家にあるもので賄う夕食






昨日も、気持ちの良い一日でした。

久しぶりにいろんな意味でゆっくりできた日曜日となりました。



数日前の夕食ですが、載せてみますね。
この日は冷蔵庫整理で、家にあったもので用意しました。


b0362781_06175738.jpg
和風ハンバーグ


冷凍していたハンバーグを解凍して焼きました。
付け合わせは、トマト、葱とスプラウト、
大根おろしもたっぷり用意して、ポン酢を少しかけていただきます。

時間がないとき、冷凍庫にこういうものが入っているととても助かりますね。
鉄製のフライパンで蓋を使って蒸し焼きしながら焼いています。
美味しくいただきました。



b0362781_06182400.jpg
豆腐ステーキ


絹ごし豆腐を予め数時間、冷蔵庫の中で水切りしておきました。
スライスして水けを拭き、表面に小麦粉を薄くつけて、フライパンで両面を焼きました。
水分や油が跳ねるようならば、蓋を使って防御(笑)しながら焼くと良いと思います。
仕上げに葱と七味をかけて、お醤油少々でいただきました。



b0362781_06183905.jpg
小松菜と赤ピーマンの炒め物

中華鍋に塩極少々、油を敷き、洗ってカットした野菜を置いてから
着火して強火で炒めています。
こうすると水分があまり出ずにシャキシャキと仕上がります。
以前、中国料理のシェフに習った手法です。


b0362781_06185487.jpg

蓮根のアンチョビ炒め


スライスして酢水につけてアク抜きした蓮根を
にんにくのみじん切り、粗みじんにしたアンチョビと共に
炒め合わせています。
アンチョビの塩気を見ながら、仕上げの塩を調整します。
おつまみにも、常備菜にもなる、簡単でおいしい一品です。



ご馳走様でした!




昨日は、旧い友人知人の近況を知り、
とても嬉しくなりました。
尊敬する目上の方々が今もお変わりなくお元気で過ごされていらっしゃることと同時に、
最後に会った時にはまだ赤ちゃんだった大好きな友人夫妻のお子さんが、
びっくりするくらい大きくなって元気に育っているのを知り、
心が温かくなりました。
「あんなに小さかったのに、こんなに大きくなって、、、」
きっと誰もが、昔、大人たちにかけられた言葉ですよね♪
目を細める、という言葉の意味がわかったような気がしました。
大好きな方々のお子さんの成長が、心から嬉しく感じられた休日のひと時でした。




さあ、今日からまた新しい1週間が始まりますね♪
今週も、元気で明るく過ごすことができますように、と願う朝です。



皆様も、どうぞ佳き月曜日をお過ごしくださいね♪





ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
# by mahoroba-diary | 2017-11-13 06:45 | 夜ごはん | Comments(0)

懐かしいお蕎麦/神田まつや






先日、とても久しぶりに大好きな昔懐かしい場所を訪れました。


b0362781_06153620.jpg

神田須田町に古くからあるお蕎麦屋さん


東京にある老舗のお蕎麦屋さんの中で一番好きと言っても過言ではないところです。



b0362781_06205946.jpg

昔からよく通ったお店なのに、
最近は有名になって行列することが多くなり、
足が遠のいていました。

この日は平日の遅いお昼でしたので、
すぐに座れました。

店内に入ると、昔懐かしい調子で
いらっしゃ~い~と声が掛かります。


b0362781_06230539.jpg

このお店は相席が当たり前。

そして、昼間から飲んでいる人の割合がとても多い。(笑)
そして皆愉しそう。。。
昔から変わっていません。


あまりに想い出深い場所なので、懐かしくて不覚にも涙が出そうになりました。



b0362781_06261403.jpg
ごまそば


ここの天ぷらも大好きだけれど、
この日はこれまた大好きなごまそばにしました。


b0362781_06280038.jpg

コシのある美味しい手打ち蕎麦


やはり新蕎麦の季節は、お蕎麦が自然に食べたくなるものです。



b0362781_06291564.jpg

ごまだれのつゆ


これが、すっきりとコシのあるお蕎麦に合うんです。


b0362781_06301586.jpg

ご年配の男性客が多いのも昔から変わっていません。
何とも言えない風情のある店内のそこかしこで
昼間から徳利を傾けて、蕎麦屋のおつまみを愉しまれている光景。。。

外からは伺えない独特の風情が漂っています。

懐かしさにホッとします。



b0362781_06371912.jpg
変わらない店内


この奥で、蕎麦打ちの光景も垣間見れます。



b0362781_06391057.jpg

最後に蕎麦湯もいただいて、



ご馳走様でした!



b0362781_06395204.jpg

この界隈は、戦災で焼け残った古い家屋で営業を続ける老舗が
他にも何軒かあります。


鶏すきのぼたんさん、あんこう鍋のいせ源さん、
数年前に火事で焼失したけれど営業を再開した神田藪蕎麦さん、など。



b0362781_06423585.jpg

こちらは甘味処の竹むらさん


b0362781_06431384.jpg

こちらも若い頃、幾度となく通ったお店です。
ここの揚げ饅頭が大好きでした。
昭和初期に建てられた建物の風情も当時が偲ばれて、落ち着きます。



b0362781_06453113.jpg

新しくなった藪蕎麦さん


昔のお店は古くてやはりとても風情がありました。
こちらも休日のお昼時はずらりと行列ができています。
花番の女性の独特の通る声で響き渡る通し言葉も
風情があって大好きです。



最近の東京には、小綺麗で新しいお蕎麦屋さんも
たくさんできて、流行っているところが多くありますが、
昔ながらの老舗でいただくお蕎麦もやっぱり心が落ち着きます。



b0362781_06510775.jpg


想い出深い大好きなお店、
変わりゆく東京にあって、
いつまでも残って欲しいです。

また行きますね♪





透き通った真青な空が広がり、
東から朝日が差し込む休日の朝です。


皆様、今日も素敵な日曜日をお過ごしくださいませ♪♪




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
# by mahoroba-diary | 2017-11-12 06:58 | 外ごはん | Comments(14)

おひとりさまの夕食






昨日は、自分のメンテナンスと所用のため長時間外出しました。

夕方、買い物をして、急いで帰宅すると
愛犬が啼いて怒っていました。

ごめん、ごめんと身体を撫でながらお散歩に出て、

それから自分の夕食を準備しました。


b0362781_06225224.jpg
鰹のたたき


今年の食べ収めになるでしょうか。
大好きな鰹のたたき、イギリスのマルドンの塩をつけて、
赤ワインに合わせました。
戻り鰹でもわたしはやっぱり鰹が好きです。おいしい!


疲れ果てていましたが、生き返りました。


b0362781_06230232.jpg

メンチカツ


キャベツは自分でカットしました。
ソースはつけずにいただきました。



b0362781_06231286.jpg

アサリと三つ葉のさっと煮


アサリのむき身と洗ってカットした三つ葉を
出汁、薄口、みりんの煮汁でさっと煮ました。


簡単ですが、
どれも美味しくいただきました。


ご馳走様でした!



最近、私より目上のご夫婦やカップルの方が
手をつないで歩いているのをよく見かけます。
ヨーロッパではよく目にする光景でしたが、
日本では今まであまり見かけなかったような、、、
いずれにしても、とても素敵だな、と思います。


昨日は、人通りの多い目抜き通りで、
礼服に身を包んだかなり高齢の男性が、
奥様と思しきお年を召した女性の手をしっかりと握りしめて
並んで歩いていらっしゃるのを見かけました。
服装から秋の褒章で叙勲された方なのかな、と思いましたが、
なんとも云えぬ素敵な表情で、
奥様の手を握り歩く男性の表情が
晩秋の夕暮れの中でとても印象的でした。




皆様、今日も素敵な週末をお過ごしくださいますように。。。




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
# by mahoroba-diary | 2017-11-11 06:42 | 夜ごはん | Comments(6)

おにぎり 究極の愛情表現





最近、多くのブロガーさんのところで、
おにぎりアクションに参加しています、という記事と共に
美味しそうなおにぎりのお写真を数多く拝見しています。


私も常々、
おにぎりは、日本の食における究極の愛情表現であると思っております。


先日は久しぶりに土鍋を出して、
朝食用におにぎりを握ってみました。


b0362781_05254400.jpg

美味しい新米を計量して洗い、ザルにあげて5分ほど置き、
土鍋の中で分量に合わせた水を少し吸水させてから強めの中火に着火し、
10~12分立って蒸気が勢いよく吹き出してから1~2分置いて
火を消します。
20分ほど蒸らして美味しい炊き立てご飯の出来上がりです。


b0362781_05312275.jpg

外蓋、中蓋を取ると
湯気と共になんともいえない美味しいご飯の香りが立ち込めます。



b0362781_05322981.jpg

お米の粒が立って、見るからに美味しそうです。
土鍋や羽釜で炊くご飯はやっぱり一味も二味も違いますね♪



b0362781_05335327.jpg

お櫃も久しぶりに使ってみました。
使う前に少し水分に浸します。


さらしは、1反で購入して、好きなサイズにカットして、
いろんな作業に使っています。
お出汁を引くとき、俎板や包丁を拭くとき、
漆器のお手入れ、
ワイングラスを拭くときも重宝します。
(毛羽立たないので)



b0362781_05363078.jpg
炊き立てのお米をお櫃に移し、
お椀などに1個分のお米をよそって、
湿らせた俎板にあけ、真ん中をくぼめて好みの具を置き、
手に清浄な水、粗塩をすりつけて、
ご飯を成形しながら大事に握っていきます。


b0362781_05391171.jpg

この日の具は、梅干しとたらこ


お米の粒を潰さないように、優しく優しく、
手に包み込みながら食べる人のことを想って握っていきます。
この時イメージするのは、やはり、
かつて母が作ってくれたおにぎりをいただくときの、
美味しさ、愛情、安堵感、でしょうか。
どなたにとってもそれぞれの想いがおありになるはずです。



b0362781_05421247.jpg


余ったご飯はそのまま冷凍してもよし、
お櫃にいれておけば防腐効果もあるので、
昼食や夕食に炒飯やお雑炊、おかゆなどにしても良いのではないでしょうか。
ご飯にほんのり木の香りが移るのも私は好きです。
オットさまもこれがとても好きで、
お弁当箱は曲げわっぱを使っています。
これも冷蔵庫のなかった昔の人の営みの名残りだと思います。



b0362781_05443538.jpg

好みで海苔を貼って出来上がり。
淹れたての暖かいお煎茶とともに、
さあ、召し上がれ。


新米ごはんなので、特に美味しいおにぎりになりました。
この日はいろんな祈りを込めすぎて、特大サイズになりました!(笑)


おにぎりの形は、三角、丸、俵型、具や分量、
携帯する際の状況によって変えています。


おにぎりは、食べる方も作る人への安心感と信頼感がないと
いただけないものですよね♪


なにより清潔感、お米への感謝の気持ち、
食べる人を想う無私的な愛情が求められる
究極の日本の母の味だと思います。


子供の頃からお弁当で食べた母のおにぎりはもとより、
震災で停電になった時、
一緒にいた母は即座にカセットコンロで米を炊き、
家族の分のおにぎりを握り始めました。
スーパーからパンやおにぎりが一切消え、
流通が止まった時、どれほどそのおにぎりが有難かったか、、、
何日も日持ちがするパンも貴重なものですが、
日本人はお米を食べるとやはりホッとしますね。
普段はもとより、
いざとなった時にお米を炊ける人であれるよう、
食べた時に幸せな気分になるおにぎりを握れる人になれるよう、
いつまでも忘れたくない一品です。


おにぎりアクションを通じて
少しでも、必要な場所に支援が届くことを祈ります。




皆様、今日も良い金曜日をお過ごしくださいますように♪♪♪





ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
# by mahoroba-diary | 2017-11-10 06:09 | 朝ごはん | Comments(8)

いかの煎り酒と大葉和え/粕漬けの焼き物/牡蠣の卵とじ






昨日は冷蔵庫にある食材を使って、
4品用意していただきました。


b0362781_06445983.jpg

昨晩の夕食風景


少しだけ葡萄の飲みものもいただきながらの
晩酌メニューです。



b0362781_06463775.jpg

イカの煎り酒と大葉和え


とある本で、イカの梅大葉和え、というのを拝見しました。
煎り酒は梅風味でもあるから使ってみようと思い、
お刺身用のスルメイカをさっと茹で、煎り酒で和えてから、
刻んだ大葉も和えました。


想像通り、美味しいです。
簡単ながら、よいおつまみになります。
イカと煎り酒はとてもよい相性だと思いました。



b0362781_06493449.jpg
銀ひらすの焼き物


魚久の家族パックに入っていた京粕漬けですが、
半分にカットして焼きました。
白ワインに合わせるので、すだちをかけましたが、
これもよく合いました。
すだちそばなんていうものもあるくらいだから、
すだちって和食にとてもよく合う不思議な柑橘類です。


b0362781_06531285.jpg
牡蠣の卵とじ


鰹出汁、みりん少々、薄口醤油少々で作った煮汁の中に、
きれいに処理した牡蠣を少し茹でてから
水溶き片栗粉でとろみをつけ、
最後に溶き卵でとじました。
煮汁が多めなので、お吸い物のようでもあります。
三つ葉の軸を刻んで上にあしらいました。
簡単ですが、栄養のある一品だと思います。


b0362781_06555204.jpg

小松菜とお揚げのたいたん


残っていた小松菜とお揚げを使い、いつものお惣菜としました。
お出汁、塩少々、薄口少々、みりん少々で
ふだんよりもさらに薄味を心掛けました。
実験で、すだちを少しかけてみたのですが、
こちらにもとてもよく合いました。(あくまで私比です)



ご馳走様でした!




昨日は曇り空でしたが、
今日は晴れて良いお天気になりそうです。
たくさんの方のブログで秋らしい紅葉の風景のお写真や
秋の味覚、秋の装いを拝見して、心豊かな気持ちにさせていただいております。
なかなか大自然の中に行けない都会暮らしの身、
ブログを通じて季節を感じさせていただけて、本当に感謝です。



皆様、今日も佳き木曜日をお過ごしくださいね♪♪




ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。

人気ブログランキング

[PR]
# by mahoroba-diary | 2017-11-09 07:33 | 夜ごはん | Comments(2)


毎日の食卓風景を綴ります。時々外食も楽しんでいます。


by mahoroba-diary

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
夜ごはん
お昼ごはん
朝ごはん
外ごはん
お散歩
食材 調味料
パン
常備菜
スイーツ
調理道具

インテリア
つぶやき
旅の想い出

メモ帳

ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、バナーをポチッとよろしくお願いします。


家庭料理 ブログランキングへ

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

最新のコメント

> golmegさん ..
by mahoroba-diary at 10:04
ウチも同じメニューでした..
by golmeg at 09:31
> etigoya13-..
by mahoroba-diary at 19:23
野菜たっぷりのグラタン、..
by etigoya13-3 at 18:56
> keiko-cako..
by mahoroba-diary at 11:33
こんにちは。 いつも楽..
by keiko-cako at 10:18
> bondgirl33..
by mahoroba-diary at 20:44
mahoroba様 こ..
by bondgirl333 at 18:31
> funicolare..
by mahoroba-diary at 17:35
こんばんは。 どん..
by funicolare at 17:19

最新のトラックバック

プッチーニの最高にロマン..
from dezire_photo &..
フィレンツェのメディチ家..
from dezire_photo &..

検索

タグ

(21)
(21)
(20)
(18)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新の記事

ヴィロンのバゲットサンドウィ..
at 2017-11-18 05:28
平目のお刺身と煎り酒/豚の生..
at 2017-11-17 05:46
おうちで鰻重をいただく
at 2017-11-16 05:55
ほうれん草のグラタン
at 2017-11-15 07:02
かれいの煮付け
at 2017-11-14 07:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
おうちごはん

画像一覧