まほろば食日記

mahorobady.exblog.jp
ブログトップ

志乃多寿司/鰆の塩焼き/枝豆/モロヘイヤのたたき/イクラと大根おろし/祖母の思い出





8月らしい暑さの昨日、
夫婦でたっぷりめの朝食をいただいたのでお昼は抜き、
夜も簡単なものを並べました。


b0362781_08293584.jpg

人形町志乃多寿司総本店の志乃多詰め合わせ


最近、近所のスーパーで並んでいるので、買ってみました。
久しぶりに、お稲荷さん、かんぴょう巻き、かっぱ巻きを食べ、
美味しくて唸る。そして祖母の料理を想い出した。


b0362781_08332138.jpg
静岡の枝豆


昨年よくつくった、フライパンで蒸し煮をする。
茹でるよりもオルニチンの含有量が多く残るそうだ。
調理法ひとつで、いつもの枝豆もまったく違う触感、味となる。

休日出勤後のオットさまも、うまい、うまいと唸る。


b0362781_08350656.jpg
鰆の塩焼き

一切れの切り身を二つにカットして、塩を振り焼く。
しまった、すだちを買い忘れた、と思いましたが、これだけでも十分美味しかった。


b0362781_08365312.jpg
モロヘイヤ

夏のモロヘイヤは青々として見るからに栄養がありそう。
茹でて、叩いて、冷蔵庫でよく冷やしました。
食べる直前に高知の新ショウガをおろしてのせる。
ポン酢、出汁醤油などお好み調味料をかけて。
かけなくても十分美味しい。


b0362781_08383695.jpg
加島屋のいくら醤油漬け
大根おろし


日本酒が欲しくなります。



ご馳走様でした。





3世代同居で暮らしていた少女時代、
普段は母が食事を作っていましたが、
母が不在時、あるいは風邪で寝込んだりすると、
祖母が料理をしてくれました。
祖母の作る料理は、魚の煮つけ、野菜の煮物など昔風のものも多かったのですが、
時々、ホワイトシチューやピラフなどハイカラな洋食も作ってくれました。
お盆の頃に作るおはぎや、稲荷寿司などは、母には悪いけれど
祖母のものが絶品でした。
そして、夏休みになると、両手でかかえるような大きなボールに、
手作りのカスタードクリームでつくったフルーツサラダ、
もち米でつくったフルーツサラダ、
プリン、ゼリーなどなど、手作りのお菓子が冷蔵庫にいつも入っていて、
遊んで帰ってくると、いつもお腹いっぱいそれらを食していました。
昨日は、普段開けないクローゼットの引き出しから、
20代の頃、祖母が手縫いしてくれた浴衣が2枚出てきました。
久しぶりの稲荷ずしを食べたら、子供の頃の思い出が走馬灯のように蘇り、
目頭が熱くなりました。
オットさまは祖父母と同居したことがないので、そこまでの想い出はないようです。
3世代同居っていろいろ大変な面もありますが、
今となっては本当に心の糧となる、良き時代の想い出です。




また新しい週が始まりましたね。
すでに夏休みモードが漂っています。
今日も暑くなりそうです。
熱中症や夏風邪にはくれぐれも気を付けて、
皆様もどうぞ素敵な夏の時間をお過ごしくださいませ☆☆☆




いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓

人気ブログランキング

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-08-07 08:57 | 夜ごはん