まほろば食日記

mahorobady.exblog.jp
ブログトップ

レタスサラダとオイスターソース/旅の想い出(モンサント@ポルトガル)



昨晩は、節制も兼ねて、サラダのみの夕食にしました。

b0362781_08201842.jpg
レタスサラダ

たっぷりのレタスは洗って一口大にカットして
冷蔵庫でしっかりと冷やしています。
プチトマト、スモークサーモン、蒸しホタテ、アボガドを上に散らし、
最後に海苔をたっぷりのせて、オイスターソース、ビネガー少々を垂らし
サーバーでよく和えます。
見た目はよくありませんが、海苔とレタスとオイスターソースが
ぴったりとよく合うサラダです。
独身時代、ダイエットと称してよく食べていた組み合わせです。
オイスターソースは、倉敷味工房さんのものを使っています。



毎年6月は心身ともに少しトーンダウンするわたしです。
子供の頃から梅雨の時期が苦手でした。
今朝も、朝からザ 梅雨のお天気。
薄暗いので部屋の灯りをつけ、
元気の出ないときの定番のバロック音楽をかけて
日曜日の朝をコーヒーとともに過ごしています。



すこしずつUSBに移して整理している過去の写真たち。
今日はその中から、今朝の気分に合ったものを選んでみました。


b0362781_08285511.jpg
ポルトガル中部にあるモンサント村
巨石とともにある小さな、ちょっと不思議な、だけれど愛らしい村です。
ポルトガルをよく知る友人と親戚の、ぜひに、
というお勧めで車を走らせ、行ってみた場所でした。


b0362781_08312697.jpg
ちょうど夕暮れ時、村のてっぺんまで登り、夕日を眺めることにしました。

b0362781_08323344.jpg

巨岩、巨石と住居が混在している不思議な光景でした。


b0362781_08333650.jpg
大きな岩の上にオットさまと二人で座り、
かなたに沈む太陽をずーっと眺めていました。


b0362781_08345944.jpg
言葉は必要ありませんでした。
ただただ素晴らしい時間と壮大な眺めでした。

b0362781_08371752.jpg
巨石の村、モンサント
いつまでも心に残る想い出深い場所です。




どなたさまにとっても、よい日曜日でありますように♫




ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓

人気ブログランキング

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-06-25 08:42 | 夜ごはん | Comments(8)
Commented by mary_snowflake at 2017-06-25 08:58
mahorobaさん、おはようございます。
ポルトガル、旅してみたい地のひとつです。
素晴らしい風景の写真ですね。
これを直に眺められたことは 心の栄養となられたことでしょう。
Commented by kobacken at 2017-06-25 09:04
ポルトガルに行った方は、口を揃えて、絶対に行った方が良いと言います。
ほんと、素敵な写真ばかり。
そういう景色の中にいると、もう言葉は不要ですね。
言葉は忘れてしまっても、一緒に見たもの、感じたことって、細胞に記憶される気がします。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-06-25 09:13
おはようございます
ポルトガルには、過去2回行きましたが、モンサントは未だに行くことができない村。
リスボンと、ポルトをベースに、そこから日帰りできる世界遺産は殆どを廻りましたが、
モンサントはリスボンからバスで4時間半。しかも途中でバスを乗り換えねばならず
行くなら1泊は必須条件。なので行きたいのに行けない村として残ってます。
町も可愛らしいし、夕暮れも綺麗ですね。
陽が沈む瞬間の写真が素敵です。やはり、行ってみたくなりました(^。^)
Commented by mahoroba-diary at 2017-06-25 09:33
> mary_snowflakeさん
サファイアさん、おはようございます。
ポルトガルはどこか懐かしい気持ちになる国でした。
どの街も個性豊かで、お食事も日本人には食べやすいものが多くて
人々も気負いがなくて、親しみを持ちました。
モンサントでの日没の光景は、まるで交響曲がバックに流れているような壮大さでした。
きっと日の出も美しいでしょうね。。。ありがとうございます♫
Commented by mahoroba-diary at 2017-06-25 09:38
> kobackenさん
H子さん、ポルトガルは日本人の琴線に触れる国だと思いましたよ。
どの街も個性豊かで、かつては栄華を誇った国なのに、人々はどこかのんびり、一見やる気がないように見えるけれど、肩ひじ張ったってしょうがない~~って言われているような気持になりました。(笑)イタリアやフランスとは気質的にまったく違って興味深かったです。
モンサントはほんとうによいところでした。秘境のような場所なのかもしれません。周囲になにもないので、人間と岩が共存している営みに触れて、なにか原始的なものも呼び覚まされるような気がしました。そうですね、、一緒に見たもの、感じたもの、細胞に刻まれている気がしますよね。なにかを共有、共感することって大切ですね(^^♪
Commented by Blue-salvia at 2017-06-25 09:42
mahorobaさん、おはようございます〜♪
ポルトガルのモンサント村は簡単には行けない所なんですね。素晴らしい夕日ですね。こちらの景色や町並みも日本に居たら見る事が出来ないです。ご紹介ありがとうございました。随分前に申し込んだ旅行が、やっと催行決定になりました。もちろん私達は添乗員付きの旅行ですけどね。少し心が踊っています。(^-^)
Commented by mahoroba-diary at 2017-06-25 09:46
> tabi-to-ryokouさん
旅プラスさん、おはようございます。
ポルトガルに2度も行かれたのですね!わたしは南部をあまり見れなかったので、もし次に行く機会があれば、南部を廻ってみたいです。さすが~~旅プラスさん、世界遺産たくさんご覧になったのですね(^^♪ポルトガルは世界遺産の宝庫ですものね。
モンサントにはポサーダが1軒あって、そこに宿泊したと記憶しています。リスボンでの宿だけ前もって決めて、あとは現地でその都度電話で予約しての旅でした。リスボンからエヴォラへ行き、アレンテージョ地方を見て廻ってから、モンサントへ向かったと記憶しています。友人、親戚にポルトガルに詳しい人がいて、絶対に行った方がいい、と強く勧められて向かいましたが、ほんとうに良いところでした。旅プラスさんが行かれたら、素晴らしいお写真がたくさんがたくさん生まれると確信します!ぜひぜひ、ホントにお勧めです。
Commented by mahoroba-diary at 2017-06-25 09:55
> Blue-salviaさん
サルヴィアさん、おはようございます♫
もう随分前の旅の記録なのですが、ポルトガルは今でもとても心に残っている国の一つです。
モンサントは周囲に何もないところなので、ある種秘境のような村なのかもしれません。
かなり車を走らせて行った記憶がありますよ。モンサントの小さなお宿に1泊しましたが、そこで出てきた揚げた小鯵のマリネ、忘れられません。南蛮漬けってこういうのが南蛮貿易で日本に伝わったんだわ、と思い親しみを覚えました。
わ~~サルヴィアさん、ご旅行催行決定、良かったですね!!ご主人様と愉しいご旅行を!
準備にも心が躍りますね~~旅ってやっぱり人生を彩ってくれますもの。今から楽しみですね!!