<   2017年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

束の間の晴れ空とボッティチェリ



夕方、ふと空を見上げると束の間の晴れ空が、、、


今朝は朝から曇っていたので、妙に嬉しくベランダに出て一枚撮ってみました。


b0362781_19215598.jpg
なんだか絵画の背景のようなブルーだなあ、としばし見とれました。
雲はあるけれど、やっぱり青い空って美しい、、、。


b0362781_19241404.jpg

雲の間に見える青い空を眺めていたら、ボッティチェリの絵を思い出しました。
昨年の1月に東京都美術館で開催されたボッティチェリ展の分厚い画集。
大好きで、ずっと自室の書棚に飾っています。


b0362781_19270593.jpg
ボッティチェリ
書物の聖母子

イタリアには過去何度となく通いましたが、
この絵はこの展覧会で初めて鑑賞しました。


b0362781_19253654.jpg
フィリッピーノリッピ
幼児キリストを礼拝する聖母

ボッティチェリは、彼の父フィリッポリッピの
兄弟子だった。これはフィリッピーノの1478年の作品。
とにかくこのブルーが美しくて実物に見惚れました。
マリア様の表情もなんとも言えない美しさに満ちていて、、、


b0362781_19335272.jpg


ベルリンの絵画美術館にあるボッティチェリの後期の作品。
在住中は、よく通っていた美術館です。
絵画の写真撮影が許されています。


b0362781_19404314.jpg
ボッティチェリの自画像


依頼を受けて制作した自作の絵画の中に、
自分の姿を描いて残す。
まるで、数百年後の我々と絵の中で向き合うことを知っていたかのように。



都議選の選挙カーの大音響の演説に辟易しながらも
画集を紐解き眺めていたら、
あっという間に静かに、そして真っ暗になっていました。




皆様、どうぞゆったりとした金曜日の夜を過ごされますように、、、







[PR]
by mahoroba-diary | 2017-06-30 19:54 | つぶやき

干し椎茸のスープ/ラタトゥイユ



昨晩は、急遽おひとりさまの夕食になりました。

珍しく下準備をして、主菜も用意していましたが、
夕方になって急に「ごめん!会食が入ってしまった」とのメール。

はいは~い、ということで、
主菜は後日に、用意していたサラダは今朝の朝食に。

ダイエットも兼ねて、準備していたスープとラタトゥイユだけをいただきました。


b0362781_10361492.jpg
干し椎茸のスープ

辰巳芳子先生のレシピで作りました。
干し椎茸と昆布は水で戻しておきます。
戻した汁を鍋にいれて火にかけ温めます。
蒸し器の中に、干し椎茸、昆布、梅干し(塩だけで漬けたもの)を入れ、
温めたスープを加えて蓋をし、蒸し器で40分蒸しました。

干し椎茸の分量が少し足りなかったのと、
最後に濾すときに梅干しの身がほぐれて、
スープがクリアにならず残念でしたが、
昆布、椎茸、梅干しから出たエキスで、他にない味わい。
これはまた作りたいとおもいました。
おかわりして飲み干しました。


b0362781_10403270.jpg
ラタトゥイユ

見た目はよろしくありませんが、とってもおいしくできました。
昨日は、ベイリーフもハーブも一切入れず、
オリーブオイル、塩だけで調理しました。
鍋ににんにく、ズッキーニ、茄子を入れ、上からオリーブオイルをかけ、
さらにざく切りにした生のトマトを入れ、蓋をして蒸し煮しました。
トマトの水分で野菜を煮る感じでつくったら、
何とも言えない夏野菜の旨みが残りました。
こちらもおかわりをしてたっぷりいただきました。


炭水化物もたんぱく質もない夕食でしたが、
胃腸が休まる感じがしました。

ご馳走様でした!



今日で6月も終わりです。
茅の輪くぐりにお出かけのかたも多いかもしれませんね。
半年間の穢れを落として、
また残りの半年を元気に過ごせますようにと、
願う1日です。


b0362781_10451731.jpg

皆様、今日もよい金曜日をお過ごしくださいませ♫





ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-06-30 10:45 | 夜ごはん

朝顔の器 Paradis



(本日2度目の投稿、ちょっとした心のつぶやきです)


明日で6月も終わりです。


6月は8年前に心友のひとりが旅立った月でもあり、
彼女のいない6月を迎えるたび、まだまだ寂しさと空虚な気持ちに襲われます。
心と心で触れ合える数少ない友人のひとりだった彼女、
亡くなる半年前に私たちはドイツで再会しました。
そのときがまさか最後の時になるとは夢にも思わず、
数日間をずっと一緒に過ごし、
他の仲間とも夜遅くまでワインを片手に語り合いました。
その時は、いつも通りの優しく美しい彼女でした。
別れ際、彼女は「最近、足首が痛くてね。」としきりに言っていました。
「我慢しないで、すぐにお医者にいかなきゃだめよ」と私は諭していました。



それから、3か月が経ったある日、彼女の夫から、
「まほろば、ごめん、今日はバッドニュースなんだ」と連絡が来ました。
そこで、彼女が末期癌に侵され、あと2~3か月の命であることを知らされました。
足首の痛みは、肺癌からの転移であったそうです。
そして、6月。
亡くなる1週間前に、彼女は夫の助けを得ながら、
わたしに電話をしてきてくれました。
苦しそうな声でしたがなんとか会話をし、
最後に私は涙をこらえて「また会おうね。」と言いました。
そのとき彼女は、一瞬ためらい、間を置いて「絶対にね」と言ってくれました。
受話器の向こうにいる彼女と、それがこの世で最後の会話になりました。



彼女が亡くなってすぐの頃、
街で偶然ある食器に目が留まりました。


b0362781_16265877.jpg
フランスの器だけれど、中央に朝顔の花が描かれているのが
心に響きました。


夏の花、朝顔。
朝に咲いて、お昼にはしぼんでしまう儚い花。
それでもどこか凛として、優しい穏やかな愛を感じさせてくれる
そんな花であると、わたしは感じています。


彼女はスウェーデン人でしたが、
日本にも何度も来日し、日本のことを大好きでいてくれた人。
日本で買った扇子を修理しながら大事に使い続けている、そんな人でした。
同じ異国で暮らす者同士の私たちはいつの間にか、
あまり饒舌にならずともお互いの心で通じ合う
そんな貴重な間柄になりました。
なにより、心のとてもとても優しく美しい人でした。


なんとなく、この絵の感じが彼女とだぶり、
気づいたら手に取っていました。
裏面を見ると、Pradis とフランス語で書かれていました。
天国、楽園。
そんな言葉が名付けられる食器がフランスにはあるんですね。
 

それ以来、普段あまり使うことはないのですが、
大事にしている器です。


私でさえこんなに寂しいのだから、
彼女の夫の寂しさはどれほどか、と思います。
子供のいない彼らでしたから、ひとりぼっちになってしまった彼のことを
とても心配したのですが、
とてもよい仲間に恵まれ、与えられた仕事をこなしながら
しっかりと生きているようです。



大好きな人、そして想い出をたくさん共有した人との早すぎる別れは、
時に、耐えがたいほどの寂寥感、空虚感を感じることもありますが、
彼女の心の優しさや広さをもう一度感じて、
出会いに感謝し、また学びたいと思います。










[PR]
by mahoroba-diary | 2017-06-29 16:58 |

酢豚/卵と豆腐の中華風スープ/もやしのナムル



昨晩も夫婦ふたりでの夕食でした。

いくつか用事を終え夕方帰宅しましたが、とても疲れてしまい、
夕食をつくるのが億劫に感じられましたが、
なんとか仕上げました。


b0362781_08462744.jpg
酢豚

家にある食材でなんとか仕上げました。
豚はフィレ肉を使い、野菜は、緑ピーマン、茄子、ミニトマト、生姜
それに先日漬けたらっきょうの甘酢漬けを加えました。
お肉は、酒、醤油に漬け、片栗粉と小麦粉を混ぜた粉をはたき、
油でからりと揚げてから一緒に炒め合わせています。
調味料は、豆板醤、ケチャップ、きび糖、醤油、酒、米酢、鶏がらスープ
水溶き片栗粉で合わせ調味料をつくり、一気に仕上げました。
味見もせずに作ったのですが、味はばっちり美味しくでき安心しました。

オットさまには玄米ご飯を1膳つけましたが、
またまた学生のように、うまいうまいと食べてくれました。
わたしも美味しくいただきました。


b0362781_08510277.jpg
卵と豆腐の中華風スープ

冷凍しておいた鶏スープを解凍して、
酒、塩少々を加えて、豆腐を温め、水溶き片栗粉でとろみをつけてから
溶き卵を流してできあがり。
簡単ですが、鶏スープにしっかり旨みが入っているので
とてもおいしい中華風スープです。
これも、我が家の定番です。
昨晩は、新生姜のすりおろしもたっぷりめに加えました。


b0362781_08532380.jpg
もやしのナムル

久しぶりに無性にもやしが食べたくなり買ってありました。
出かける前にひげ根を取って熱湯でサッと茹でてから
冷蔵庫に置いておきました。
帰宅してから、にんにくすりおろし極少々、薄口醤油、
ごま油少々、ほんの少し柚子胡椒を加えて和えました。
酢豚の付け合わせになって良かったです。


文字通り一汁一菜+αの夕食になりましたが、
一応、五味五色を念頭にいろんな食材を取り入れたので
満足感が残りました。

ご馳走様でした!



6月ももう僅かです。
時が過ぎる速さに唖然とします。
一瞬一瞬を大切にしなくては、と痛感しています。


皆様も、今日もどうぞよい木曜日をお過ごしくださいませ(^^♪




ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-06-29 09:04 | 夜ごはん

野田岩さんの出前



先週末のお休みも返上して時差も残る中、
通常通り仕事をこなすオットさまですが、
昨日の朝、ぼそっと、あ~疲れた、鰻が食べたい、と言ったので、
すかさず、じゃ、今日は出前を取りましょう、と返事しました。
すぐに電話をして、オットさまが帰宅する20時頃に出前を注文していました。


b0362781_09055733.jpg
昨日は奮発して、いつもより大きめの鰻重をお願いしました。

このところわたしも心身ともに疲れていたので、
お夕食の支度から解放され、とても助かりました。感謝!

b0362781_09075833.jpg
鰻重

言葉は必要でなく、とても美味しいです。
ふっくらと体に染みわたる味わいです。
たれも文句なくおいしいです。


b0362781_09092625.jpg
肝吸い

ポットにお出汁が入っているので、お椀に注ぎます。
おかわり分のお出汁までずべて飲み干しました。
有難い。


b0362781_09110735.jpg
香の物


礼儀正しいお若い職人さんが割烹着姿で届けてくださいました。


オットさま、激疲れで帰宅しましたが、
泣いて(泣いてませんが)喜びました。

食後、同じ家の中ですぐ近くに居るのに、
LINEとメールで、
「美味しかった、生き返りました。まほろば有難う!」
とお便りが届きました。
昨晩は熟睡し、今朝は二人とも元気に起床しました。


私の20代は、仕事に立ち向かうとき、
朝から分厚いステーキを焼いたりすることもありました。
いざというとき、頼りになる食べ物が皆さんおありだと思います。
若い頃はお肉もよく食べましたが、
いまはすっかり鰻さまに頼っている我が家です。
いま話題の若き棋士も勝負飯が話題になっていますね。


b0362781_09201415.jpg

デザートには、頂き物の佐藤錦を。
甘くて瑞々しくておいしい。
ありがとうございました。



空梅雨かと思えば、どしゃぶりの雨が降ったり、
気候の変化が激しくなっているせいか、
身の回りで体調を崩す方が多いように感じます。
我が家も来週からまた忙しくなるので、
今週はとにかく養生するよう努めたいと思います。

皆様もくれぐれも御身体にはご自愛の上、
今日もまた、良い水曜日をお過ごしくださいませ!




ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-06-28 09:30 | 夜ごはん | Comments(2)

久しぶりの鶏の唐揚げ




昨日も夫婦二人での夕食でした。


b0362781_09072618.jpg
昨晩の夕食風景

エアコンを入れていましたが、暑くてチューハイで晩酌しました。
オットさまには玄米ご飯を一膳供しました。


b0362781_09112465.jpg
鶏の唐揚げ


久しぶりに作りました。
鶏のもも肉を使いました。皮は取り除いて、
酒、醤油、生姜すりおろしを混ぜたものにしばらく漬けこんで、
片栗粉と小麦粉を混ぜた粉をしっかりつけて、
冷たい油の中に鶏肉をいれます。
それから着火して、全体が揚がったら一度引き上げ、
温度を上げて二度揚げしました。
油切れもよく、からっと仕上がりました。


オットさま、喜ぶ、喜ぶ。食べてる姿、大学生のようでした。
ほんの少し残しておいた分もおかわりして完食でした。
鶏の唐揚げ、最近はとんとご無沙汰でしたが、
やはりおいしいです。

食べるときにお好みでお酢をかけていただきました。
さっぱりしておいしいです。
付け合わせのレタスもおかわりしてモリモリいただきました。


b0362781_09170407.jpg
茄子の含め煮

茄子の表面に細かく切り込みを入れ、水にさらしアクをとってから、
出汁、醤油、みりん、酒の煮汁で煮ます。
煮汁がなくなるまで、焦がさないようにしっかり煮含めました。
仕上げに、新生姜の千切りを天盛しました。


きんぴらごぼうも作りましたが、写真を撮り忘れました。


ご馳走様でした!



人生はあざなえる縄のごとし、
つらいこともありますが、いいこともある。
昨日は夫婦で束の間お互いを労いました。
努力が報われるのはやっぱり嬉しいものです。
淡々として前に進みましょう。



蒸し暑い毎日ですが、
皆様、今日も良い火曜日をお過ごしくださいませ♪





ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-06-27 09:26 | 夜ごはん | Comments(2)

炊き合わせ/本鮪と帆立のお刺身/ゴーヤーの白和え



昨日はオットさまが午後に帰宅。
1週間ぶりの二人での夕食でした。


b0362781_08465107.jpg

明日からまた仕事なので油を一切使わない食事にしてみました。
今朝はやっぱり胃が楽です。


b0362781_08483468.jpg
炊き合わせ

がんも、割干し大根、人参、椎茸
出汁、濃口醤油、みりんで炊き上げました。


b0362781_08495846.jpg
ゴーヤーの白和え

木綿豆腐を水切りし、練りごま、薄口、塩少々で和え衣をつくりました。
普段使わないお豆腐を使いましたが、
クリーミーでとてもおいしい和え衣ができ嬉しかったです。
ゴーヤーは薄く塩もみして水気を切ってつかいました。


b0362781_08521472.jpg
本マグロのお刺身

b0362781_08525653.jpg
帆立のお刺身

b0362781_08531803.jpg
それぞれ好きな調味料で合わせます。

柚子胡椒、マルドンのお塩、井上醤油店の古式しょうゆ

b0362781_08542229.jpg
めずらしくドイツの赤を開けました。
ラベルにはピノノワールとありますが、
ドイツではシュペートブルグンダーと呼ばれています。
日本食にも合わせやすいです。


写真を撮り忘れましたが、
〆に、若布のお味噌汁も用意しました。
ご飯はふたりともなしでした。


ご馳走様でした!


風邪ではありませんが、すこし体調がすぐれず、
昨日は珍しく宅配で食材を注文しました。
こんなとき、本当にありがたいサービスです。
今週はすこし体を休めて無理せずに過ごそうと思います。


オットさまは往復とも羽田発着の便で、
さらに乗り換えなしの直行便だったせいで、
いつもより疲れが少ないように見えます。
いつもこうだと良いのですが。



さて、また新しい1週間が始まりました。
沖縄は梅雨明けしたそうですね。
今週は雨も多そうで、長野では地震も収まっていないようです。
何事もなく、良き1週間が過ごせますように、
皆様もどうぞお元気でお過ごしくださいませ。。。




ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-06-26 09:11 | 夜ごはん | Comments(0)

レタスサラダとオイスターソース/旅の想い出(モンサント@ポルトガル)



昨晩は、節制も兼ねて、サラダのみの夕食にしました。

b0362781_08201842.jpg
レタスサラダ

たっぷりのレタスは洗って一口大にカットして
冷蔵庫でしっかりと冷やしています。
プチトマト、スモークサーモン、蒸しホタテ、アボガドを上に散らし、
最後に海苔をたっぷりのせて、オイスターソース、ビネガー少々を垂らし
サーバーでよく和えます。
見た目はよくありませんが、海苔とレタスとオイスターソースが
ぴったりとよく合うサラダです。
独身時代、ダイエットと称してよく食べていた組み合わせです。
オイスターソースは、倉敷味工房さんのものを使っています。



毎年6月は心身ともに少しトーンダウンするわたしです。
子供の頃から梅雨の時期が苦手でした。
今朝も、朝からザ 梅雨のお天気。
薄暗いので部屋の灯りをつけ、
元気の出ないときの定番のバロック音楽をかけて
日曜日の朝をコーヒーとともに過ごしています。



すこしずつUSBに移して整理している過去の写真たち。
今日はその中から、今朝の気分に合ったものを選んでみました。


b0362781_08285511.jpg
ポルトガル中部にあるモンサント村
巨石とともにある小さな、ちょっと不思議な、だけれど愛らしい村です。
ポルトガルをよく知る友人と親戚の、ぜひに、
というお勧めで車を走らせ、行ってみた場所でした。


b0362781_08312697.jpg
ちょうど夕暮れ時、村のてっぺんまで登り、夕日を眺めることにしました。

b0362781_08323344.jpg

巨岩、巨石と住居が混在している不思議な光景でした。


b0362781_08333650.jpg
大きな岩の上にオットさまと二人で座り、
かなたに沈む太陽をずーっと眺めていました。


b0362781_08345944.jpg
言葉は必要ありませんでした。
ただただ素晴らしい時間と壮大な眺めでした。

b0362781_08371752.jpg
巨石の村、モンサント
いつまでも心に残る想い出深い場所です。




どなたさまにとっても、よい日曜日でありますように♫




ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-06-25 08:42 | 夜ごはん | Comments(8)

愛を学ぶ



直接存じ上げている方の訃報ではないのに、
どうしてこうも心から離れないのでしょうか、、、


愛の大きな人を亡くすと、
残された者は、想像できないほどの寂しさ、切なさに
時に生きていくことの気力さえ失いかけるかもしれません。
個人的な経験を思い出してしまい、
昨日はブログをアップすることができませんでした。


どんなことがあっても、舞台に立ち、
いずれも様の悲喜こもごもを背負って代弁してくださる役者さん達。
改めてそのお仕事にリスペクトを表したいと思います。


海老蔵さんの芸を最後に拝見したのは今から7年前、
ご結婚された年、事件を起こされる直前だった舞台を拝見してから
ずっと観ていませんでした。
ですが、これからの海老蔵さんやご子息のご活躍を応援したいと思いました。


愛って、口で言うのは簡単ですが、
貫くことってものすごく厳しいことですね。
それでもなお、愛さずにはいられず、愛なしには生きられない。
それにしても、自分の辛い時に他の人を気遣う、
そういう無私の愛、無償の愛ってすごいです。
目には見えないことだけど、
きっとこの世で最も崇高なものなのだろうなあ、と常々思います。



小林麻央さんのブログ、昨年9月から毎日拝見しておりました。
最後のお写真は、澄んでいて、慈愛に満ちていて
観音様かマリア様のようでした。
愛している、と言って旅立ちました、と
涙される海老蔵さんの姿、あまりに切なくて、哀しくて
やりきれない思いになりました。


心よりご冥福をお祈り申し上げます。



[PR]
by mahoroba-diary | 2017-06-24 10:26 | つぶやき

割干し大根の煮物/バジル風味の卵焼き/へしこ/長芋と梅のたたき/冷奴



昨日はすこし遠出をする予定でいましたが、
雨足が強いので取りやめました。
午後になり、凄まじい風雨が続き怖いくらいでした。
予定を変更して正解でした。

お昼にほとんどいただかなかったので、
夜になり食欲が湧きましたが、
家にあるもので賄いました。

b0362781_09001256.jpg
日本酒を少々いただきました。
珍しくそんな気分でした。


b0362781_09013419.jpg
割干し大根の煮物

人参、椎茸とともに出汁、薄口、みりんで炊きました。
最初、少量の油で、人参、椎茸、割干しの順に炒めでから
お出汁や調味料を入れて炊いています。
干し海老(小)も一緒に炊いてコクを出しました。
今朝の朝食にもいただきました。


b0362781_09042025.jpg
バジル風味の卵焼き

卵2個分に生のバジルの葉を粗みじんにして加え、
粉チーズ、クレイジーソルト各少々も加え混ぜ、
卵焼き器で焼きました。
食べるときにケチャップをつけていただきます。
目先が変わってちょっと愉しいイタリアン卵焼きになりました。


b0362781_09061653.jpg
冷奴
きゅうりの塩もみ
鳴門の若布
キムチ

お豆腐は木綿豆腐です。
きゅうり、若布はたっぷり用意しておかわりしました。

b0362781_09081031.jpg
へしこ

友人と福井のアンテナショップに行った際、
これでお酒を飲むとおいしいのよ、お料理にも使えるし、
と教えていただきました。
で、昨日開封しました。
しょっぱいけど、なんでしょう、この旨み、おいしい~~。
お豆腐と一緒にいただいたら、とまらなくなる美味しさでした。
鯖の熟成発酵食品だから、美味しいはずです。
リピート決定です。


b0362781_09105191.jpg
長芋と梅のたたき

千切りにした長芋に、叩いた梅干しを合わせ混ぜました。
仕上げに黒ゴマ少々をふりました。


b0362781_09121902.jpg
家にあるものでなにができるか考えるのも
愉しい気分転換です。
それもこれもおひとりさまの夕食だからできること。
失敗しても自分で食べるのだから気が楽です。
でも、昨日は全部それなりにおいしくできましたよ。
ご馳走様でした!



今朝はすこしお天気が戻りました。
雨が降らないと作物には困るとわかっていますが、
昨日のように、朝から薄暗いお天気はどうしても気分が下がります。
ベランダのお掃除をして、すこし気分転換にお出かけしたいと思います。


皆様もどうぞ良い木曜日をお過ごしくださいませ♫♫♫





ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
宜しければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-06-22 09:18 | 夜ごはん | Comments(6)


毎日の食卓風景を綴ります。時々外食も楽しんでいます。


by mahoroba-diary

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
夜ごはん
お昼ごはん
朝ごはん
外ごはん
お散歩
食材 調味料
パン
常備菜
スイーツ
調理道具

インテリア
つぶやき
旅の想い出

メモ帳

ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、バナーをポチッとよろしくお願いします。


家庭料理 ブログランキングへ

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

最新のコメント

> golmegさん ..
by mahoroba-diary at 10:04
ウチも同じメニューでした..
by golmeg at 09:31
> etigoya13-..
by mahoroba-diary at 19:23
野菜たっぷりのグラタン、..
by etigoya13-3 at 18:56
> keiko-cako..
by mahoroba-diary at 11:33
こんにちは。 いつも楽..
by keiko-cako at 10:18
> bondgirl33..
by mahoroba-diary at 20:44
mahoroba様 こ..
by bondgirl333 at 18:31
> funicolare..
by mahoroba-diary at 17:35
こんばんは。 どん..
by funicolare at 17:19

最新のトラックバック

プッチーニの最高にロマン..
from dezire_photo &..
フィレンツェのメディチ家..
from dezire_photo &..

検索

タグ

(21)
(21)
(20)
(18)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新の記事

ヴィロンのバゲットサンドウィ..
at 2017-11-18 05:28
平目のお刺身と煎り酒/豚の生..
at 2017-11-17 05:46
おうちで鰻重をいただく
at 2017-11-16 05:55
ほうれん草のグラタン
at 2017-11-15 07:02
かれいの煮付け
at 2017-11-14 07:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
おうちごはん

画像一覧