まほろば日記

mahorobady.exblog.jp
ブログトップ

タグ:スープ ( 6 ) タグの人気記事

いさきのアクアパッツア/ピストースープ/アレッタのおひたし



今日も晴れ空、よいお花見日和になりそうです。
朝の空気も心地よく一気に春気分になります。

b0362781_08375084.jpg
いさきのアクアパッツア

旬のあさりといさきはお買い得でした。
フィスラーのお鍋にはまりきらなかったので
尾の部分をハサミで切り落としました。

b0362781_08393581.jpg
仕上げにイタリアンパセリをたっぷり散らしました。

いさきはうろこ、内臓を取り除き血合いの部分をよく洗って
ペーパータオルで水分をよく拭きます。
お腹にぶつ切りにしたにんにく、タイムをつめて
軽く焼いた後、アサリ、トマト、白ワイン、お水を入れて
蓋をして火が通るまで煮ます。
昨日は、ケイパー、オレガノも加えました。

昨日はアサリの活きがよく、水もちょうどよい温度だったためか
いつもの3.5%の塩水ですが、とてもよく砂を吐いてくれて
アサリの風味もきれいに仕上がりました。
トマトは過熱に強いタイプを使いました。

やっぱり魚まるごと調理だとよいお出汁がでます。
身もふっくらしていて、おいしかったです。
二人分にはちょうどよい大きさのいさきちゃんでした。

b0362781_08465006.jpg
ピストースープ

春になりバジルの味が恋しくなり久しぶりにつくりました。
9年前にフランス人のシェフから習ったお料理です。
その後日本人のシェフからも同じ料理を習い、
手元で2つのレシピを見比べましたが
まったく材料が異なっており、少々驚きました。
でも、最後にバジルを加えるところは一緒です。

b0362781_08493304.jpg
昨日は、人参、新玉ねぎ、キャベツ、セロリ、ズッキーニ、トマトを入れました。
すべて同じ大きさのダイスにカットします。
(追記、ベーコンも加えました。)
昨日はあえてじゃがいもは入れませんでした。
チキンストックはあえて使わずにお水と塩、ベイリーフで野菜が
柔らかくなるまで煮ます。その後すこし放置したら
食べる頃にちょうどよく馴染みました。
最後に、バジル、にんにく、オリーブ油、パルミジャーノでつくった
ペーストを加えて混ぜると一気にピストースープの風味になります。
これからの季節にぴったりの爽やかなお野菜スープです。
プロヴァンスの家庭料理らしいです。

b0362781_08551300.jpg
アレッタのおひたし

野菜コーナーでアレッタ、という初めてのお野菜を目にしました。
新しい野菜は、すぐ試したくなる性分です。
茹でて味見したら、ちょっと癖があるので、
一口大にカットして、本節の粉とお醤油少々で和えたら
癖が消え、歯ごたえのよい付け合わせになりました。

b0362781_08571473.jpg
昨日のお昼は余っていたブロッコリーを茎の部分も皮を剥いて
すべてつかって即席ポタージュを作りました。
人参などとちがってすぐに火が通るので作りやすい野菜です。
ダイエットを意識してつくったのに、
パンを1枚トーストしていただいてしまいました。ううう。


b0362781_08593644.jpg
いつの頃からか、キャンドル好きになりました。
かれこれもう20年くらいになるでしょうか。
毎晩、夜になると灯すのが習慣になっています。
冬もいいのですが、春になり陽が伸びはじめた頃に、
夜のとばりがおり始める前から着火して夕食のまえに
気分を落ち着かせるのが大好きです。

b0362781_09021165.jpg
オットさまの帰宅前の、ささやかな私だけの静かな時間です。



桜は満開になり、夢のような美しさです。
道行く人の表情もどことなく柔和になっているような、、、



皆さま、今日もよい春の一日をお過ごしください♫




ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓

人気ブログランキング

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-04-05 09:08 | 夜ごはん | Comments(4)

揚げ豚フィレの黒酢がらめ/牡蠣ごはん/豆腐と卵の中華風スープなどなど



昨晩はオットさまの仕事を労う夕食となりました。

b0362781_09092833.jpg
揚げ豚フィレの黒酢がらめ

あぐー豚のフィレを求めました。
2センチ幅くらいにスライスし、酒、醤油少々で下味をつけ、
粉をはたいて少量の油で両面を揚げ焼きします。
フライパンに、黒酢、きび糖、醤油、塩、酒、鶏ガラスープを合わせて熱し、
水溶き片栗粉少々も加えてとろみをつけ、少し煮詰めたところに
揚げた豚フィレをからめます。

個人的に大好きなお料理ですが、久しぶりに作りました。
上にたっぷりの白髪ねぎとスプラウトを合わせたものを天盛しました。
昨日はおかわり分はなし、約200gのフィレでちょうど二人前になりました。
オットさま、食べ終えてすぐ、案の定「もうないの?」。

b0362781_09140579.jpg
いさきのお刺身

小ぶりですがおいしかったです。

b0362781_09143705.jpg
帆立貝柱とアボガドの粒マスタード和え

数日前に買っておいたアボガドでしたが、切ってみたらとても良い状態でした。
粒マスタード、マヨネーズ、レモン汁で和えてます。
白ワインによく合う一品。
昨晩はオットさまも白ワインを嗜みました。

b0362781_09170949.jpg
絹ごし豆腐と卵の中華風スープ

昨日は、かなり薄い味付けにし、とろみもあまり強くしませんでした。
(ほかのお料理との兼ね合いを考えて)
鶏ガラスープ、塩少々、酒少々のみのシンプルな味付けながら
ふわっとした触感に癒される定番スープです。
分量は、スープ600mlにお豆腐半丁、卵1個
余った分は今朝の朝食でいただきました。

b0362781_09200504.jpg
牡蠣ごはん

このところいつも酒煎りだったので、ごはんと一緒に炊きました。
炊飯器で炊き終わってから、あ、土鍋で炊けばよかった、と反省しました。
土鍋を持っているの、忘れていました。
出汁、薄口少々、酒少々、よく洗った牡蠣を上に並べて
炊き込みご飯モードにセットして炊き上げました。
最後に三つ葉を盛っていただきました。
香りがよくてすこしだけ、おかわりしてしまいました。

b0362781_09233812.jpg
茹でたスナップえんどう

この時期しょっちゅう食べています。
茹でた後、冷水で色止めして、筋をとります。
これだけでサクサクして甘みがあっておいしい♪
オットさまも結構食べてくれてよかった。




昨日は仕事の山で、大変だったと同時に得難い経験もしたオットさま。
泥のように疲れて帰宅しましたが、
食事しながら、彼の話を一生懸命聞いていました。
仕事の話は間接的に聞くだけでも、私にとってはとても勉強になります。

昨日はまた強風が吹きましたが午後から落ち着いてホッとしました。
ベランダ用のスリッパがとんでもない場所まで吹き飛ばされていました。
木の葉などがたくさん舞い込んだので、それらを片づけたついでに
ベランダの掃除もしてすっきりしました。

今日一日頑張れば、久々になにも予定をいれていない週末です。
やった~♬
オットさまはドライブしたいと言っています。
どこに行こうか思案中です。




ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-02-24 09:34 | 夜ごはん | Comments(0)

カニとアボガドのスープ



昨夜も夫婦二人での夕食でした。

10年ほど前、日本に帰国してすぐに、三田の華都飯店で、
初めてアボガドのスープをいただいた時とてもおいしかったのを覚えています。
華都飯店が入っていたマンションは錚々たる方々がお住まいでいらした
当時の高級マンションですが、一昨年だったか新しいマンションに
建て替えになり、それに伴って六本木に移転したと伺いましたが、
新しいお店にはまだいったことがありません。

手許にオーナーの馬一家のレシピ本が2冊ほどあります。
参考にさせていただきアボガドのスープをつくりました。

b0362781_08564506.jpg
アボガド1個は皮と種を取り除き、水カップ1とともにバーミックスにかけて
滑らかにします。
さらにカップ2(400ml)を加え、火にかけます。
鶏ガラスープの素、カニ缶の中身、酒大さじ1、塩少々を加え
沸騰させない程度に温めます。
水溶き片栗粉ですこしとろみをつけて、
生クリームを好みの分量加え(わたしはかなり控えめに入れています)
最後に味を調えて完成です。

オットさまはこれを食べて、
「ここにフカヒレが入っていたらなおいいね」と言いました。
確かに、フカヒレとカニの2種なら尚おいしいでしょう。

昨日は、生クリームを最後に落として供しました。
レシピ本ではアボガド1個に対し、水カップ4杯となっていましたが、
濃厚にいただきたかったので3杯にしました。
b0362781_09025273.jpg
わたしの好物、豚ひきの春雨煮込み
最近、何度もつくっています。
春雨は55g、豚ひきはあぐー豚のひき肉をつかったら
やはりちょっと違います。まったく脂っぽくありません。
にんにく、生姜、葱のみじん切りはいつもよりたっぷり使いました。
豆板醤は控えめにして、鶏ガラスープ、醤油、酒で煮込みます。
やっぱりおいしいです。

b0362781_09050679.jpg
鯛と豆腐の蒸し物
豆腐は半丁分、鯛の切り身は2枚分
それぞれ1センチ強のスライスにして交互にならべてあります。
そのうえに、水で戻した塩蔵ワカメを一口大に切り置いて、
生姜のスライスをおいて8分間蒸します。
最後に白髪ねぎをたっぷり置いて余熱で蒸らします。
蒸す前に、ごま油、醤油、酒をそれぞれ少々垂らしています。

昨日はお昼に揚げ物を食べたとオットさまからLINEが入りました。
普段、蒸し物はあまりつくらない私ですが、
揚げ物、炒め物を避けたら自然とこの料理にいきつきました。

b0362781_09085474.jpg
ホワイトセルリーと紫玉ねぎのサラダ
上からポン酢をたらしていただきました。
紫玉ねぎはスライスしてから口に含んでみたら
苦みが強いので、水にさらして少しもむようにして洗いました。
体によい成分も流れてしまうでしょうが、
あまり苦いと、そもそも食べられません。
因みに、玉ねぎをもむように洗う、という手法は、
以前通っていた料理教室で日本料理の板前さんに習ったものです。
確かにたださらすより、マイルドになります。

b0362781_09113890.jpg
昨日の夕食風景

オットさまには炊き立ての新米を提供。
豆腐と鯛の蒸し物は取り皿にとって好きなだけいただきます。
オットさまが意外にも喜んで食べてくれました。


咳が収まらず気の毒なオットさまです。
先週は出張や外食が続き、どこかで風邪をもらったようです。
熱もなく、鼻も正常なのであまりひどい症状ではありませんが
今日はお休みするとのこと。
ゆっくり休んで快方にむかいますように。

季節の変わり目は体調を崩しやすいです。
どうぞ皆様もお体ご自愛ください。




ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓
                  
                  人気ブログランキングへ
[PR]
by mahoroba-diary | 2016-10-20 09:15 | 夜ごはん | Comments(0)

中華な夕食



昨晩も夫婦二人分の夕食を用意しましたが、
オットさまは仕事で遅くなるようだったので、
わたしはお先にいただきました。

というわけで、冷めてもおいしいおかずを作りました。
中華風の3品です。

b0362781_08465078.jpg
青椒肉絲

少し前にも作った記憶があります。
牛肉はもも肉を180グラム、ピーマンは5個使いました。
葱、ニンニク、生姜のみじん切りをたっぷり使っているので
香りよくとてもおいしくできました。
オットさまもご機嫌になりました。

b0362781_08485644.jpg
豆腐とホタテのスープ

これがとても美味しくできたんです。
創味のシャンタンスープを控えめにつかっただけですが、
ホタテを使ったので味が深くなりました。
ホタテは身の部分とひもの部分を分け、丁寧に刻みました。
このほうが食べやすいです。
仕上げに青椒肉絲でつかった卵の残りを回しいれ、
水溶き片栗粉でとろみをつけました。
とてもおいしくできたのでおかわりしました。
オットさまにも褒められて嬉しかったです。

b0362781_08521297.jpg
青梗菜の炒め物

軸の部分と青菜の部分は丁寧に別々にカットします。
フライパンではなく、20センチくらいの行平鍋のなかで、
極少量の油をつかって炒めました。
火にかける前に油と塩少々を振ってから青菜を炒めると
時間がたっても水分がでません。
以前中華料理の先生に習った方法です。
青椒肉絲にたっぷりにんにくをつかったので
こちらには使わず、シンプルなシャキシャキ青梗菜を楽しみました。


今日もまた雨、、、、、
オットさまは出張前で忙しそうです。
朝起きたらテーブルにPCと書類が並んでいました。
夜遅くまで仕事していた模様です。

昨日は、出張用の長袖のワイシャツ10枚ほどにアイロンをかけ
綺麗にたたみました。
スーツやズボンにもアイロンをかけ、下着も用意しました。
毎度のこととはいえ、結構時間がかかる作業です。

衣替えは晴れた日にしたいのですが、なかなか晴れてくれませんね。
もう9月もあと1週間。
今年はいつになく時が過ぎるのが早い。。。


昨晩、にんにく、生姜、葱をたっぷり入れたからでしょうか、
体が暑くてぽかぽかしています。
中華風のおかずは、体が冷え知らずになり、元気が出ます。




ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓
                   
                   人気ブログランキングへ
[PR]
by mahoroba-diary | 2016-09-23 09:04 | 夜ごはん | Comments(0)

体が喜ぶスープでランチ♪



今日のお昼は、またまたスープにしました。

昨晩、紫玉ねぎのスープをたっぷりいただいたら
今日はとっても体調が良いです。

天気も悪くて、体を動かさないから、
お昼もスープにしようと作りました。

b0362781_17462633.jpg
卵とニラとトマトとお豆腐、そしてたっぷりの生姜を入れています。

お出汁は、

b0362781_17471208.jpg
最近よく使う和風の茅乃舎だし焼きあご入りです。
まことに便利なお出汁、
わたしの周囲でも使っている人がとても多いです。

b0362781_17483375.jpg
自分で食べるのでトマトは湯剥きせずそのままカットして入れています。
調味料は、お出汁に、お酒少々、お醤油少々、塩少々、
それから極めつけは、お酢!
米酢を少し入れて酸味をいれました。
火を入れると余分な酸が飛んで、まろやかなお味に。
あれば、もちろん黒酢なんか合うでしょうね♪

塩分は控えめにしてたっぷりいただきました。
おなかいっぱいになってももたれることがなく
スープってとてもいい。
いまさらですが再発見です。







ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓
                   
                  家庭料理 ブログランキングへ
[PR]
by mahoroba-diary | 2016-07-21 17:53 | お昼ごはん | Comments(0)

おいしい!夏のスープ



昨日はいろんな準備や調べものもあり一日中冷房のきいた自宅にいました。

夜はまたオットさまとふたりでの夕食になりました。

ちょうど出来上がったころに仕事から帰宅しました。


b0362781_07515069.jpg

家にあるものでなにか温かいものをつくろうとこしらえたのが、
この夏のスープ

枝豆ととうもろこしの色が綺麗です。
お豆腐は絹ごしをつかっています。

茅乃舎の焼きあごいり和風だしをつかい、ほんの少し薄口をたらし
塩少々で味を調えます。

最後は葛でとろみをつけます。

ほんのり優しいお出汁の味と枝豆やとうもろこしのプリプリ感、
絹ごしの柔らかさと相まって体が癒されるスープとなりました。

b0362781_08440502.jpg
茄子の揚げ浸し

こぶりの茄子でした。午後に油で素揚げして、
天つゆに浸して冷蔵庫でよく冷やしておきました。
残っていた大根をおろして天盛りにしていただきます。

茄子はじっくり揚げてとろとろになるようにしました。
皮がついているので崩れませんが
お口に運ぶととろりとしておいしいのです。
大好物の一品、少しですが満足しました。
茄子好きのオットさまも喜びました。

b0362781_08463757.jpg
お昼にたっぷりいただいていたのでこれだけで満足、
と思っていましたが、

b0362781_08470973.jpg
やはりなにか足りなくて、
常備してあるカレーのレトルトを1袋温めて
二人で半分ずついただきました。

ご馳走様でした。



バングラデッシュで起こったテロ事件。
犠牲者やご家族の方に哀悼の意をささげたいとおもいます。
またもや、若い海外で働く日本人が犠牲になりました。
この数年いろんなところで日本人が巻き込まれるケースが増えてきていますね。
旅行であれ、出張であれ、いつどこでなにが起こるかわからない時代に
なってしまいました。
個人的にも家族や親族が海外に住んでいますし、
うちのオットさまもしばしば海外出張に行きますので
他人事でない心境になります。






ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓
                   
                  家庭料理 ブログランキングへ
[PR]
by mahoroba-diary | 2016-07-03 08:56 | 夜ごはん | Comments(0)