで穴を開け、酒をふってしばらく馴染ませました。
水分を吸った状態でフライパンで両面を焼きます。
油が跳ねるので蓋でカバーしながら焼きました。
焼きあがったら、醤油、みりん、砂糖、酒を各大さじ1を目安に入れ、
肉に絡ませていきます。
オットさまが喜びました。
胸肉だとカロリーも控えめになってよいです。
付け合わせの野菜には松田のマヨネーズをかけていただきましたが、
照り焼きとよくマッチしておいしい。
オットさまが「このマヨネーズうまいな」と感心していました。


b0362781_09025703.jpg
一昨晩につくった牡蠣の四川風漢方煮

時間が経ってさらに味が濃くなりました。
教えていただいたシェフは都内の某中華料理店のトップですが、
このお料理はおせちにもつかえるとおっしゃっていました。

b0362781_09051079.jpg
ホタテ

刺身用のホタテを3粒だけ購入して、
自分で薄くスライスしました。
オットさまには多めにつけました。
わさび醤油でいただくとミネラルの味がしておいしい。


b0362781_09061608.jpg
サラダ玉ねぎのお味噌汁

柔らかい玉ねぎなので優しい味わい。
やっぱりお味噌汁っていい。
最近食べるたびにそう思います。


オットさまはご飯を1膳、
食後に焼酎の水割りを1杯楽しんでいました。
わたしは白ワインをお供に。

食後はゆったりのんびり会話しながらテレビを観たりして過ごしました。
意識してスマホをさわらないようにしてマインドリセットを心がけました。
スマホのし過ぎは睡眠障害を招くといいます。
今朝は、二人ともよく眠れた、と快適な朝を迎えました。
寒い日が続くので、
ここ最近は朝にあたたかいかけそばをつくっていただいています。
つゆは出汁を効かせて薄めにして減塩を心がけます。
今朝は干ししいたけのだし汁も加えたらそのおいしいこと。
とろろと卵と合わせて体が芯から温まります。
お葱も毎日たっぷりいただいて、風邪予防を心がけています。




ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。

よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓

              人気ブログランキングへ
[PR]
by mahoroba-diary | 2017-01-19 09:11 | 夜ごはん | Comments(0)