アボガドスープ 帆立風味/豚ステーキ/とうもろこしと枝豆の中華風/トマトとイカのマリネ






すっきりしないお天気が続く東京ですが、
気温は低めなので体は楽です。

街には、こんがり小麦色に日焼けしてのんびり歩く老若男女が増えています。
都会の高層ビル群に夜の灯りが付き始める頃、
訳もなく高揚した気分で帰途につきました。

帰り際、数日ぶりに食材を仕入れて帰宅、
いつもよりだいぶ遅めに夕食の準備を始めました。


b0362781_08245808.jpg


食べたいなあ、と思ったものだけ作って並べた夕食です。

昨日は休肝日でした。

オットさまは仕事で夜10時を過ぎての帰宅となりました。



b0362781_08293703.jpg


メインは、あぐー豚のステーキ 
付け合わせは、枝豆ととうもろこしの中華風
ブロッコリー


あぐー豚はひとり90グラムくらいの小ぶりのロース肉、
我が家恒例の寒こうじに漬けて、タークで両面を焼きました。
お肉を焼く前は、常温に近づけ、寒こうじは、指で拭って取り除き、洗ったりはしません。
米油少々を馴染ませ、あまり高温にしないタークの上で、
焦がさないようにじっくり火を入れます。

いつも同様、おいしさのあまり、悶絶しながらいただきました。
あぐー豚の脂は甘いです。普段は脂身を食べない私ですが、
昨日は殊更においしく感じられました。


枝豆、とうもろこしはそれぞれ塩茹でし、身をはずしておきます。
中華鍋に、にんにくと生姜のみじん切りを弱火で炒め、香りを出し、
豆板醤少々も加え、じっくりと香りを引き出します。
そこに、枝豆ととうもろこしの身を加え、鶏がらスープを加え、少し煮たら、
水溶き片栗粉でまとめます。
枝豆ととうもろこしは相性が良く、とてもおいしい組み合わせだと思います。



b0362781_08422264.jpg

アボガドのスープ 帆立風味


こちらも我が家の定番スープですが、久しぶりに作りました。
三田の華都飯店(現在は六本木1丁目)で食べて以来、
オーナーの麻家のレシピで作っていましたが、
昨日は自分流にアレンジしてみました。
レシピではカニを使いますが、昨日はお刺身用の帆立を使いました。
アボガド1個、鶏がらスープカップ2を容器に入れて、バーミックスにかけます。
小鍋に移して、火にかけ、刺身用のホタテを入れて火を通します。
火が通ったら再びバーミックスにかけ滑らかに仕上げます。
紹興酒も塩も入れずシンプルに仕上げましたが、とても美味しくできました。
仕上げに、生クリーム、カンボジアの黒胡椒を挽いて。
質の良いアボガドとスープが決めてです。
おいしい紹興酒、あるいはブランデーなどがあれば、尚良いですが、
昨日はあえて加えず。



b0362781_08503748.jpg

トマトとイカのマリネ


自家製の玉ねぎドレッシングが余っていましたので、
そこに茹でたイカ、トマトを入れてマリネにしました。
酢の物はこの季節欠かせませんね。
さっぱりと生き返ります。



b0362781_08515266.jpg

炊き立てご飯
加島屋の帆立貝柱うま煮ほぐし


普段、夜にご飯はいただかないのですが、
昨日はオットさまのために炊いたご飯の香りにつられて
軽く1膳食べてしまいました。
言葉は不要、美味しいの一言。感謝!



ご馳走様でした。




今年6月末に練り物で有名な佃權さんが閉店していたことを知り、驚きました。
そんな昨日、築地場外市場で火事があったと報道で知り、なんとも言われぬ気持になりました。


一時は月に何度も通った築地市場、最近は足が遠のいていました。
行けば必ずといっていいほど、佃權さんの名物「千代田」を買って帰りました。
いつもは場外を廻りますが、一度だけ、お料理教室の先生にお誘いいただいて
場内市場に足を踏み入れたことがあります。
そこでの光景と雰囲気は凄まじいものでした。
売る方も買う方も真剣勝負の、正真正銘の玄人の場。
特に鮮魚の卸問屋さんが並ぶあたりは凄かったです。
佃權さんのブースもあり、購入しようとすると、
場外の愛想のよいおばさんたちとは打って変わって、
するどい目つきのお姐さんに
「ここは、あんたたちみたいな人が買うとこじゃないんだよっ」と
一喝されました。
今では海外観光客が、入っていくことも多いようですが、
場内は、素人の行くとこじゃない、と腹をくくり、それ以来足を踏み入れていません。
大学生の頃、魚河岸横丁で早朝にお寿司を食べに行ったのが、
わたしの初めての築地体験でした。
あの頃はいまのように大行列もなく、河岸で働く人たちが普通に、
仕事終わりにお寿司を少量つまんでいく、そんな雰囲気の場所でした。


昨日、残業で夜遅く帰宅したオットさまに、
佃權閉店の話をすると、「エーっ」と大声を出して驚き、
続けてぼそっと「寂しいね。また昭和が減っていく。。。」とつぶやきました。
ほんとうにそうだね、としみじみ思った夕べでした。


かつて日本橋にあった魚河岸が築地に移った際も、
当時の人は、なんだか寂しいねえ、と呟いていたのかもしれないですね。
どんどん、どんどん変化する東京、
新しい街並みに変わってゆく姿を眺めながらも、
やっぱりどこか胸の奥がチクリと痛むのでした。




もう金曜日ですね!
お仕事の方も、もう夏休みの方も、
皆様、今日も素敵な一日をお過ごしくださいませ♫






ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓


[PR]
by mahoroba-diary | 2017-08-04 09:25 | 夜ごはん


毎日の食卓風景を綴ります。時々外食も楽しんでいます。


by mahoroba-diary

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
夜ごはん
お昼ごはん
朝ごはん
外ごはん
お散歩
食材 調味料
パン
常備菜
スイーツ
調理道具

インテリア
つぶやき
旅の想い出

メモ帳

ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、バナーをポチッとよろしくお願いします。


家庭料理 ブログランキングへ

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

> etigoya13-..
by mahoroba-diary at 06:42
ポテトサラダ、私もドイツ..
by etigoya13-3 at 23:00
mahoroba様 再..
by bondgirl333 at 15:24
> kiiropiipi..
by mahoroba-diary at 14:22
こんにちわ㈺..
by kiiropiipii at 14:15
> bondgirl33..
by mahoroba-diary at 13:45
mahoroba様 こ..
by bondgirl333 at 13:25
> kobackenさん..
by mahoroba-diary at 12:46
人と人を結ぶって、やろう..
by kobacken at 12:38
> nonu3さん K..
by mahoroba-diary at 12:04

最新のトラックバック

プッチーニの最高にロマン..
from dezire_photo &..
フィレンツェのメディチ家..
from dezire_photo &..

検索

タグ

(22)
(22)
(22)
(21)
(18)
(17)
(16)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)

最新の記事

夫婦ふたりでの夕食
at 2017-12-15 21:15
肉豆腐/イカの煎り酒風味 大..
at 2017-12-15 00:09
忙しい時は出先で麺類
at 2017-12-14 15:12
土鍋で獅子頭
at 2017-12-13 15:47
おひとりさまの晩酌/お気に入..
at 2017-12-12 21:19

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
おうちごはん

画像一覧