タグ:サラダ ( 21 ) タグの人気記事

一食だけの日曜日






昨日はカラリとした気持ちの良いお天気でした。


朝食は抜いて過ごし、
お昼はおつきあいしてちょっと車で出かけました。


b0362781_06101828.jpg

アメリカンクラブハウスサンドウィッチ


わたしにしては珍しい選択でしたが、
おいしくいただきました。
フリットは1-2本いただいて、残しました。


b0362781_06121756.jpg
お庭を眺めながら賑やかな午後でした。



b0362781_06124977.jpg
前菜にはミニサラダ
フレンチドレッシングをかけて。


b0362781_06132011.jpg
サービスのコーンスープ


クラブハウスサンドに少し時間がかかったので、
お店の方が、こちらでお凌ぎ下さい、とサービスしてくださいました。


美味しくいただきました。
ご馳走様でした。



談笑を愉しんだ後は、
所用のため、久しぶりにレインボーブリッジを渡ってお台場へ。


写真を撮ろうと思いましたが、
曇り空で空も海もグレーでしたので写しませんでした。


用事を終えて自宅へ戻り、スーパーに出かけましたが、
日曜日の夕方は家族連れのお客さんたちで大混雑。
必要なものだけ購入してすぐに帰宅しましたが、
オットさまも私も空腹ではなく、夕食も抜いて一日を終えました。


今朝はしっかりめの朝食を準備して
新しい1週間を始めたいと思います。


10月になりましたね。
ハロウィンの飾りもちらほらと見かけます。
これから気温も下がり秋本番ももうすぐですね。
体調に気をつけながらも、
今週も元気に過ごせますように。


皆様もどうぞよい1週間を!




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-10-02 06:22 | 外ごはん | Comments(4)

ツナときゅうりを詰めたトマトサラダ




上野の黒船亭という洋食屋さんに、
蟹の身詰めのトマトサラダ、というとてもおいしい一品があるのですが、
それをヒントに前菜の一品を作ってみました。


b0362781_06372600.jpg

ツナときゅうりを詰めたトマトサラダ


トマトのお尻部分をカットし、
中をペティナイフとスプーンなどでくり抜きます。
くり抜いたトマトの身の部分を粗く刻んで、
短い千切りにしたきゅうりとツナとマヨネーズで和えて
ファルス(詰め物)を作ります。
綺麗にくり抜いたトマトにファルスを詰めます。
仕上げに人参ドレッシングをかけます。
いただくときは、ナイフとフォークでいただきます。


家にある材料でアレンジしてみましたが、
とてもおいしくてまたリピートしたくなりました。
蟹の身があればなお良いですが、ツナでも十分美味しいです。
帆立の水煮でも合いそうです。


蟹の身詰めのトマトサラダは
上野の黒船亭にいくと絶対に頼んでしまう前菜のサラダです。
そのあとはビーフシチューかタンシチューと決めていますが、
最近とんとご無沙汰です。
久しぶりに食べたくなってきました。


昨日は、スマホのWi-Fi設定をリセットし、
再度設定をしたら、サクサク動くようになりホッとしました。
ルーターの故障ではなかったようです。


台風が近づいているようですが、
皆様、今日もお元気によい水曜日をお過ごしくださいませ♪


いつもご訪問いただきありがとうございます。
皆様のブログを毎日愉しみに拝見しておりますが、
しばらくコメント欄を閉じさせていただきます。
何卒ご了承ください。




ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-07-05 06:52 | 夜ごはん

茹で鶏のサラダ/鯵の竜田揚げ たっぷり薬味添え



昨日は終日くらーい曇り空。
沖縄や鹿児島は梅雨入りが宣言されましたが、
まさか関東も?とおもうほど今日も曇り空の東京です。


昨日は、いつもの食品売り場に出かけたら、なぜかほとんどが男性客でした。
なんか変だなあ、いつもと違うなあ、と思いながら食材を見ていて、はたと、
明日は母の日だから、お父さんたちもお母さんをねぎらっているのかな、と
思いました。


b0362781_10051757.jpg
茹で鶏のサラダ

棒棒鶏にしようかとも思いましたが、胡麻ソースではなく
ザーサイ入りの酢醤油でドレッシングをつくってかけていただきました。
下に、きゅうり、
茹で鶏は小さなささみ2本、
パクチーをたっぷりかけ、その上に斜め切りした白ネギをのせました。


b0362781_10073593.jpg
鯵の竜田揚げ たっぷり薬味添え

この時期かならず鯵が食べたくなってきます。
鯵は梅や大葉と良く合いますね。
大葉とミョウガの千切りをよく洗って冷蔵庫で冷やしておき添えました。
揚げたてに塩をぱらりと振っていますが、
叩いた龍神梅も添えて一緒にいただきました。


我慢に負けて、チューハイというしゅわしゅわにお供していただきました。
御馳走さまでした。



さーて、オットさまももうじき帰宅します。
明日1日くらい休んで欲しいけど、多分朝から出勤するでしょう。
すこし長い出張だったので、洗濯物もわんさかありますので、
さっさと片づけて、明日から通常モードに転換したいと思います。


b0362781_10125790.jpg
この時期かならず飾る芍薬

花瓶に生けたらすぐに花が開き始める
フューシャピンクは大好きな色のひとつです。


b0362781_10152365.jpg
数日でもうこんなに爛熟状態になる
でも、これはこれで美しいとおもう。

そして今朝は花びらが少し落ちていました。
ほんの束の間だけれど楽しませてくれてありがとう!


b0362781_10184205.jpg
愛犬の散歩途中、若葉があまりに生き生きとして瑞々しかったので
1枚撮ってみました。
数日前まではいいお天気だったのに、
今年はもしかして梅雨入りが早いのか、、、


もうすぐ紫陽花も美しい季節ですね。



今日は母の日、プレゼントを買い忘れたという方も
1本の電話だけでもお母さんたちは喜ぶのでは、と思います。
それでは、今日も一日、よい日曜日をお過ごしください♪





ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
宜しければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-05-14 10:24 | 夜ごはん | Comments(0)

鰹のたたき/サラダ/きゅうりの昆布酢漬け



連休も明日で最後となりましたね♬
皆様、きっとそれぞれに愉しい連休をお過ごしだったと思います。

小旅行の記事が続いていましたが、
その間もしっかりご飯は食べていました。


数日前の夕食です。

b0362781_19414421.jpg
右端、プレモルの香るエールを試してみました。

この日は所用で出かけ歩き疲れていましたが、
同時に食欲も湧いていました。

b0362781_19434385.jpg
鰹の藁焼き

その日、本当は別のお魚を求めて魚売り場に行ったのですが、
所望のものは売り切れていました。
なにかないかな、と探していると、
大好物の鰹の藁焼きが小さなサクで並んでいました。
見つけたと同時にカゴに入れていました。
オットさま、すまぬ~と心の中で詫びて一人でいただきました。
薬味は、新生姜、茗荷、大葉、生にんにく。

b0362781_19464188.jpg
鰹についている高知の天日塩とポン酢で。

この日歩き疲れていましたが、プレモルと鰹で一気に生き返りました。

b0362781_19481949.jpg
サラダ

水菜、グリーンリーフ、
トマトは高知県のとさかみフルーツトマトを試してみました。

胡麻だれとポン酢を合わせたドレッシングをかけて
もりもりいただきました。
馬になったかとおもう量でしたが完食でした。

b0362781_19505031.jpg
きゅうりの昆布酢づけ

温かくなってくるときゅうりが食べたくなります。
軽く塩もみしたきゅうりを昆布酢につけるだけですが美味しい一品です。
金胡麻少々をふりかけました。




明日はフランスの大統領選挙なのですね。
どちらが勝ってもフランスは大丈夫なのかな、
と個人的には思ってしまいます。
昨晩、報道ステーションの最後の方で草間彌生さんのインタビューがありました。
偶然見たのですが、インタビューの内容を見て
最近特に若い方に人気があるのがわかるような気がしました。
なにか世界全体が、”脱これまでの常識”を求めているような
なんともいえない不安定さを感じる昨今です。


時折汗ばむほどの陽気です。
熱中症の注意も出ているようです。
皆さまも、どうぞ良い最後のGW連休をお過ごしください♪




ブログをごらんいただき、誠にありがとうございます。
ランキング参加しております。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-05-06 20:08 | 夜ごはん | Comments(4)

トマトソースのパスタ/前菜の盛り合わせ/サラダほうれん草のサラダ/セロリのポタージュ



ゆっくり休養できた日曜日でした。

朝食は抜いて、早めのランチは、
土曜日につくったトマトソースを使ってパスタにしました。

b0362781_09075436.jpg
トマトソースのパスタ

パルミジャーノを削って一緒に和えました。
とっても満足な一品となりました。
パスタは1人60gです。


b0362781_09074178.jpg
前菜の盛り合わせ

パスタの前に、こちらをいただいていました。
土曜日出し忘れた赤パプリカのマリネ、
新たに茄子、甘唐辛子、椎茸も焼いてマリネ、
ホタルイカのニンニク炒めも添えました。
マリネは一度食べだすと病みつきになるほど好きです。
今年はたくさんつくろうと思います。


b0362781_09081241.jpg
夜はサラダほうれん草のサラダ
両面を網でこんがり焼いた油揚げ、トマト、茹で卵、大葉も
たっぷり乗せました。

ポン酢ドレッシングでもりもり野菜をいただきました。


b0362781_09082764.jpg
セロリが余っていたので、すべてをつかってポタージュにしました。
新ジャガイモ2個、玉ねぎ1個分も入っています。
セロリやキャベツは個人的に体調維持に不可欠な野菜です。


新しい1週間が始まりました。

皆さま、今週もどうぞよい1週間をお過ごしください。




ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-04-10 09:21 | お昼ごはん | Comments(0)

真イカの一夜干しの焼きもの/水菜とじゃこのサラダ



昨日は、朝から雨で寒い一日、
ずっと家に居て、のんびり過ごしました。


お昼はオットさまがパスタを作りましたが、
わたしは丁重にお断りをして抜きました。

夜も軽めですませました。

b0362781_09134545.jpg
ビールを飲みながら、軽い夕食です。

b0362781_09143661.jpg
真イカの一夜干しの焼き物

適宜にカットして魚焼きグリルで両面を炙りました。
淡路島産のいただきものです。
焼くと磯の香りが広がります。
関西らしい上品な塩の乗せ方で呑兵衛にはたまらないおつまみです。
マヨネーズ、七味でいただきました。

b0362781_09172925.jpg
水菜とじゃこのサラダ

京都産の水菜、兵庫県産のおじゃこをたっぷりいただきました。
ポン酢ドレッシングでいただきました。
おじゃこをかけるとオットさまが野菜をたくさん食べる
ということに改めて気づいた次第。


昨年、ラスベガスで購入してきてくれた
ナパのピノノワールも開けて少しいただきました。
普段アメリカのワインはほとんど飲みませんが、
たくさんいいワインがありそうです。


午後にふとBSをつけたら、映画たそがれ清兵衛をやっていました。
当時、海外に住んでいましたが、
藤沢周平の世界を山田洋次監督がどのように描くのか
興味があって、DVDを取り寄せて数えきれないほどメイキング映像を見ました。
ちょうどベルリン映画祭もあり、遠くから監督の御姿を見た記憶があります。
別の映画の試写会に参加させていただく機会があり、
そのときに真田広之さんと握手、サインをいただく幸運を得ました。
何人かの日本人の友人知人と一緒だったのですが、
日本人が少なかったからか少し会話もしてくださいました。
ほんとうに間近でしたので、ドキドキしました。
小柄な方でいらっしゃるのに、圧倒的な存在感、
そして渋いお声、心と体を極限まで鍛えあげていることが
強烈に伝わってきました。
その後の試写会での流ちょうな英語の挨拶、
同じ日本人として誇らしい気持ちになったのを覚えています。
あまりに素敵でかっこよくて、その後の1週間ボーっとしていました。
部屋に一緒に撮っていただいた写真を飾っていたら、
いつのまにかオットさまの顔写真にすり替えられていました。
懐かしい思い出の一コマです。


今日も朝から雨が降り寒いですが、
皆さま、どうぞよい1週間をお過ごしください。





ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-03-27 09:33 | 夜ごはん | Comments(2)

鰯とトマトとじゃがいものオーブン焼き/ホタルイカと空豆のXO醤炒め/じゃこサラダ



なんとか18時過ぎには帰宅して、それからすぐに夕食づくりを始めました。
急いでいるときに限ってオットさまは早い帰宅。
テレビを観ながら待っていてもらいました。

b0362781_09350728.jpg
鰯とトマトとじゃがいものオーブン焼き

鰯は4匹分、頭と内臓を落として良く洗い手開きにし、中骨を抜き、
脇の骨を切り落とし半身に分ける。塩胡椒をふる。
じゃがいもは茹でて皮を剥き、スライスする。
底にじゃがいもを敷き、塩胡椒、オリーブオイル少々をかけ、
上にトマトのスライスを敷き、その上にオリーブ油で両面をソテーした鰯を
重ね、香草パン粉(パン粉、粉チーズ、ニンニク、パセリ、オレガノ、オリーブ油を混ぜたもの)を塗り、220度のオーブンで15分焼く。

b0362781_09404009.jpg
ホタルイカと空豆のXO醤炒め

空豆は茹でて皮をむく、ホタルイカは目を取り除く、
フライパンに米油を熱し、にんにくのみじん切り少々を炒め、
ホタルイカ、空豆、xO醤と炒め合わせる。塩はほんの極少々加える。

b0362781_09423350.jpg
じゃこサラダ

グリーンリーフ、ホワイトセルリーはよく洗い、食べ良い大きさにカットし
冷蔵庫で冷やしておく。
食べる直前に生のレモン半分を全体に絞りかけ、じゃこ、金胡麻を振る。
好みでごま油をかけるが昨晩はなしで。



6年前の3月10日、私たち夫婦はそれぞれ前もって計画していた所用のため、
私は愛犬と北へ、オットさまは所用で西へ向かいました。

そして翌日の3月11日、私は両親が暮らす家の居間で家族と談笑しながら
和やかな午後を過ごしていました。

突然、ものすごい揺れ、3分くらい続いたのではという尋常ではない揺れに遭遇、
とっさに愛犬を抱え、テーブルの下に潜り込みました。

必死に這いつくばりながら、テレビのリモコンを手に取り、つけた瞬間、
ブツン!と電源が切れ停電になりました。
時計はものすごい揺れの中で14時46分をさしていたのを今も覚えています。

揺れが収まった後、スマホを手に取りましたが電話もメールもつながらない。
どこが震源なのか、規模は?被害は?まったく情報がないまま、茫然としている私に当時病後だった母は、気丈にも、「停電なのだから冷蔵庫にあるものをできるだけ食べれるものに替えるのよ」といい、カセットコンロで料理を始めました。
そして家中の乾電池と懐中電灯、灯油ストーブをかき集めるよう指示され、
「まだ明るいうちにおにぎりをつくるのよ」とカセットコンロで鍋で米を炊き、
一緒におにぎりをたくさん作りました。

しばらくして暗くなり、懐中電灯の灯りだけで皆で食事を取りました。
ほどなくして水も停まり、情報源はなんとか探した乾電池で動くラジオから
流れてくる情報だけ。

夜は寒いのでコートやジャケットを重ね着して、布団を重ねて皆で
一緒に夜を過ごしました。トイレもお風呂も台所もろくに使えないそんな日が
数日続いたのち、やっと電気が戻りテレビをつけたときに
突然目に飛び込んできたのは津波で東北の町々が壊滅状態になった映像でした。

数日してやっとオットさまと連絡がつき、早く帰京せねばと思うのだが、
新幹線も在来線も道路も陸路はすべてダメ。
なんとかフライトを抑えて愛犬とともに自宅に戻ったのは2週間を過ぎてから。
今度は、オットさまに海外出張命令が(なんで、こんなときに!)。
結局わたしたち夫婦が再会したのは震災から1か月近く経ってからのこと。
久々に顔を合わせた日のことをいまも忘れていません。

余震がやっと収まってきた頃、立て続けに身近で二人が亡くなり、
また私たちの親しい人たちの間で、離婚、病、転職、そして国内外への
転居、といったことが続出し始めました。
またある人たちは震災を機に、それまで暮らしていた国内外から東京の家族のもとへ
戻ってくる、ということもありました。
書ききれないほどの出来事の連続。
この6年、直接震災とは関係なくとも私たちにも様々な試練がありました。

このブログをご覧の方々の中には、私の経験などはるかに超える
筆舌に尽くしがたいご苦労をなさった方も多いかもしれません。

年末に、某歌舞伎俳優の方がテレビで
「ふつうであることが一番ありがたい」とおっしゃっているのを見て、
心から激しく同意してしまいました。

ほんとうにそう。当たり前のことは当たり前ではなく実は奇跡で、
一瞬一瞬が奇跡なのだと思えるようになりました。

あの時の経験から、どこかへ旅に出ても、常になにが起きるかわからないと
思っている自分がいます。
都内でさえ、近場に出かけるときでさえ、もし地震がきたら、と考えて
愛犬のために多めの食事と水を用意して出かけています。

近所のスーパーで食材が買えるありがたさ、そしてそれを
ガスや電気や水で調理できるありがたさ、
震災前にはあまり実感しなかったことです。

そして夫婦で毎晩当たり前のように食事がいただけるありがたさ。

震災直後、真っ暗闇の中で家族の一人一人を慰め励ましてくれた愛犬の純粋さ。

いろんなわたしにとって当たり前になりかけていることに
今一度感謝し直す日。

そしていまなお家族と離れ離れであったり、避難を続ける多くの人たちが
安心して暮らせる日が来ますように、
今日一日はやはり祈りの日としようと思います。










[PR]
by mahoroba-diary | 2017-03-11 10:28 | 夜ごはん | Comments(2)

サラダ仕立てのトマトとツナと大葉のパスタ



このところ時間に余裕がなくて更新できていませんでした。

今朝は、朝からなにも食べずに、掃除、洗濯、書類の整理、書類の読み込み
愛犬の世話などなどに追われ、やっと一息ついています。

綺麗に掃除してさっぱりした空間で、早めの簡単ランチです。

b0362781_11122505.jpg
サラダ仕立てのトマトとツナと大葉のパスタ

(時間がないのでiphoneで撮影しました)

パスタはディチェコのペンネリガーテを50g
トマトは冷蔵庫に余っていた和歌山産の赤とんぼというミニトマト
いつも常備しているツナ缶、
大葉の千切り(水にさらしてよく絞ったもの)
粟国の塩
カンボジアの白胡椒

トマトがとてもおいしいので、火を通さず小さめにカットして
上から散らしました。
ペンネは茹でて、ツナとオリーブオイルで和え、オレガノ少々加えて。
仕上げに大葉と塩、胡椒を振る。
超シンプルなサラダパスタでした~~

本当はにんにくを入れたかったけれど、
これから人に会う予定があるので入れずに。

今晩は家で作って食べれるといいのですが、どうかな。

今日はよく晴れて気持ちの良い一日になりそうです。

明日は、3.11。
微力な私ですが、被災地に心を寄せています。


それでは皆様、
どうぞ良い週末をお過ごしください(^^♪




ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-03-10 11:19 | お昼ごはん | Comments(0)

豚とアサリのアレンテージョ風/キャベツと春野菜と海老のサラダ/人参のポタージュ



ちょっと以前に
マッサ(Massa)という赤パプリカと塩でつくる
ポルトガルの調味料を買ってありました。

で、昨日近所に買い物に出かけると、偶然、熊本産のアサリが
ものすごくお買い得でした。
よく見ると、アサリはきちんと生きていたのでお買い上げして、
あれをつくろう、と即決したのでした。
パセリ、コリアンダーも仕入れて。
(こういう時、お庭にハーブが植えられているお宅、ほんとうに羨ましいです)


b0362781_09403181.jpg
昨晩の夕食風景

b0362781_09434158.jpg
豚とアサリのアレンテージョ風

このお料理は、10数年前にポルトガル旅行中に偶然出会ったもので、
わたしにとっては忘れられないお料理です。

昨日はあぐー豚の肩ロースを300gくらい、アサリは2パック分
マッサ、白ワイン、オリーブオイル、にんにく、ローリエのみの
シンプルな材料で作りました。

b0362781_09465169.jpg
豚肉は大きめの一口大にカットし、マッサ、白ワインでマリネする。
にんにくのみじん切りはこの時点で一緒にマリネしても良いし、
火にかけるときに入れても良いと思う。お好みで。
ローリエを置いてきっちりとラップをして冷蔵庫で3時間ほど寝かせたが
寝かせる時間についてもお好みだと思う。
フライパンに、オリーブオイルを熱し、肉を炒める。
(この際、あんまり動かさないで焼き付ける)
火が粗方入ったら、塩抜きしておいたアサリを入れて、白ワインを入れ、
お好みでローリエも入れ、蓋をする。
ムール貝の白ワイン蒸しみたいな感じで、貝が開くまで蓋をする。
蓋をとって、水分を少し煮詰め味を見てできあがり。

b0362781_09484124.jpg
無添加であることを確認してこちらを購入していました。
原材料は、塩と赤パプリカのみ。
いつもは、パプリカパウダーでつくっていたけれど、
今回初めてマッサを使ってみました。

b0362781_09500552.jpg
中はこんな感じ。
ものすごく塩気が強い(当たり前ですが)ので、
塩代わりに使う感じ。
昨年だったか日本でもブームになったらしいけれど、塩レモンと同じで
本当に日本に定着するかどうかはちょっとまだ疑問。

b0362781_09514466.jpg
食べる直前にレモンとコリアンダーをかけていただきます。
レモンとコリアンダーは絶対にマスト!
オットさまはコリアンダー少な目で。
マッサを入れるだけで独特の風味が出ます。おいしい!
オリーブオイルとの相性がすごくいい。
お肉は縮むので個人的にはもっと大きく切ってもよいと思う。
現地で食べたときもかなり大きめのがゴロゴロ入っていた。
当時はレストランで食事の写真を撮るのは良くないと思っていて
(実際に嫌がられるし、いまみたいにスマホがなかった)
写真が残っていないのがとても残念だ。
あったら再現に近づけるのに~

b0362781_10115256.jpg

キャベツと春野菜と海老のサラダ

キャベツはいつもより太くスライスし、オリーブオイル、ビネガー
塩、白胡椒のみでよく和えて冷やしておきます。
スナップエンドウ、菜の花は茹でて色止めする。
海老は殻を剥き、ニンニクのスライスと多めのオリーブオイルで
弱火で火を入れておく。
キャベツに味が入っているので、ドレッシングはなし。
海老を煮たオイルはとてもおいしいので翌日のパスタ、炒め物などに使える。
因みに、このお皿はアレンテージョの小さな村で買った陶器。
高価なものでは決してないが、独特の花柄が気に入って大切にしています。

b0362781_10180931.jpg
人参のポタージュ

昨日は、人参2本、セロリ1本弱、玉ねぎ1個、にんにく1片で。
オットさま曰く、いつもより色が薄いね、と。
そう、わたしもそう思う。春に近づいて人参が優しい色になっているし、
野菜に水分が多くなってくるからかしら。
畑から遠く離れた生活をしていても、食べ物を通して
少しは季節を感じていたい。

b0362781_10145423.jpg

その10数年前の話です。
1週間ぐらいポルトガルを走り回る計画で出かけたのですが、
リスボンに着いたら、航空会社に預けた荷物が出てこない!
リスボンに2泊して、荷物がないまま、
宿を予約していたエヴォラという街に向かいました。
リスボンから向かう車中、
乾燥した大地に、オリーブの木やコルクの木が生えていて、
わたしにとっては初めて見る風景。興奮しました。
エヴォラについて、しばらくすると宿に電話が入り、
「荷物がやっと到着しました。いまからそちらまで届けます」との報。
ようやく荷物を受け取り、ホッとしてエヴォラの街へ繰り出してのち、
自分たちで歩いて探して入った食堂で出てきたのがこのお料理。
メニューを見ても知らないお料理ばかりだったけれど、
以前NHKのきょうの料理で玉村豊男さんがつくっていたのを覚えていて
思い出して注文してみたのだが、とにかく強烈においしくて忘れられない。
日本に帰ったらやってみようと思って何度もつくっているけれど、
これは、とにかく、豚肉が違うんですよね。
多分あそこで食べたのは近くで育っているイベリコ豚で、
豚そのものの味が強烈にいいんだと思う。
それから、その家その家に伝わる手作りのマッサ、現地の白ワイン、
現地のオリーブオイル、もうそれだけで、あとはなにもいらないという。
このお料理から出るスープはとてもおいしいので、ご飯にもパンに浸しても
おいしいから、これ一品で充分のおかずになります。あとはサラダがあれば。
昨日もオットさま、スープをご飯にかけて完食です。

エヴォラでこのお料理に接した後は、一気に食べる情熱が沸き起こり、
訪れる街々で一度も食事に裏切られませんでした。
本当に食べる喜びを知ったのは、わたしのヨーロッパでの生活の中では
ポルトガル、スペイン、イタリアでの経験から。
フランスでは美味しいところはもちろんたくさんあるけれど、
裏切られることも多々あった。
(フランスファンの方、ごめんなさい)
ポルトガルで食べるポルトガル料理は、旅行する日本人にとっては
とても親しみやすく口に合うものがほとんどだと思う。
でも、日本で同じレシピで作っても、水も土壌も違うからなにかが変わってくる。
肉の旨みがなんだか足りないから、寒こうじなどに漬けてしまいたくなる。
肉や魚の世界は鮮度から熟成のことなどものすごく奥が深そうだから、
いつも遠巻きに見てきたけれど、
本当にまだまだわからないことだらけです。

いずれにしても、今回封を切ったマッサはきちんと消費したいので、
ひとりのときなどにいろいろ試してみよう。
赤パプリカをよく使う料理といえば、
チェコ、あるいはポルトガルつながりでブラジルとか?
ブラジルには行ったことがないのでわかりませんが、
久々に外国のお料理に興味津々なひと時でした。





ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-03-08 10:44 | 夜ごはん | Comments(2)

粕漬の焼き魚/切り干し大根ときゅうりの和え物/マリネ鶏のソテーのサラダなど



昨夜も夫婦ふたりでの夕食でした。

b0362781_08075087.jpg

昨晩の夕食風景

昨日は晩酌なしで、ご飯とお味噌汁とともにゆっくりいただきました。


b0362781_08071033.jpg
魚久の粕漬の焼き物

鮭と鱈の2種を半分に切り分けて魚グリルで焼いたもの。
白いご飯が進むオットさまの大好物です。

b0362781_08071951.jpg
切り干し大根ときゅうりの和え物

切り干し大根(25g)は水で戻し、よく水気を絞っておきます。
きゅうり1本は1mmくらいの薄さに小口切りにして、立て塩に漬け、
(水カップ1に小さじ1の塩)水気をよく絞ります。
食べる直前に、切り干し大根をポールにほぐし、松田のマヨネーズ大さじ1/2強、
醤油ポン酢、薄口、米酢各数滴~少々で和え、味を見て調整し、
最後にもう一度水気をよく絞ったきゅうりをざっくりと和えてお皿に盛り付ける。
最後に金胡麻を振りました。

思い付きでつくった一品ですが、きゅうりと切り干し大根の歯ざわりがよく
マヨネーズを加えることで他のお料理とも味がかぶらず愉しくなります。
3杯酢のみにしてカニと合わせたり、あるいは海老、ホタテなどを加えても
合いそうです。

b0362781_08072829.jpg
マリネ鶏のソテーのサラダ

一昨日の残り物のマリネ鶏(バジル風味)をふっくらさんで焼いて
冷ましておきます。
茹で卵は沸騰したお湯に8分入れて冷水で冷まし皮を剥いておきます。
グリーンカールとトマトもよく洗って冷蔵庫に冷やしておきます。
食べる直前に、それぞれカットして盛り付けます。
鶏に味がしっかりついているので、ドレッシングはなしでいただきました。
宮崎産のトマトですが、とてもおいしい!
あちらはもう暖かいのでしょうね。

b0362781_08073661.jpg
沖縄のもずく

おろし生姜をたっぷりあしらいました。

b0362781_08081043.jpg
炊き立てご飯と豆腐と葱のお味噌汁とともに

お味噌汁は500㎖の出汁にお味噌は25gで作りました。
出汁が効いていれば、これくらいの分量でもわたしは充分です。
お味噌はおいしいですが、塩分の摂りすぎが気になります。
特にオットさまは大好きでおかわりするので、最近特に気を付けています。


週末歩きすぎて、脚が痛くなり、昨日はほとんど自宅にいました。
どこかが痛いとすべての動作がゆっくりになり、
ひとつひとつの動作を丁寧にするようになります。
お米もゆっくり丁寧に洗って炊いたら(炊飯器ですが)
炊きあがり、お味も普段と違いました。
気のせいでしょうか。


今日から3月ですね!
最近朝の鳥たちのさえずりが生き生きしていて愉しいです。





ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ、ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-03-01 08:48 | 夜ごはん | Comments(5)


毎日の食卓風景を綴ります。時々外食も楽しんでいます。


by mahoroba-diary

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
夜ごはん
お昼ごはん
朝ごはん
外ごはん
お散歩
食材 調味料
パン
常備菜
スイーツ
調理道具

インテリア
つぶやき
旅の想い出

メモ帳

ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、バナーをポチッとよろしくお願いします。


家庭料理 ブログランキングへ

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

最新のコメント

> kobackenさん..
by mahoroba-diary at 13:39
よいな、よいな、まほろば..
by kobacken at 12:41
> satohitさん ..
by mahoroba-diary at 07:27
昨日は11月の気温として..
by satohit at 07:14
> golmegさん ..
by mahoroba-diary at 10:04
ウチも同じメニューでした..
by golmeg at 09:31
> etigoya13-..
by mahoroba-diary at 19:23
野菜たっぷりのグラタン、..
by etigoya13-3 at 18:56
> keiko-cako..
by mahoroba-diary at 11:33
こんにちは。 いつも楽..
by keiko-cako at 10:18

最新のトラックバック

プッチーニの最高にロマン..
from dezire_photo &..
フィレンツェのメディチ家..
from dezire_photo &..

検索

タグ

(21)
(21)
(20)
(18)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新の記事

蒸し牡蠣のベーコン巻き/豚肉..
at 2017-11-21 06:30
蒸し豚しゃぶ
at 2017-11-20 06:45
ポルペッティ/人参のポタージ..
at 2017-11-19 06:25
ヴィロンのバゲットサンドウィ..
at 2017-11-18 05:28
平目のお刺身と煎り酒/豚の生..
at 2017-11-17 05:46

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
おうちごはん

画像一覧