カテゴリ:外ごはん( 76 )

神田尾張屋本店





昨日は午前中からテレビの前に陣取り、
男子フィギュアスケートのフリーを最初から最後まで観ていました。


羽生結弦選手の金メダル、
宇野昌磨選手の銀メダル確定が決まった瞬間、
観ているこちらも最高の気分を味わいました。
個人的には、スペインのフェルナンデス選手の、
ラマンチャの男に合わせた演技も、
美しくてとても感動しました。

素晴らしい3選手が表彰台に上がる姿を拝見し終えてから、出掛けました。


b0362781_07195588.jpg

昔からよく親しんでいる界隈なのに、一度も入店したことがありませんでした。



b0362781_07203826.jpg
天ぷらそば


大きな海老の天ぷらが一本のったかけそばです。
つゆは上品で薄口、ほんの少し柚子皮も入って風味よく、
お蕎麦も細目で美味しくいただきました。

幾分気温が上がってきたとはいえ、
まだまだ寒い冬の空気の中を歩いてくると
温かいお蕎麦は殊更に美味しく感じます。


b0362781_07241113.jpg
店内は古いけれど落ち着いた佇まい、
メニューの品数も多くて、飲みにくるのも良さそう。
お蕎麦屋さんだけれど、うどんすきがあるのも面白いです。


b0362781_07253700.jpg

創業は大正9年(1920年)なのだそう。

またまた神田界隈に良いお蕎麦屋さんを見つけました。



ご馳走様でした。




フィギュアスケートで日本国中が湧いたと思いきや、
今度は将棋の藤井壮太棋士が、
羽生善治竜王に公式戦初対戦で勝ち、
さらに史上最年少で公式戦初優勝をしたという。

なにかと不透明なニュースの多い昨今、
天才的な若者たちの快挙に、中年夫婦も元気をいただきました。


美味しいお蕎麦で体を温めた後は、
いくつか見たいものを見に出かけ、
書店をいくつか周り様々な本を手に取り、
心に滋養、頭に刺激を受け、
たくさん歩いて帰路につきました。
日中は温かく感じましたが、日が暮れると空気は冷たく、
帰宅してからの入浴で体を温めて就寝しました。
今朝は朝日と共に気持ちよく起床、
今日も良い日曜日を過ごしたいと思います。




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-02-18 07:36 | 外ごはん | Comments(2)

寒い夜のおでかけ





昨日もとても寒い一日でした。


夕方に所用があり、六本木界隈まで出かけました。
普段なら嬉々として出かけるところですが、
あまりの寒さに外出するのが億劫で仕方ありませんでした。


所用を済ませ、西麻布界隈へ。

いろいろ相談することがあり、ひたすら会話しながらの夕食。



b0362781_08510040.jpg

白子のお椀

中に東京の人参2種が入っています。
寒い夜の始まりにぴったりのお椀でした。


b0362781_08511192.jpg
東京産の大根4種
どれも新鮮でおいしい。

おかめとひょっとこの器の中には、
鯖そぼろ、みかんのマスカルポーネ和え


b0362781_08512396.jpg
お造り

上から、右回りに
赤ヤガラ
生さば
黒ムツ


赤ヤガラは滅多に食べられないお魚
生さばは辛子をつけて食べますが、とても合い美味しかったです。
お魚はどれも近海産で、漁師さんから朝揚がった新鮮なものを仕入れるそうです。


b0362781_08513495.jpg

スミヤキ(クロシビカマス)の炭焼き
大根おろしの唐墨かけ
スダチ
お芋
甘酒に漬けたべったら漬け

クロスミというお魚は初めていただきました。
滅多に揚がらないお魚なのだそうです。
骨が多いので切れ目がたくさん入っていますが、
脂がのって美味しかったです。


b0362781_08514438.jpg
お蕎麦


b0362781_08515730.jpg

揚げ物



b0362781_08504973.jpg


ご馳走様でした。



外に出るとさらに凄まじい寒さになっていました。
駅に向かって歩いていましたが、
途中に、赤のれん博多らーめんの湯気に釣られて、


b0362781_08520949.jpg

いただいてしまいました。
いつぶりだろう、の、博多らーめん。


氷点下のさむーい夜には、
ラーメンの美味しさが身に染みます。


あきらかに食べすぎですが、
おかげで凍えることなく自宅へ辿り着きました。



寒い日が続きますが、
皆様、どうぞ良い週末をお過ごしくださいね♪



ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-01-27 09:10 | 外ごはん

お昼下がりをお蕎麦屋で過ごす/室町砂場





休日のお昼下がり、
お天気も良いのでぶらりとお散歩がてらの外出。


以前から行ってみたかった室町砂場さんへうかがいました。


b0362781_07125228.jpg

外が寒いので、熱燗をお願いして、
久しぶりに蕎麦前を少々愉しむ。


菊正宗の熱燗、
江戸時代、灘や上方のお酒は大変貴重だったそうな。
しばし日常を忘れて、昔の人に想いを馳せながら飲むのも悪くないな。


それにしても、店内、良い雰囲気だ。
入店してすぐに気に入る。
オットさまもご満悦。彼はそば焼酎をちびりちびりと。


b0362781_07144772.jpg
卵焼き


二人でひとつ注文したら、
きちんとふたつに分けて供されました。
こういうところ、好きだなあ。


b0362781_07160076.jpg

季節の風呂吹きかぶら

柚子味噌の味と香りに癒される午後。
少し、砂場発祥の上方の香りを感じる。


b0362781_07171709.jpg
わたしはふつうのもり


オットさまは、天もりの黒、白(更科)それぞれ1枚ずつ。


b0362781_07190151.jpg

甘めのしっかりしたつゆに蕎麦湯が合います。


b0362781_07195513.jpg
坪庭なんかがあったりして、実にいい雰囲気。
照明の灯りも丁度良いのだ。


虎ノ門の砂場もそうだけれど、
とても上品で洗練された雰囲気。
だけど上品ぶってなくて、やっぱり日本橋らしい風情があるのよね。


江戸時代のお蕎麦屋は、いまでいうところの喫茶店のような位置づけだったようですね。
おなかを満たすっていうよりも、
ちょっと1杯飲みながら、小料理をつついたり、
そばをすすったりして、
思い思いの時間を過ごす大人の社交場のような場所だったとか。
上方への憧れの強かった江戸時代、
砂場蕎麦にはその当時の憧れ心が、
そこはかとなく残っている気がする。


人生の後半は、お蕎麦屋で過ごす時間も大切にしていこう、
なんて思う休日の午後でした。



さあ、今日からまた新しい1週間。
心を入れ替えて、新鮮な気持ちで過ごしたいと思います。



皆様、今日もお元気で良い月曜日を!




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-01-15 07:34 | 外ごはん | Comments(8)

鶏料理の奥深さ/鳥つね自然洞





寒い日が続きますね。



先日、かねてより複数の食通の知人方から、
一度行ってみて、と言われていたお店へうかがいました。


湯島の本店さんはよく知っていましたが、
こちらへ伺うのは初めて。


b0362781_05574257.jpg
まずは、熱燗で。

この日は寒い外を歩き回った後だったので、なんとも嬉しい瞬間。
奈良のお酒。とてもおいしい。


b0362781_05584356.jpg

おまかせコースの始まりの絵。

運ばれてきた前菜でもう気分が上がりました。
大好きな感じです。


b0362781_05580187.jpg
胸肉の一品

もう絶品としかいいようがない、絶妙な、味付け。
一にも二にも素材ありき。
味付けは、素材を生かすために添えられているだけ。
この日は名古屋コーチンを使っているとのこと。
日によって比内地鶏のこともあるようです。


b0362781_05582171.jpg
鶏のしんじょう
静岡の原木椎茸


素晴らしいお味としかいいようがない。
奈良の燗酒もまったく邪魔をしない。
超絶にわたし好みのお味でした。


b0362781_05585794.jpg

よほど信頼できるお店でなければ、
鶏の刺身は食べない私。

新鮮な鳥刺し
表面の火の入り加減も絶妙。
山葵醤油のお味付けも物凄く繊細。
三つ葉と海苔とのコンビネーションもとても良かった。


b0362781_05591279.jpg
鶏しんじょう

揚げ物もとにかく素晴らしい。
添えられたお塩は甘味があってにがりが全くなく最高に合いました。
横で喜び泣きしている人、約1名。笑

このお店には、私たちが家で時々愛飲しているワインがおいてあり、
それも感動のひとつでした。
当然、この一品にはその白ワインを合わせました。
疲れや、多少の考え事など吹き飛びます。感謝!


b0362781_05593703.jpg
鶏もも、だったかしらん。
もはや、部位とかどうでもよいと思うほど美味しい。皮はもちろんパリパリ。


こちらのお店は鶏肉を魚用のロースターで焼いているようで、
焼き鳥屋さんの焼き上がりとはまったく異なる。
むしろ、ヨーロッパのロティスリー的な感覚を取り入れていらっしゃるような気がします。


そして、どの一品も、塩加減が本当に素晴らしい。


b0362781_05595358.jpg
サラダ


このサラダがまたただものではない美味しさ。
酸味を極限まで抑えている。
とにかくどのお品もお酒との相性が抜群。
サラダの温度も完璧でした。


b0362781_06000840.jpg

もはや普通の焼き鳥ではまったくありません。


b0362781_06003017.jpg
レバーや砂肝に備え、ワインを赤に変える。
これまた、大好きな赤があったので、幸福、口福なり。


b0362781_06004463.jpg
砂肝
串は、骨近くの貴重なお肉とおっしゃったと記憶している。

添えられた粒マスタードも相当こだわりの品であることは間違いない。
添え物は、素材を引きたてるもの以外にないとあらためて痛感。


b0362781_06010104.jpg
レバー
つくね


言葉は不要です。
レバーの火の入り加減、新鮮さ、素晴らしいです。


b0362781_06011628.jpg
焼き物が終わり、
運ばれてきたこのほうじ茶がまためっぽう美味しい。

熊本のほうじ茶と仰った記憶が残っています。

美味しいお店はまず間違いなくお茶も美味しいですからね。
こちらも大納得でした。


b0362781_06014550.jpg
最後にこちらの名物親子丼
通常のものより小ぶりですが、最後に味わうのに丁度良い量です。

卵は兵庫県産のものだとか。
フワフワトロトロの親子丼。

周りには、親子丼だけを召し上がりにいらしたお若い方もちらほらお見受けしました。
お昼は行列になることが多いようです。


b0362781_06020118.jpg

鶏のスープ


澄んで雑味のまったくない清潔なスープ
化学調味料に毒された舌の持ち主には絶対にわからないであろう、
清らかなスープ。


b0362781_06021366.jpg

香の物




大将は、職人さんとしての厳しさを感じる一方で、
時折見せてくださる笑顔がとても温かく、
いろいろな意味で感動的な一夜でした。


b0362781_07192699.jpg


鳥つね 自然洞



ご馳走様でした!



子供の頃、実家では、秋から冬にかけて、猟師が仕留めたキジや鴨、
それから地鶏が送られてくることがたびたびあって、
それらを祖母や父が捌いて料理していました。
朝絞めた地鶏を夜に鶏鍋でいただくなどということもあり、
鶏肉の味にはちょっとうるさい私です。
日本の焼き鳥や鶏すきも美味しいですが、
フランス、ブルゴーニュ地方のボーヌという街で食べた、
ブレス鶏の美味しさはいまだに舌と身体と脳が覚えています。
そのお店は、いわゆるフランス料理のレストランではなく、
ロティスリーと呼ばれる、肉を焼く専門のお店でした。
宿泊していたホテルのコンシェルジュに、
「この街で一番美味しいブレス鶏のお店を教えてください」と頼み、
予約をとっていただき向かった先は、一見なんの変哲もないお店でした。
店員さんが、まず丸ごとのブレス鶏を焼く前に見せてくれて、
そのあと、丸焼きしたあとで、それぞれの部位をそれぞれに合った調理を加えて
カットして、順番にコースのように運んで供されるのですが、
まあ、そこで食べた時の味と言ったら、
そのときの光景、雰囲気とともに生涯忘れることができないほどの美味でした。
ブルゴーニュだけあって、置かれたワインリストは百科事典ほどもある分厚さで、
まだ30代だった私たちは自力で選ぶことは難しいので、
予算と味の好みを伝えてお店の方にお任せしました。
今日ご紹介したお店はミシュランにも掲載されているようですが、
ミシュランはタイヤのメーカー。
もともとミシュランガイドは地図とともに、
車を走らせて旅をする欧州のガイドブックですよね。
タイヤのメーカーが車を走らせてまで食べたいお店を世界で発掘する、
さすがは美食の国、そして批判精神の発達したフランスの企業だと思います。
格付けや星の数を気にしすぎるのは個人的に好みではありませんが、
本当に良いお店はどんな裏通りにあっても、
人は放っておかないんだわ、と改めて思うひと時でした。





ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2018-01-14 07:31 | 外ごはん

2017年、ありがとうございました





昨日は、某老舗蕎麦屋の開店時間めがけて向かいましたが、
店先には、想像を遥かに超える長蛇の列が。。。

お店の外には、天ぷらとそばつゆの良い香りがそこはかとなく漂っていましたが、
時間の都合もあり、惜しみながら別のお店を探しに歩き出しました。

いろいろ歩き廻って、ようやく席を確保できたのは、
日本橋の伊勢定さん。

というわけで、お蕎麦が鰻に化けまして、笑
今年最後のお外ごはんは鰻重と相成りました。


オットさまは、満面の笑みでした。


b0362781_05340126.jpg

肝吸いや香の物も美味しくいただいて、
気持ちの良い心のこもった接客とともに、
今年最後の鰻を堪能しました。


ご馳走様でした!


b0362781_05345766.jpg

今年は、1年を通してオットさまはいつも以上に多忙な年でした。
不在の日も多く、老犬を抱えて、我ながらよく留守番をしたと、
その点においては、自分を褒めたいと思います。笑


たった夫婦二人の家族ですが、
家庭の主婦として、食に対する私のモットーは、
限られた予算の中で、なるべく自分の足と目を使って新鮮で安全な食材を選び、
フレッシュな状態で食卓に提供すること。
なにより日々を健康で健全に過ごすための食事を心がけること、
そして時には、食べる喜びを優先させて愉しむこと、です。
 まだまだ、至らないこと、改善点、多々ありますが、
今後も日々試行錯誤しながら、食事作り、また、食べることを大切に、
過ごしていきたいと思っています。


かつて、年上の親しい友人に言われたこと。
「足るを知ることは幸福だ」
主婦の仕事は、誰かが評価を下すものでもなく、
日々延々と続く孤独な作業でもありますが、
そんなことでもそれなりに地道に、自分なりに大切にこなしていると、
日常の中で見えてくるものがあります。
全ての物事の、嘘偽りのない、本当の姿、物事の本質、
そのようなものが、直観と共に見えてくる、
という実感を持てるようになってきたように思います。
道端で花を咲かせている、名もない路傍の花を観て、ふと感じ入ることがあるように、
額に汗して、心に汗してひたむきに頑張っている無名の人から
さりげない勇気と共感をいただくこともあります。
人が見ていないところで頑張っている人の気持ちが少しずつわかるようになります。
今年は、多忙ではありましたが、夫婦ともども健康でそれなりに落ち着いて過ごせたことに
大晦日の今日、感謝する時を持ちたいと思います。


日々の拙い単調な食日記ですが、
今年1年、このブログをご訪問くださった全ての方に、
この場を借りて、心より御礼申し上げます。


また来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。



皆様、今日も幸せな日曜日、そして大晦日をお過ごしくださいね☆☆☆
そしてどうぞ良いお年をお迎えくださいませ♬♬




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-12-31 06:29 | 外ごはん

ゆっくり過ごした休日の午後





昨日は、久しぶりになにも予定がない休日でした。

朝食は抜いて、ゆっくりランチに出かけました。


b0362781_06484887.png
クリスマスツリーは至る所で見かけます。


b0362781_06461071.png
まずはスープから

大根と豚肉のスープ

滋味深い味わいでした。
オットさま、こういうスープを家でも頂きたいそうです。
トライしてみましょう。


b0362781_06465969.png
鶏肉の燻製


こちらはとても美味しい一品でした。



b0362781_06472680.png

肉団子の甘酢炒め


どこか懐かしいお味。


b0362781_06481432.png

牛肉の黒胡椒炒め


こちらもおいしい。


b0362781_06482962.png
麻婆豆腐

四川風の麻婆豆腐ですが、辛すぎないのが嬉しい。


b0362781_06471194.png
ザーサイとともに。

ご飯をおかわりしていただきました。



ゆっくりお庭を散歩してから、デザートタイムは別の場所に移動しました。


b0362781_06485978.png

大きな日本庭園を眺めながら、
ゆっくりとコーヒータイム。
それぞれ好みのケーキもチョイスして、
日光を浴びながら、会話をして、
良い時間を過ごしました。



今年もあと1週間。
どことなく、今年一年を振り返るモードになります。
そして、来年をどう過ごしていこうかとあれこれ想う時でもあります。



b0362781_06500505.png

お庭を歩くとはらはらと紅葉の葉が落葉してきます。
静寂の中、味わい深いひと時でした。



今日はクリスマスイブですね。
今年はちょうど日曜日と重なりましたので、
我が家ものんびり過ごそうと思っています。



皆様、今日も素敵な日曜日をお過ごしくださいませ☆☆☆




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-12-24 07:06 | 外ごはん

忙しい時は出先で麺類





12月も中旬、
忘年会続きで、胃腸が疲れたな、なんて思われている方も
多いかもしれませんね。


私も昨晩は、美味しい和食とワインで幸せな夜を過ごしてきました。
同席していた方々の同意を得ていませんので、
ブログに掲載するのは差し控えますが、
とても素敵な宴でした。
いろんな方々との会話から、この世の中は広いのだなあ、と痛感します。
そして、知的好奇心が刺激されるひと時でもありました。
来年は、新しいことを始めたい、と強く思った夜でした。


夕食の写真がありませんので、
今日は日頃のランチの一コマを。


b0362781_14403133.jpg

そば所よし田の天ぷらかけそば


先日、銀座で所用の前にオットさまと初めて入ったお店です。
最初は、いつもの松富さんに寄って担々麺でも、と思っていたのですが、
すぐ近くのビルに入っているこちらのお店をオットさまが見つけて、
「なんかここ、良さそうだぞ。」と独特の勘を働かせて
入店してみたら、大当たり。


あとで調べたら、明治18年創業の老舗で、有名なお店でした。
お店は以前は別の場所にあったようなのですが、
今はコリドー街の近くのビル2階で営業されているようです。
店内は新しいのですが、老舗であることがどことなく伝わる、
独特の風情を感じました。
ちょっと隠れ家のようなお蕎麦屋さん、
女性一人でも気兼ねせず入れそうな雰囲気が気に入りました。


お蕎麦も美味しかったですよ。
寒い日でしたので、かけそばで温まってとっても良かったです。
おにぎりもサービスでつけてくださいました。
蕎麦以外のお品書きもどれも美味しそうでした。


b0362781_14404761.jpg

こちらは10月下旬くらいでしたでしょうか。
生まれて初めての味噌煮込みうどんをいただきました。
名古屋ではなく、ここ東京で!
東京駅地下に入っている玉丁さんで、いただきましたよ。


b0362781_14405914.jpg

ぐつぐつと煮こまれた味噌煮込みうどん、
美味しかったですよ~。
今年は家でも、八丁味噌をヘビロテしていただいていますから、
まったく抵抗ありませんでした。

ただ、おうどんの堅さに最初はびっくり!
オットさまは、「これ煮込みが足りないんじゃない?」と言うので、
「そんなことはないはず、きっとこういうものなのよ」と返しましたが、
そばにいた店員さんにすかさずお聞きしましたら、
名古屋ではこれが普通なんですよ、と。
もし、堅さが気になるようでしたら、次回からは普通の麺にも代えられます、
とのことでした。
私はあの堅めの麺は、結構好きです。
お出汁までしっかり飲み干して、こちらも美味しくいただきましたよ。
いつか本場名古屋でも頂いてみたいです。



b0362781_14412212.jpg
松富の担々麺


こちらはもうブログでも何度か載せている記憶がありますが、
銀座界隈で、時間がないときや、ちょっとお腹を満たしたいときに
良く入る松富さんです。
こちらの担々麺は、和風というか、とても上品な担々麺で、大好きです。
ちょっとわかりにくい裏路地にある小さなお店ですが、
お気に入りのお味です。


東京の麺類のお店のレベルは本当に高いと思います。
有名なところは行列が当たり前のところも多いですが、
忙しいとき、サクッといただける麺類のお店、
これからもすこしずつ開拓してみたいです。


ご馳走様でした!



さて、今日はこれからまた所用で出かけます。
昨日もとても寒い日でした。
温かくして、サクッと用事を済ませて、なるべく早めの帰宅を目指したいです。


皆様、今日も素敵な夕べを、
また、明日も良い一日をお過ごしくださいますように。。。




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-12-14 15:12 | 外ごはん

お好み焼き/散歩






昨晩は、銀座で大好きな方々とお寿司と美味しいお酒をいただく会でした。
夫婦でとても愉しく口福なひとときを過ごしましたが、
写真厳禁でしたので、残念ながらブログには掲載できません。




代わりに、先週末の様子をアップしてみますね。




b0362781_06441679.jpg
お好み焼き


先週末、散歩の末に、久しぶりに上野でお好み焼きを食べました。
オットさまのたっての希望でした。
因みに、我が家はもんじゃは食べません。
久しぶりのお好み焼きは、わいわいがやがやの雰囲気の中、
とても美味しかったです。


b0362781_06443737.jpg

焼くのも愉しい。。。


b0362781_06442552.jpg

焼きそばも懐かしい味でした。



b0362781_06444676.jpg

散歩の後だったので、生プレモルが美味しくて、
グビグビ。。。笑



ご馳走様でした!



先週末は、所用を済ませた後、
懐かしい界隈を散歩しました。


b0362781_06451169.jpg

山の上ホテル


私の家ではとても馴染みのあるホテルでした。
新館は残念ながら数年前に閉鎖になりました。
素敵なワインカーブがあって、両親とオットさまとも来たことがありました。
懐かしい思い出です。


b0362781_06453144.jpg

ロビーの一角


この左奥に、有名なてんぷら山の上があります。
母は時々お友達とランチで伺っていたようです。
あまりに懐かしい内部の様子に、感慨もひとしおでした。



b0362781_06454324.jpg

古いホテルですが、なんとか存続していただきたいです。



b0362781_06462161.jpg

久しぶりに本郷通りを散歩しました。
あまりに想い出の多い場所。
でも普段は滅多に来ません。


b0362781_06461028.jpg

東大赤門

銀杏の木がすっかり色づいています。


b0362781_06463654.jpg

古い出版社


ここのドイツ語の辞書を長く愛用していました。
今は語学の勉強も、電子辞書が主流でしょうか。。。



b0362781_06464967.jpg

東大正門前


夕暮れ時で、とにかく銀杏並木が美しかったです。



この後根津界隈を抜け、芸大の横から上野公園に出ました。


b0362781_06470243.jpg
国立博物館の前で、野外コンサートのリハーサル中でした。
我々の知らないグループでしたが、
若い方々が熱狂していました。愉しそうです。


b0362781_06471995.jpg

上野公園


b0362781_06473223.jpg

お花見で有名な桜並木もすっかりイルミネーション。
空気は冷たいのですが、なぜか心地よい夜でした。


b0362781_06474730.jpg

夜になっても観光客が多い上野公園。




懐かしい界隈をオットさまとゆっくり散歩をしながら
たくさん会話して、お好み焼きも堪能した、
愉しい先週末の一コマでした。




皆様、今日も素敵な日曜日をお過ごしくださいませ♪





ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-12-10 07:04 | 外ごはん

和食とワイン






休日の昨日は、夫婦でワインの試飲をして年末のワインを選んだあと、
それぞれ知人に会う約束があり、別行動をして、
夕方再び落ち合ってグラスを傾けました。


b0362781_05082604.jpg

白ワインで乾杯


b0362781_05102534.jpg

お通しは、胡麻豆腐の餡かけ


b0362781_05110796.jpg
大根とカリカリおじゃこのサラダ


b0362781_05113718.jpg

お茄子と生麩の煮浸し


b0362781_05121515.jpg

お造り5種


どれも新鮮でとても美味しかったです。


b0362781_05125757.jpg

銀だらの西京漬け


b0362781_05131871.jpg
牡蠣フライ
タルタルソース


b0362781_05134205.jpg

鶏の竜田揚げ


b0362781_05140553.jpg

はんぺんと明太子のチーズ揚げ



オットさまは〆にお雑炊までいただいて、
和食とワインを堪能した土曜日の夕べでした。



ご馳走様でした!



12月に入り、東京の繁華街はどこも大変な賑わいです。
海外からの観光客もとても多くて、場所によっては日本にいることを忘れるほど、
各国語か飛び交っていました。
思わぬ場所に大きな工事現場が出来ていたりして、
オリンピックに向けて、
これからどんどん変化していくことを改めて実感しました。
大好きな知人の方との会話と共に、
良い刺激を受けて、いろんなことを考えた休日の午後でした。
オットさまとも、ゆっくり話せて愉しいひと時でした。



皆様、今日も素敵な日曜日をお過ごしくださいますように♫




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-12-03 05:30 | 外ごはん | Comments(4)

懐かしいお蕎麦/神田まつや






先日、とても久しぶりに大好きな昔懐かしい場所を訪れました。


b0362781_06153620.jpg

神田須田町に古くからあるお蕎麦屋さん


東京にある老舗のお蕎麦屋さんの中で一番好きと言っても過言ではないところです。



b0362781_06205946.jpg

昔からよく通ったお店なのに、
最近は有名になって行列することが多くなり、
足が遠のいていました。

この日は平日の遅いお昼でしたので、
すぐに座れました。

店内に入ると、昔懐かしい調子で
いらっしゃ~い~と声が掛かります。


b0362781_06230539.jpg

このお店は相席が当たり前。

そして、昼間から飲んでいる人の割合がとても多い。(笑)
そして皆愉しそう。。。
昔から変わっていません。


あまりに想い出深い場所なので、懐かしくて不覚にも涙が出そうになりました。



b0362781_06261403.jpg
ごまそば


ここの天ぷらも大好きだけれど、
この日はこれまた大好きなごまそばにしました。


b0362781_06280038.jpg

コシのある美味しい手打ち蕎麦


やはり新蕎麦の季節は、お蕎麦が自然に食べたくなるものです。



b0362781_06291564.jpg

ごまだれのつゆ


これが、すっきりとコシのあるお蕎麦に合うんです。


b0362781_06301586.jpg

ご年配の男性客が多いのも昔から変わっていません。
何とも言えない風情のある店内のそこかしこで
昼間から徳利を傾けて、蕎麦屋のおつまみを愉しまれている光景。。。

外からは伺えない独特の風情が漂っています。

懐かしさにホッとします。



b0362781_06371912.jpg
変わらない店内


この奥で、蕎麦打ちの光景も垣間見れます。



b0362781_06391057.jpg

最後に蕎麦湯もいただいて、



ご馳走様でした!



b0362781_06395204.jpg

この界隈は、戦災で焼け残った古い家屋で営業を続ける老舗が
他にも何軒かあります。


鶏すきのぼたんさん、あんこう鍋のいせ源さん、
数年前に火事で焼失したけれど営業を再開した神田藪蕎麦さん、など。



b0362781_06423585.jpg

こちらは甘味処の竹むらさん


b0362781_06431384.jpg

こちらも若い頃、幾度となく通ったお店です。
ここの揚げ饅頭が大好きでした。
昭和初期に建てられた建物の風情も当時が偲ばれて、落ち着きます。



b0362781_06453113.jpg

新しくなった藪蕎麦さん


昔のお店は古くてやはりとても風情がありました。
こちらも休日のお昼時はずらりと行列ができています。
花番の女性の独特の通る声で響き渡る通し言葉も
風情があって大好きです。



最近の東京には、小綺麗で新しいお蕎麦屋さんも
たくさんできて、流行っているところが多くありますが、
昔ながらの老舗でいただくお蕎麦もやっぱり心が落ち着きます。



b0362781_06510775.jpg


想い出深い大好きなお店、
変わりゆく東京にあって、
いつまでも残って欲しいです。

また行きますね♪





透き通った真青な空が広がり、
東から朝日が差し込む休日の朝です。


皆様、今日も素敵な日曜日をお過ごしくださいませ♪♪




ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-11-12 06:58 | 外ごはん | Comments(14)


毎日の食卓風景を綴ります。時々外食も楽しんでいます。


by mahoroba-diary

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
夜ごはん
お昼ごはん
朝ごはん
外ごはん
お散歩
食材 調味料
パン
常備菜
スイーツ
調理道具

インテリア
つぶやき
旅の想い出

メモ帳

ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、バナーをポチッとよろしくお願いします。


家庭料理 ブログランキングへ

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

最新のコメント

> natural-la..
by mahoroba-diary at 09:35
朝から土鍋でご飯を炊かれ..
by natural-larutan at 09:22
> natural-la..
by mahoroba-diary at 12:52
本当に、若い方々の活躍は..
by natural-larutan at 11:32
> tsunorunさん..
by mahoroba-diary at 13:13
まさにこの食卓にこそso..
by tsunorun at 12:42
> kamekameri..
by mahoroba-diary at 11:00
mahorobaさん ..
by kamekamerikuriku at 10:21
> Diary-17さん..
by mahoroba-diary at 16:17
> zacho_7hen..
by mahoroba-diary at 15:58

最新のトラックバック

プッチーニの最高にロマン..
from dezire_photo &..
フィレンツェのメディチ家..
from dezire_photo &..

検索

タグ

(29)
(25)
(25)
(22)
(20)
(18)
(18)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)

最新の記事

柑橘類の恵み/ヘレンド展
at 2018-02-20 08:02
日曜日の朝食
at 2018-02-19 08:21
神田尾張屋本店
at 2018-02-18 07:36
揚げたての美味しい牡蠣フライ
at 2018-02-17 07:40
おひとりさまの夕食はワンプレート
at 2018-02-16 07:58

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
おうちごはん

画像一覧