まほろば日記

mahorobady.exblog.jp
ブログトップ

憩いの広場/丸の内ブリックスクエア



東京国際フォーラムから5分ほど丸の内方面へ歩を進めます。
多くの大企業の本社が立ち並ぶ丸の内の高層ビル街の一角に
煉瓦の建物が見えます。

b0362781_08020276.jpg
三菱1号館
1894年(明治27年)ジョサイアコンドルが建築した建物は
戦後解体されましたが、
2009年に三菱地所が復元した、とのことです。
日本で最初のオフィス建築だったようです。
当時のこの辺りはイギリス風の街並みだったのでしょう。

b0362781_08094986.jpg

屋根の上をよく見ると、
白い煙突が復元されています。

b0362781_08104396.jpg
建物の脇の植栽もとても綺麗です。
復元された建物とはいえ、風情があり異国情緒が漂います。

b0362781_08120944.jpg
三菱1号館の奥には広場があり、大好きな場所なので
散歩途中よく立ち寄る場所です。

芝生は綺麗に管理され、いつも彫刻作品が置かれています。
植物の管理もとてもよく行き届いています。

b0362781_08143354.jpg
奥の煉瓦の建物と緑がよく映えて美しい空間。
建物のそばにはベンチがあり、いつも多くの人が座って
のんびり過ごされています。

b0362781_08161355.jpg
来るたびに違う彫刻が置かれている気がします。
奥に見えるのが、三菱第一号美術館の入り口です。
緑とアートと広場が繋がっている、素敵な空間です。

b0362781_08180015.jpg
ここはこの日唯一空いていたベンチ
そこかしこのベンチに人々が座って緑や空間をしばし
愉しんでいるように感じます。

b0362781_08201557.jpg
奥の木には鳥の巣箱が設置されています。

b0362781_08212403.jpg
植栽の中に現在開催中の展覧会のポスター
こちらは、先日わたしも鑑賞しました。
大きな円柱に植栽が施されて、いつも管理も行き届き
緑が生き生きしています。

b0362781_08233543.jpg
広場を囲むビルの1階には、オープンテラスのピザ屋さん、
ビストロ、ロブションのカフェ、などがあり、
飲食することもできます。
2階にも飲食店がたくさん入っているので、窓際なら広場が見渡せて
心地よいでしょうね。
この奥には、エシレやカカオサンパカ、またジョーマロンのショップなども
あり、左奥には花屋さんもあります。

b0362781_08264485.jpg
広場の小道の奥にはアンティークショップ
左側にはロブションのカフェ
まっすぐいくと別の出口に出て、そのまま丸の内仲通りへと繋がります。
最近は仲通りがとても美しく整備され、よく歩いています。
路面店も多いのでウィンドーショッピングも愉しい場所です。
私のブログでもよく登場するエリアです。

b0362781_08314556.jpg
美術館にはカフェが併設されています。
内部はレトロな空間が広がり、いつも賑わっています。
いつ行っても待ち時間が発生するのがすこし残念。
でも仕方ないですね。最近は美術館に併設されているカフェは
だいたいどこも大賑わいです。


b0362781_08331701.jpg
先日、オットさまとぶらりと立ち寄った際、
気候も良かったので、テラス席に座りました。
夜も街灯が灯され、良い雰囲気です。
忙しく過ごした後だったので、二人でほっと一息の時間でした。



煉瓦の建物は、東京駅の駅舎とも繋がりが感じられ、
昔の風情があって落ち着きます。
気忙しい都会の片隅の広場、最近はいろんなところにコージーな場所が出来ていて
散歩途中に発見するのもちょっとした愉しみになります。




ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ランキングに参加しております。
もし宜しければ、ポチリをいただけると励みになります。
↓↓↓

人気ブログランキング

[PR]
by mahoroba-diary | 2017-05-13 08:49 | お散歩 | Comments(4)
Commented by kobacken at 2017-05-14 14:40
昔の建物って、単なる建物じゃなくて、デザイン性の中にしっかり職人技を感じる、いい仕事してるなぁって思います。
最近の銀座もそうだけど、ヨーロッパのように昔からのものをきちんと残していこうという努力が欲しいのです。

散歩の途中のワイン、いいですねぇ〜〜〜〜。グラスをしばらくガン見。

ネオ屋台村にも行かれるんですか。
フォーラムの屋台村は、以前たま〜に利用していましたが、お店も変わってきているようです。
そうそう、私の会社の近くにも屋台村が来るんですが、鶏飯店、それ美味しかったですよ。

SHAKE SHACKは有楽町にもあったんですか!!
恵比寿は相変わらず行列だし、そんなに美味しいのか?非常に気になりますね。
ぜひ、オットさまとのレポを〜。
Commented by mahoroba-diary at 2017-05-14 15:14
> kobackenさん
H子さん、風邪しっかり治りましたか?くれぐれもご自愛くださいね♪
ネオ屋台村は、偶然出会ったんです。わたし普段はお昼に外食しないので詳しくないのですが、なんだか、人々が幸せそうで眺めながらパチリしてしまいました。日によって屋台は違うみたいですね。最近、移動車屋台ってよく見ますよね~。H子さんの会社からだとちょっと距離あるかな?でもさすが~やっぱり利用されたことあるのですね!
シェイクシャックは東京方面へ向かう山手線、京浜東北線の一番前の車両で有楽町に降りた瞬間、目に飛び込んできます。寄るたびに長蛇の列でせっかち夫婦は即退散してます。
H子さん、ヨーロッパのように~のくだり、激しく同意ですっ!まさしく仰る通りと思っています。銀座ファンの方には申し訳ないけど、最近の銀座は感心できません。GSIXを機にお店を移転した方も知っていますし、なんだかどこのお店も某国語しゃべれます店員の数が多く
日本人を大事にしていないところも目立ちます。昔からのお店は危機感をもっていらっしゃるのではないでしょうか。日本に帰国して10年銀座は近いので通ってきましたが、最近はどんどん足が遠のいています。でもおいしいお店は健在のところも多いから別ですけどね。(^_-)-☆
H子さんは勤務地ゆえに毎日いろんな光景目にされているでしょうね。ハード、ソフト両面で昔ながらのものを妥協しないで頑固に守り抜く、そういうことって実は日本全体に欠けていることかもしれないって思います。←話広げすぎ、承知の助で書いちゃった!笑
Commented by kobacken at 2017-05-14 22:24
も〜、激しく同意!!
ここ数年の銀座のデパートでは、C国の勢いというか、そっちの客層狙いが見え見えで、銀座のプライドないんか?と、ご立腹のH子です。
時々、店員にC国語で話かけられますから。苦笑。
あとね、松屋でプラウスを手に取って見ていたら、隣からCのおばさんにぶんどられて、それを見ていた店員も無視、というかむしろ、それを試着させてましたからね。もはや人間性を疑いますよ。
あとね、最近はドラッグストアもCの爆買いが激しく、店員もそっちの人なの。
この間、色のつく薬用リップが欲しくって店員に聞いたら、イマイチ通じなくて自力で探しました。
という、まぁ、ちょっとしたクレーマーっぽくなってしまったけど、そういう現状。

銀座線とか都営バスとか、昔の復刻版を見ると、ああ、やっぱり昔の日本人はいいもの作ってたなって思うのです。

ああ、ちょっとしゃべり過ぎましたね。
おやすみなさい。
Commented by mahoroba-diary at 2017-05-15 08:37
> kobackenさん
H子さん、うーむ、それはあまりにひどい対応ですね。アンビリバボーですね。ほんとうに。
わたしも類する経験たくさんあります。先日もあるお店で吟味していたら、日本語がたどたどしい店員さんにいろいろ勧められましたが、プッシュプッシュ攻撃で買え買え~みたいなモードで製品はとても良いのだけれど、ここでは絶対かわないって思ってしまいました(笑)
かつての品格ある銀座はどこに行ってしまったのか?思えばすでに銀巴里などがなくなった頃から変わり始めたのかもしれないし、最近ではファストファッションのお店、LAOXなどが出来てから急激に雰囲気が変わってしまいましたよね。まあ、バブル時代に日本人もパリやミラノやウィーンで爆買いして顰蹙を買っていましたものね。この状況も長く続くかはわからないけれど、今はもう観光地になってしまった感があります。いままで培ったその地域ならではの特色や風情や目には見えない様々なものも、建築物と一緒にどんどん変わっていくのかしら?
去年だったかな?ある銀座界隈のレストランに入店して食事していたら、観光客がばーっと入ってきましたが、有無を言わさず店長が「ノースシ、ノー鮨!」とわけわからないですけど、半ば追い返しているのを見ました。(笑)そこは中国料理のお店だったのですけどね。お客さんは日本人ばかりでしたので、そうやってなんとか保っているのだな、と感じました。逆に積極的に入れているお店も多々ありますものね。昔の銀座の雰囲気が懐かしいです。