まほろば食日記

mahorobady.exblog.jp
ブログトップ

タグ:エビチリ ( 3 ) タグの人気記事

中華風の夕食






8月中旬というのに、拍子抜けするような涼しい昨日でした。
西日本は暑く、東日本は涼しいようです。



b0362781_06292239.jpg

昨夜の夕食風景


普段よりすこし手をかけて丁寧に準備しました。



b0362781_06302416.jpg

海老のチリソース


以前、上海料理のシェフに習ったレシピで作りました。

綺麗にした海老に、塩、胡椒、卵白少々、重曹をよくもみ込み、水溶き片栗粉でまとめます。
それを低温の油で湯通しします。
(昨日は、油を入れた湯で、湯通ししました。)
中華鍋を温め、油を馴染ませ、ニンニク、ショウガのみじん切り、豆板醤を炒め、香りを出し、
合わせ調味料(鶏がらスープ、ケチャップ、酢、塩、きび糖)を加え、一煮立ちしたら
海老を戻し、水溶き片栗粉でとろみを付け、最後に葱のみじん切りを加え、
ごま油少々を振ります。
(お好みでラー油も)

レシピでは、炒めた卵も加えますが、昨日はスープに卵を使ったので控えました。
また、にんにくと生姜のみじん切りは、レシピの倍量加えています。
たっぷりの薬味が食欲をそそります。


作っている最中から、美味しい香りが漂います。
オットさまが狂喜した一品となりました。
チリーソースは白いご飯に載せても最高です。
(危険ですけれど。)


b0362781_06390919.jpg

蒸しどりと胡瓜の胡麻ソース


鶏ささみ肉を酒蒸しして、手で食べやすく割いておきます。
胡瓜は細切りにして冷蔵庫で冷やしておきます。
練りごま、酢、きび糖、醤油で胡麻ソースをつくり食べる直前にかけていただきます。

こちらも定番ですが、美味しくできました。



b0362781_06412204.jpg
茄子の涼拌

魚焼きグリルで皮ごと焼いた焼きナスを食べやすい大きさに切り揃え、
酢、醤油、ごま油少々、きび糖、鶏がらスープを合わせたものに漬けて
冷蔵庫で冷やします。
食べる直前に、白髪ねぎを天盛します。


北海道女満別の軟白ねぎを使いました。
柔らかく癖が少なく、この時期にも食べやすい葱でした。


b0362781_06441078.jpg

京都の枝豆

とても美味しい枝豆でした。


b0362781_06544413.jpg

トマト風味の卵スープ


昨日、オットさまが絶賛してくれた私の創作スープです。
冷凍しておいた自家製鶏がらスープを解凍し、そこにチェリートマトを皮ごと入れ、
蓋をしてしばらく煮ます。トマトが崩れてきたら鍋の中でつぶして
目の細かいザルで濾し、トマトの皮と種を取り除きます。
そこに吉野葛でとろみをつけ、卵を流し込みます。
写真ではわかりずらいですが、お口に運ぶとフルフルの茶わん蒸しのような触感です。
そしてトマトの旨味と鶏がらスープが相まって、
体に染み渡るような美味しいスープができました。
仕上げに黒胡椒を挽いています。



やっぱりおうちでのご飯は幸せです。
ご馳走様でした!




昨日あたりから、ご近所も少しひっそりとしています。
毎年お正月とこの時期は東京はとても静かです。

お天気はすぐれませんが、
引き続き、のんびり夏休みを満喫したいと思います。



皆様もどうぞ素敵なお盆休みをお過ごしくださいますように♫♫♫







ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
宜しければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓

人気ブログランキング

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-08-12 07:00 | 夜ごはん

中華な夕食



昨晩は中華風のおかずを用意して、夫婦ふたりでの夕食でした。

b0362781_08322643.jpg
回鍋肉、エビチリ、蒸し茄子

大皿に盛って、それぞれ取り分けていただきます。


b0362781_08331551.jpg
回鍋肉

薄切りの豚ロースを140g使いました。
キャベツは4分の1個分、ピーマンは3個。
調味料は、甜麺醤、醤油、きび砂糖、塩、鶏ガラスープ。
香味野菜は、にんにく、生姜、葱。
手元にあるレシピでは具材を油通しすることになっていますが、
私は、中華鍋にお湯を沸かし、米油を適宜入れて、そこに
肉、ピーマン、キャベツの順に入れてザルにあけ、湯通ししました。
甜麺醤をつかうと、一気に中華の味になります。
見た目はボリューム満点ですが、ほとんどお野菜ですし、
味付けもかなり薄味なんです。

b0362781_08401068.jpg
海老のチリソース

昨晩はブラックタイガーを使いました。
こちらも、油通しではなく、お湯+少量の油で湯通しして使っています。
調味料は、鶏ガラスープ、ケチャップ、豆板醤、きび糖、塩、酢。
香味野菜は、にんにく、生姜、葱のみじんぎり。
最後に溶き卵1個分を注いで混ぜ、水溶き片栗粉でとじます。
仕上げに、ごま油少々を香りづけに振っています。

回鍋肉とは逆に、こちらはちょっと塩味が強くなってしまいました。
オットさまは、新米ご飯とともにソースをかけておいしそうに
食べていましたが、
しょっぱくしちゃったね、ごめんね、と謝りました。
「確かにいつもより塩気は強いけど、おいしいよ」の一言で救われます。

b0362781_09254081.jpg
蒸し茄子とトマト

茄子は3本分を細目にスライスして、塩少々を加えた水にすこしつけておきます。
蒸し器に茄子を入れ、しんなりするまで蒸しあげます。
粗熱が取れたら、お皿に盛って、ラップをして冷蔵庫で冷やします。
麺つゆをほんの少々かけていただきます。
こんなに食べれるかしら、余ったら翌朝にいただこうと思っていましたが、
茄子好きのオットさま、ぺろりと食べました。
蒸した野菜は食べやすいのでいくらでもいただけてしまいます。
野菜不足にはもってこいの調理方法です。


昨晩も、遅めの夕食でしたが、
オットさまの帰宅を待ってふたり一緒にいただきました。
中華料理を作るときは、あーもっと広いキッチンが欲しい、といつも思います。
どの料理のときも、出来上がった時にはキッチンが片付いている状態を
目指してつくっています。
中華の時は、具材を切り、バットやザルやボールにセットしたり
下ごしらえが大事なので、洗い物も多くなります。
下ごしらえしながら、洗い物もして大忙しの状態になりますが、
ものすごく頭の運動になっているとおもいます。





ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓
                  
                  人気ブログランキングへ
[PR]
by mahoroba-diary | 2016-10-06 08:55 | 夜ごはん | Comments(0)

エビチリ 



昨夜もオットさまと二人分の夕食を準備しましたが、仕事で彼の帰宅は

大幅に遅れました。結局帰宅したのは夜の10時半頃。

事前にわかっていたので、お先にいただいていました。


b0362781_10462074.jpg
海老のチリソース
きゅうりと茗荷と鶏ささみのサラダ
生姜の甘酢漬け
酢玉ねぎ
トマト



b0362781_10475505.jpg


海老のチリソース

海老は背に切り込みを入れ、塩、酒でよくもみこむ。
そこに片栗粉を入れてコーティングしておく。
それをさっと茹でてざるにとる。
中華鍋に油少々をひき、にんにく、しょうがのみじんぎりを弱火で炒める。
豆板醤を加えて香りを引き出し、ケチャップを入れる。
チキンスープを入れて、沸いたら海老を入れ中火ですこし煮る。
そこに酒、塩、胡椒、砂糖で味を決めて水溶き片栗粉でとろみをつける。
溶き卵1個分を細く流しいれ、固まったら、葱のみじんぎりを入れて
胡麻油少々で香りづけしてできあがり。

簡単でとってもおいしいチリソースはご飯との相性も良いです。
疲れて帰宅したオットさまも、にたっと笑顔になりましたよ。


b0362781_10533429.jpg
きゅうりと茗荷と鶏ささみのサラダ

ソースは、ごまペーストとポン酢を溶いたものをかけました。
きゅうりはわざとすこし太めにスライスしました。
梅雨の時期になると決まってこういうさっぱりの味が欲しくなります。


b0362781_10552045.jpg
熊本産キャロルセブン(ミニトマト)
新生姜の甘酢漬け
酢玉ねぎ

酢の物は漬けたてですが、気に入っている配合で計量してつくるので
どちらも完璧に近い味に決まりました。
トマトも甘酸っぱくておいしい。
この季節、酢の物がとてもおいしく感じます。


昨夜は帰宅してからオットさまと仕事の話などをしていて就寝したのは1時過ぎ。
今朝は6時半に出勤していきました。

わたしにできるのは、激務に耐えられる体を支える食事づくりと
家の中の環境づくり、衣類の管理だけですね。

今年もバテない体を目指してがんばりましょう。





ぽちりをいただけると励みになります。
↓↓↓
                   
                  家庭料理 ブログランキングへ
[PR]
by mahoroba-diary | 2016-06-08 10:59 | 夜ごはん | Comments(0)